ピアノソナタ第14番 (シューベルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ピアノソナタ第14番 イ短調 作品143 D 784 は、フランツ・シューベルト1823年に作曲したピアノソナタ

概要[編集]

初版はシューベルトの生前には出版されず、シューベルトの死後から11年が経った1839年ディアベリ社から出されている。

前作の第13番イ長調 D 664と同様に3楽章構成で、同主調である。ソナタ組曲の調性の選定はモーツァルトピアノソナタ第8(9)番イ短調 K. 310(300d)に倣っている。

完成作品であるが、調性が不安定で短調ゆえに陰鬱。作曲者中期ピアノソナタの中では第13番イ長調 D 664、第15番ハ長調 D 840「レリーク」第16番イ短調 D 845に比べて演奏機会は少ない。

曲の構成[編集]

外部リンク[編集]