ピアノソナタ第19番 (シューベルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベートーヴェンの「創作主題による32の変奏曲」主題(上段)と、シューベルトの第19番ソナタ第1楽章冒頭(下段)。右手の半音階で上昇する動機が一致する

ピアノソナタ第19番 ハ短調 D 958 は、フランツ・シューベルトが作曲したピアノソナタ

概要[編集]

作曲者最晩年のピアノソナタ3部作のひとつであり、第19番、第20番第21番は1828年9月に制作された。いずれもベートーヴェンを意識しながら、和声進行に作曲者固有の豊かさを持っているが、この先がないと言う危機感をも感じさせる大作群。

シューベルトは3部作のソナタをヨハン・ネポムク・フンメルに献呈するつもりだったが、1837年にフンメルが亡くなったために1839年にこれらを出版したアントン・ディアベリは献呈先をロベルト・シューマンに変更した。

曲の構成[編集]

4楽章構成。

外部リンク[編集]