パット・マガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パット・マガー(Patricia McGerr、1917年12月26日 - 1985年5月11日)はアメリカ合衆国の小説家。被害者を推理させる等、伝統的な推理小説における犯人探し(フーダニット/Whodunit)の枠にとどまらないユニークな形式(変格推理)の作品で有名。その他には、セレナ(シリーナ)・ミードをシリーズキャラクターとしたスパイものも発表している。

経歴[編集]

アメリカ合衆国ネブラスカ州フォールズシティ生まれ。

ネブラスカ大学リンカーン校芸術学部を卒業したのち、1937年にコロンビア大学でジャーナリズム学修士を取得する。その後、アメリカ道路施設協会広報部で勤務する傍らミュージカルの台本の執筆等を行っていたところ、懸賞小説の募集広告に興味をひかれたのをきっかけに推理小説を書き始める。

「ベルリンでセレナは―」で、アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞を受賞。

メリーランド州ベセスダで死去。

主な作品[編集]

変格推理もの長編[編集]

  • 1946年 被害者を捜せ![1] Pick Your Victim (被害者探し)
  • 1947年 怖るべき娘達(七人のおば) The Seven Deadly Sisters (被害者と犯人探し)
  • 1948年 探偵を捜せ![2] Catch Me If You Can (探偵探し)
  • 1949年 目撃者を捜せ! Save the Witness (目撃者探し)
  • 1950年 四人の女 ...Follow, As the Night... (Your Loving Victim) (被害者探し)
  • 1951年 百万の部屋の死 Death in a Million Living Room (殺害場所と犯人探し)
  • 1954年 致命的な流儀 Fatal in My Fashion (著者〔語り手の正体〕探し)
  • 1967年 割りに合わぬ殺人 Murder Is Absurd (動機と犯人探し)

ノーマル本格もの長編[編集]

  • 1968年 私の中の他人  Stranger with My Face [3]
  • 1969年 死ぬほどの馬鹿  For Richer, For Poorer, Till Death

女スパイ・シリーナ(セレナ)もの長編[編集]

女スパイ・シリーナ(セレナ)もの短編集[編集]

  • 1970年 危険の遺産 Legacy of Danger
    • 1951年 シリーナ、ホワイトハウスを盗む Selena Robs the White House
    • 1968年 ベルリンでセレナは Match Point in Berlin

キャプテン・ローガンもの短編[編集]

  • 1971年 ふるいつきたい美人 This One a Beauty
  • 1972年 最後の小切手 The Last Check

ミステリ短編[編集]

  • 1962年 死のツイスト Murder to the Twist
  • 1963年 高い買物 Justice Has a High Pricer
  • 1963年 ワシントンD.C.殺人事件 The Washington D.C. Murder
  • 1973年 殺人者の選択 A Choice of Murders [4]

非ミステリ(普通小説)[編集]

  • 1974年 闇の娘 Daughter of Darkness
  • 1975年 危険な着地 Dangerous Landing

その他[編集]

  • 1962年 八頭の乳牛 Johnny Lingo's Eight Cow Wife - 2003年に映画化された。タイトルは聖書にちなむ。

脚注[編集]

  1. ^ 出版社により、感嘆符「!」の有無と「さがす」の漢字に違いがある。
  2. ^ 中学一年コース(付録) 中学生傑作文庫'62.10(抄訳)の邦題は「のろわれた山荘」
  3. ^ ロイス・ダンカンの同名作品とは無関係。
  4. ^ 「魔術師の選択」(観客がどのカードを選んでも、マジシャン指定のカードになるという奇術用語)のもじり。(HMM'74.4)