中野圭二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中野 圭二(なかの けいじ、1931年3月6日 -2012年9月24日[1])は、アメリカ文学者、翻訳家、慶應義塾大学名誉教授。

山口県生まれ。慶大卒、同大学院修士課程修了、慶應義塾志木高等学校教諭、慶大理工学部教授を務め、1996年定年退任、名誉教授、中京大学教授。サスペンス小説のほか、トム・ウルフジョン・アーヴィングなどを訳した。

翻訳[編集]

  • ルシアン・ネイハム『シャドー81』新潮文庫 1977 のちハヤカワ文庫
  • ウォレン・アドラー『シベリア横断急行』角川書店 1978
  • メアリ・H.クラーク『誰かが見ている』新潮文庫 1979
  • ノエル・ハインド『サンドラー迷路』文藝春秋 1980 のち文庫
  • フランク・マクドナルド『ユダヤ・コレクション』新潮文庫 1980
  • コリン・フォーブズ『黄金猿の年』創元推理文庫 1981
  • トム・ウルフ『ザ・ライト・スタッフ』加藤弘和共訳 中央公論社 1981 のち文庫
  • アーウィン・ショー『真夜中の滑降』早川書房 1981 のち文庫
  • ヘンリー・デンカー『女医スコーフィールドの診断』文藝春秋 1981
  • マーティン・クルーズ・スミス『ゴーリキー・パーク』早川書房 1982 のち文庫
  • ビリー・ジーン・キング、フランク・デフォード『センターコートの女王』新潮文庫 1983
  • ツォルト・ハルサニ、リチャード・ハットン『あなたはどんな病気にかかりやすいか 遺伝子でわかる体質』中央公論社 1983
  • パット・マガー『被害者を捜せ!』創元推理文庫 1984
  • ジョー・ゴアズ『目撃者失踪 DKA探偵事務所ファイル3』角川文庫 1984
  • ヘンリー・デンカー『復讐法廷』文春文庫 1984 のちハヤカワ・ミステリ文庫 
  • ブライアン・フリーマントル『黄金をつくる男』新潮文庫 1985
  • マーティン・クルーズ・スミス『琥珀色のジプシー』早川文庫 1985
  • マーガレット・トレイシー『切り裂き魔の森』角川文庫 1986
  • ナイジェル・ルイス『ペイパーチェイス』白水社 1986
  • ジョン・アーヴィング『ホテル・ニューハンプシャー』新潮社 1986 のち文庫
  • ポール・セロー『モスキート・コースト』村松潔共訳 文藝春秋 1987
  • ロバート・モス『モスクワを制する者は』文春文庫 1987
  • ルイス・ラムーア『シベリアの孤狼』二見文庫 1987
  • W.T.タイラー『あるスパイの挫折』新潮文庫 1989
  • マイクル・クライトン『スフィア 球体』早川書房 1989 のち文庫
  • ティム・オブライエン『僕が戦場で死んだら』白水社 1990 のちUブックス
  • ブレット・ウッズ『サッチャー暗殺』集英社 1990
  • トム・ウルフ『虚栄の篝火』文藝春秋 1991
  • マーティン・クルーズ・スミス『ポーラー・スター』 新潮文庫 1992
  • ルイス・ラムーア『魔界伝説』山本瑠美子共訳 二見文庫 1994
  • ジョン・アーヴィング『オウエンのために祈りを』新潮社 1999 のち文庫
  • ジェラルド・クラーク『カポーティ』文藝春秋 1999

[編集]

  1. ^ 『文藝家協会ニュース』2012年10月