ハゴロモモ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハゴロモモ科
BraseniaAlt.jpg
ジュンサイBrasenia schreberi
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: スイレン目 Nymphaeales
: ハゴロモモ科 Cabombaceae

ハゴロモモ科(羽衣藻、Cabombaceae, 別名ジュンサイ科ともいう)はスイレン科に近縁な科で、多年生の水草2属7種(ハゴロモモ属6種とジュンサイ属1種)からなる。ヨーロッパを除き世界の熱帯温帯に広く分布する。

ハゴロモモ属は沈水性で、は房状の水中葉となり(別名フサジュンサイともいう)、水上にをつける。ジュンサイは花と葉が水面に浮き、葉はスイレンに似る。

日本にはジュンサイが自生し、古くから食用にされる。ハゴロモモは鑑賞(水槽)用に栽培され逸出、野生化している。

関連項目[編集]