ニュー・アカデミズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニュー・アカデミズムとは、1980年代の初頭に日本で起こった、人文科学社会科学の領域における流行、潮流のこと。ニューアカと略される場合もある。

概要[編集]

ニュー・アカデミズムとは1980年代中頃に浅田彰中沢新一の著作がベストセラーとなり、既存のアカデミズムの枠におさまらない新しい形の知のブームが生じたことを、マスメディアが社会現象として捉えて名付けた造語[1]であり、厳密な定義のない用語である。

既存のアカデミズムの学問領域の区分けを横断する学際的な思想である点[2][3]、旧来的な学問の論述方法・作法から逸脱した自由な表現方法をとる場合がある点[4]に特徴がある。したがって学会や学術誌よりも、ジャーナリズムを主要な活動の舞台とした。ただし論者のほぼ全ては大学に籍を置いていた[5]

記号論構造主義ポスト構造主義ポスト・モダニズムといった西欧の新しい学問の潮流の日本への輸入と並行して生じた潮流である。

沿革[編集]

近代主義への懐疑とマルクス主義の退潮

1960年代までの既存のアカデミズムの議論の主流は、政治学における丸山真男経済史における大塚久雄、 法社会学川島武宜に代表される西欧の近代市民社会の諸原理を社会に確立しようとする近代主義であった[6]。また、社会にマルクス主義が受け入れられており、それを実践の側面から補完するサルトル実存主義[7]が流行の思想であった。

1960年代後半に全共闘の学生の支持を受けた在野の文芸批評家吉本隆明が丸山真男のアカデミズムの権威性と近代主義を批判して主著『共同幻想論』を発表する[8]。同じころ、新左翼に影響を与えた哲学者の廣松渉はマルクス解釈の内部から関係論的な共同主観性の議論を導き出す[9]

1968年のパリ五月革命以降の全世界的な潮流として新左翼の公式的なマルクス主義からの離反が生じ、さらに新左翼の過激化により新左翼自体も大衆的な支持をうしなう[10] 1970年代に入ると記号論や構造主義やなどの新しい思想潮流が海外から輸入されるようになる。こうした流れのなかで近代的な主体概念、理性中心主義への懐疑が知的世界に膾炙していく。

1970年代 プレ・ニューアカ期の言論

記号論や構造主義的な思考を取り入れた文化人類学者山口昌男は社会・文化を「中心と周縁」の対立構造として捉える理論を提唱、哲学者中村雄二郎がやはり構造主義の影響を受けて「共通感覚論」「深層=パトスの知」という考えを提唱する。 経済人類学の栗本慎一郎はカール・ポランニーバタイユを結びつけた独自の理論を展開、心理学者岸田秀ジークムント・フロイトを独自に解釈した「唯幻論」を唱えた。 文芸批評においては柄谷行人が『資本論』をマルクス主義から独立したテクストと捉えてソシュール言語学を援用して読み解いた。また蓮實重彦ミシェル・フーコージル・ドゥルーズジャック・デリダなどのフランス現代思想の知見を文芸批評の世界に導入する。こうした新しい知の主要な発表の場となったのは三浦雅士が編集長を務めていた雑誌『現代思想[注釈 1] であった。

1980年代 ニュー・アカデミズムのブーム

1981年、栗本慎一郎が『パンツをはいたサル』をカッパブックスから出版して大ベストセラーとなる。1983年 に浅田彰が構造主義・ポスト構造主義を一貫したパースペクティブにおさめて解説した『構造と力[注釈 2] が出版されると新聞や一般誌にもたびたび取り上げられる。宗教学にフランス現代思想を接合した中沢新一『チベットのモーツァルト』が刊行されてやはり話題となる。両著は、若い世代を中心に読まれてその内容の難度にもかかわらず異例のベストセラーとなる。浅田が次の著作『逃走論』で提示した用語「スキゾ」「パラノ」は流行語になった。このころニュー・アカデミズムという用語が登場する[11]

知のブームの中、四方田犬彦丹生谷貴志松浦寿輝細川周平西成彦渡部直己絓秀実といった批評家が表舞台にでてくる[12]。また、先行世代の山口昌男、柄谷行人、蓮實重彦らが改めて注目され、市川浩坂部恵木村敏丸山圭三郎今村仁司のような、より手堅いアカデミシャンの論にも目が向けられた[13]。『現代思想』は最盛期で公称数万部の発行部数を叩き出した。学術的な文章で埋められた雑誌としては驚異的な発行部数であった。思想関連の出版は活況となり、浅田彰、四方田犬彦らによる『GS たのしい知識』、山口昌男、中村雄二郎らによる『へるめす』といったニュー・アカデミズムやそれに関連する話題を掲載する雑誌がこの時期に創刊されている。

ニュー・アカデミズムの退潮

その後、ニュー・アカデミズムが主に扱っていたフランス現代思想の輸入が進んで大学の制度にとりこまれていったこと、世界的な知の潮流が英米系の分析哲学やリベラリズムに立脚した正義論・責任論など理性的な主体を前提する議論にシフトしたこと、ポスト冷戦新自由主義化やバブル後の不況から、旧来的な左翼的な資本主義批判にリアリティがでてきたことなどから、ニューアカデミズムは退潮していく[14]

略年譜[編集]

ニューアカデミズムの定義や範囲[編集]

ニューアカデミズムとは浅田彰中沢新一の著作がベストセラーとなったことを受けて、1984年の朝日新聞の学芸欄で記者が「これまでの学問体系や秩序に挑戦する若い研究者の本」が「「新しい知」を求める若い世代の関心を集めている」状況を指して名付けた造語[15]であり、厳密な定義のない用語である。

大澤聡は『現代日本の批評 1975-2001』においてニューアカデミズムを論じているが、期間で区切っており、1983年に『構造と力』、『チベットのモーツァルト』が異例の販売部数を記録して知のブームが起きて、四方田犬彦、細川周平ら若手がフックアップされていき、同時に、柄谷行人、蓮實重彦、山口昌男、栗本慎一郎ら先行世代もブームの圏内へとどんどん引きずりこまれていく状況をもってニューアカデミズムとしている。そして先行する山口昌男、中村雄二郎らが牽引した1970年代の知の状況をプレ・ニューアカ期と呼称している。ただ論の中に「狭義のニューアカ・ブームは、一九八三年から八六年の期間に相当する」という記述があり、広義の、もっと広い期間のニューアカデミズムがあるかの含みがある。

1986年のニューアカデミズムのブームの渦中に出版された概説書である小阪修平・竹田青嗣他著『わかりたいあなたのための現代思想・入門II―吉本隆明からポスト・モダンまで、時代の知の完全見取図!』は吉本隆明以後、浅田・中沢の登場までの日本の知的状況を「現代思想」として一体のものとして扱っている。

評価[編集]

社会思想史研究者の仲正昌樹は『集中講義!日本の現代思想―ポストモダンとは何だったのか』で、冷戦終結以後の世界資本主義が暴威を振るう現実の前では、消費社会をあえてアイロニカルに肯定してみせるポストモダン思想のアイロニーが通用しなくなった、という柄谷行人の否定的なポストモダン思想評を紹介している。仲正自身はポストモダン思想は、ポストモダン的に複雑化していく現状の分析の道具としてはいまだ有効であるとしている。

東大駒場騒動で、採用候補であった中沢新一にかわって採用された山脇直司は、中沢新一を「タレント学者」とし、また、当時ニューアカと称され話題を呼んでいた中沢らの思想が、日本だけでしか通用しない「ガラパゴス化の産物」であったと述べた[16]

参考図書[編集]

  • 『ニューアカデミズム その虚像と実像』(新日本出版社、1985)
  • 小阪修平・竹田青嗣・西研他著『わかりたいあなたのための現代思想・入門―サルトルからデリダ、ドゥルーズまで、知の最前線の完全見取図! 』(別冊宝島、1984)
  • 栗本慎一郎『鉄の処女―血も凍る「現代思想」の総批評』(カッパ・サイエンス 1985)
  • 小阪修平・竹田青嗣他著『わかりたいあなたのための現代思想・入門II―吉本隆明からポスト・モダンまで、時代の知の完全見取図!』(別冊宝島、1986)
  • 仲正昌樹『集中講義!日本の現代思想―ポストモダンとは何だったのか』(NHKブックス、2006)
  • 佐々木敦『ニッポンの思想』(講談社現代新書、2009)
  • 東浩紀・市川真人・大澤聡・福嶋亮大『現代日本の批評 1975-2001』(講談社 2017)

脚注[編集]

  1. ^ 佐々木敦『ニッポンの思想』p33
  2. ^ 佐々木敦『ニッポンの思想』p47-49
  3. ^ 仲正昌樹『集中講義!日本の現代思想―ポストモダンとは何だったのか』p14-15
  4. ^ 仲正昌樹『集中講義!日本の現代思想―ポストモダンとは何だったのか』p16-18
  5. ^ 佐々木敦『ニッポンの思想』p43-44
  6. ^ 仲正昌樹『集中講義!日本の現代思想―ポストモダンとは何だったのか』 p35
  7. ^ 仲正昌樹『集中講義!日本の現代思想―ポストモダンとは何だったのか』 p112
  8. ^ 仲正昌樹『集中講義!日本の現代思想―ポストモダンとは何だったのか』 p63
  9. ^ 仲正昌樹『集中講義!日本の現代思想―ポストモダンとは何だったのか』 p71
  10. ^ 仲正昌樹『集中講義!日本の現代思想―ポストモダンとは何だったのか』p55-58
  11. ^ 佐々木敦『ニッポンの思想』p33
  12. ^ 東浩紀、市川真人、大澤聡、福嶋亮大『現代日本の批評 1975-2001』講談社 2017年
  13. ^ 小阪修平・竹田青嗣他著『わかりたいあなたのための現代思想・入門II―吉本隆明からポスト・モダンまで、時代の知の完全見取図!』
  14. ^ 仲正昌樹『集中講義!日本の現代思想―ポストモダンとは何だったのか』p215-219
  15. ^ 1984年1月23日 朝日新聞読書欄p33
  16. ^ 山脇直司2013「〈駒場をあとに〉西部劇から四半世紀の想い出と所感」『教養学部報』554号、東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部HP、2013年7月12日掲載

注釈[編集]

  1. ^ この雑誌が「思想界へのデビュー」となった人物には丸山圭三郎木田元栗本慎一郎岸田秀粉川哲夫今村仁司岩井克人などがいる。
  2. ^ 『構造と力』に掲載された論文は当時26歳で京都大学人文科学研究所の助手になったばかりの浅田が大学院在学中に執筆したものである。26歳という年齢と、その年齢にそぐわない非常に明快、明晰な持論を展開したことで話題を呼んだ。「余りに図式的すぎる」「独自性がない」という批判もあったが、本人は「元々現代思想のチャート式入門書を書こうと思ったのだから、図式的であり独自性がないのは当然のこと。」「そもそも現代思想に本質的な意味での独自性などありはしない。」と臆することなく反論した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]