構造と力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

構造と力』(こうぞうとちから)は、批評家浅田彰が27歳の時に雑誌『中央公論』や、『現代思想』等に連載した論考をまとめた哲学の本。1983年に勁草書房から刊行された。

デリダフーコードゥルーズらのテクストを参照した、フランス現代思想(構造主義、ポスト構造主義)を解説した難解な内容にもかかわらず、ベストセラーとなる。

内容[編集]

プレモダン、モダン、ポストモダンを、チャート式のように図解している。ソシュール構造主義を踏まえ、王やゼロ記号、国家の分析も含んでおり、「二つの教室」という独自のメタファーを紹介。

本書をふまえて、東浩紀は1998年に「存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて」を執筆した。その際、浅田は自作は過去のものになったと(皮肉混じりながらも)書いた。

東は本書について、「哲学は終わってるから、(浅田さんは死んだ哲学の)死体解剖をやった。死んじゃったってことを分からせるた為に構造と力とかを書いた。ほら見ろこんなもんだ、こんなことをまだお前らはやってるんだ、要約すればこんなもんだと。ところが何か知らないけどブームになって、そこに若者がばーっとついてきちゃった。浅田さんはニューアカブームみたいなのをすごく馬鹿にしてたと思う。でも他の人達は勘違いして、なんかもう一回哲学ってすごく盛り上がってるんじゃないかと思って......」と解説している[1]

脚注[編集]

  1. ^ TBSラジオ「オタクのゴタク」1997年8月16日、東浩紀出演