ナナロク社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社ナナロク社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
142-0064
東京都品川区旗の台4丁目6番27号
設立 2008年
業種 情報・通信業
法人番号 1010701025293 ウィキデータを編集
事業内容 書籍の出版
代表者 代表取締役 村井光男
外部リンク http://www.nanarokusha.com/
テンプレートを表示

株式会社ナナロク社(ななろくしゃ)は、日本出版社

概要[編集]

新風舎出身の村井光男と川口恵子によって2008年に設立[1]。社名は村井と川口がともに1976年生まれであることに由来する。詩集や歌集、エッセイなどの人文書や写真集などを出版している。装丁に祖父江慎名久井直子らが名を連ねており、造本に特徴のある出版物が多く見られる。2011年刊行の川島小鳥写真集『未来ちゃん』がベストセラーとなって一躍注目される。2020年からは新人歌人の第一歌集刊行を目的とした公募企画「あたらしい歌集選考会」を開催している[2]。取次の取引先は地方・小出版流通センター

沿革[編集]

  • 2008年 - ナナロク社を創業。
  • 2011年 - 川島小鳥『未来ちゃん』で第42回講談社出版文化賞を受賞[3]
  • 2020年 - 第一回「あたらしい歌集選考会」開催。選者は木下龍也と岡野大嗣で、受賞者は森口ぽるぽ島楓果[4]

主な出版書[編集]

詩集・歌集[編集]

  • 岩崎航『いのちの花、希望のうた』
  • 木下龍也岡野大嗣『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』
  • 谷川俊太郎『バウムクーヘン』『生きる』『こんにちは』など
  • 谷川俊太郎、木下龍也岡野大嗣『今日は誰にも愛されたかった』
  • 一青窈『みんな楽しそう』
  • 三角みづ紀『とりとめなく庭が』『よいひかり』
  • 木下龍也『あなたのための短歌集』
  • 岡野大嗣『音楽』
  • 森口ぽるぽ『インロック』
  • 島楓果『すべてのものは優しさを持つ』
  • 岡本真帆『水上バス浅草行き』

日本文学・エッセイ[編集]

  • 鹿子裕文『へろへろ 雑誌「ヨレヨレ」と「宅老所よりあい」の人々 』『ブードゥーラウンジ』
  • 鷹野隆大の『鷹野隆大エッセイ集「毎日写真」』
  • 齋藤陽道『それでも それでも それでも』『写訳春と修羅』
  • 田尻久子『猫はしっぽでしゃべる』
  • 鳥羽和久『おやときどきこども』
  • 舞城王太郎『深夜百太郎 入口』『深夜百太郎 出口』
  • 若松英輔『若松英輔エッセイ集 悲しみの秘義』
  • 和田誠『もう一度 倫敦巴里』

海外文学[編集]

絵本・コミックス[編集]

芸術・写真集[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ナナロク社. “お取引と会社概要 | ナナロク社” (日本語). www.nanarokusha.com. 2022年8月15日閲覧。
  2. ^ 「あたらしい歌集選考会」のお知らせ|ナナロク社|note” (日本語). note(ノート). 2022年8月15日閲覧。
  3. ^ 新文化 - 出版業界紙 - ニュースフラッシュ関連ページ”. www.shinbunka.co.jp. 2022年8月15日閲覧。
  4. ^ 「あたらしい歌集選考会」選考結果|ナナロク社|note” (日本語). note(ノート). 2022年8月15日閲覧。

外部リンク[編集]