地方・小出版流通センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 地方・小出版流通センター
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
162-0836
東京都新宿区南町20
設立 1976年3月22日
業種 卸売業
事業内容 書籍・雑誌卸売業、仲介業
代表者 川上賢一(代表取締役)
資本金 1,000万円
売上高 16億4294万円(2008年度)[1]
従業員数 22名(2009年3月現在)[1]
外部リンク 地方・小出版流通センター
テンプレートを表示

地方・小出版流通センター(ちほう・しょうしゅっぱんりゅうつうせんたー)は、地方の出版社や小規模出版社が刊行した書籍雑誌取次業務を行う日本の企業

概要[編集]

地方出版社が刊行した各地域の特色ある書籍や雑誌を都市部に流通させるとともに、都市部の小規模な出版社の刊行物を地方へと流通させるため、これらの出版社から刊行物を買い取り、大手取次会社の流通ルートに載せる取次業務を行う[2]。地方・小規模出版流通の中核といえる存在である。2009年3月末時点の取引社数は1046社[1]

創業当初よりアンテナショップ「書肆(しょし)アクセス」(神田神保町1981年神田小川町より移転)を運営し、書店への卸売と一般読者への販売を行ってきたが、利用客の減少により2007年11月17日に同店の営業を終了した[3][4]

沿革[編集]

1970年代までの日本の書籍流通業界では、大手の取次会社は効率面の問題から地方出版社や小規模出版社の刊行物をほとんど取り扱っておらず、こうした出版社が全国規模で出版物を流通させることは困難だった[5]。一方、都市部では、書店や図書館によって地方出版物の企画展示や即売会が行われる機会も増え、地方から都市部への人口の流入もあって、地方出版物のニーズが高まっていた[5][6]

こうした状況を受けて、1976年3月、元書店勤務の川上賢一らが呼びかけ人となり、地方出版社社長や書店主など有志40人による出資を得て、資本金450万円(当時)で地方・小出版流通センターが設立された[5]。初年度から180社、約5000点の書籍を扱い、その後も地方出版物のブームに乗って、1990年代半ばまでは順調に業績を伸ばした[5]

1976年に神田小川町にアンテナショップ「書肆アクセス」を開店[3]1981年には神田神保町のすずらん通りに移転し、様々なジャンルの地方出版物を手軽に入手することができる神保町の名物書店として多くの利用客を集めた[3]

しかし1990年代後半より、若者の活字離れなどによるいわゆる出版不況や、ネット販売の拡大などの影響を受け、業績が伸び悩んだ[6][7]。「書肆アクセス」も利用客の減少から、1998年に4700万円あった売り上げが2006年には2800万円に落ち込むなど経営難に陥り、2007年に閉店した[4]

書肆アクセスの閉店に伴い、本社を2007年11月に神田神保町より新宿区南町に移転した。

主な刊行物[編集]

  • アクセス (地方出版情報誌・月刊)

外部リンク[編集]

脚注・参考資料[編集]

  1. ^ a b c 地方・小決算、3年連続の減収 最終黒字は確保』新文化通信 2009年6月18日号、2009年6月24日閲覧
  2. ^ 『出版最前線 (17) インタビュー 小出版流通センター・川上賢一氏』読売新聞(東京・朝刊)、1994年8月8日
  3. ^ a b c 清田義昭『名物書店が閉店する理由』共同通信、2007年8月23日
  4. ^ a b 『元気なくす地域・小出版 /「書肆アクセス」11月閉店』河北新報、2007年10月25日
  5. ^ a b c d 『「地方の本」発掘続け20年 地方・小出版流通センター』朝日新聞(東京・朝刊)、1995年4月27日
  6. ^ a b 『地方・小出版流通センター 書店「書肆アクセス」併設 「地方の本」送り届け四半世紀』西日本新聞(夕刊)、2000年10月27日
  7. ^ なお2008年度の最終損益では黒字を確保している。