池田修三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池田修三
生誕 1922年4月30日
秋田県由利郡象潟町
死没 (2004-11-10) 2004年11月10日(82歳没)
東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京高等師範学校
著名な実績 木版画
受賞 象潟町功労者表彰(1989年)

池田 修三(いけだ しゅうぞう、1922年4月30日 - 2004年11月10日)は、秋田県由利郡象潟町(現在のにかほ市象潟)生まれの版画家

人物[編集]

1922年、開業医の四兄弟の三男として生まれる。ほかに姉がいる[1]。1940年に秋田県立本荘中学校(現:秋田県立本荘高等学校)を卒業し、1942年に東京高等師範学校(現:筑波大学)芸能科に入学するが、学業途中で陸軍工兵学校に入隊する。1945年に敗戦で東京高等師範を繰り上げ卒業する[1]

故郷に戻り、秋田県立由利高等学校に美術科教諭として赴任し、1952年から聖霊高等学校(現:聖霊女子短期大学付属高等学校)に勤務[2]。たまたま秋田を訪れていた画家の近藤良悦夫妻の知遇を得て、1955年同校を退職、33歳で上京し版画家としての活動に専念する。翌年、近藤を介して知り合った女性と結婚[2]

1957年、日本版画協会展で入賞、同会会友となり、1959年には現代版画コンクール展で入賞する[2]。40歳を過ぎた頃からモノクロ版画から多色刷りに移行し、子どもをテーマとしたセンチメンタリズムを感じられるの木版画を作り続けた。しかし、当時の画壇では「題材が甘っちょろい」などと酷評されることが多かった。だが、池田本人は「竹久夢二だって正当な評価は後世がしたわけですから」と語っていたという[3]

1977年に日本版画家協会を退会する[4]。1980年代に秋田相互銀行(現:北都銀行)のカレンダー通帳NTT日本生命などの販促品に版画が使われ、知名度が高まった。1985年4月から87年3月まで象潟町の広報誌『広報さきかた』の表紙に作品を提供[5]。1989年には町から功労者として表彰され、1994年2月、町役場新庁舎完成記念として、数十点の作品を寄贈した[6]。ほかに、1983年と85年には山形県酒田市で木版展が開かれ、1990年代には北は旭川市、南は松山市まで全国主要都市で個展が開催される[6]

2004年、東京で死去。享年82歳[6]

秋田県が2012年から16年まで各2万部発行し、その8割が県外で読まれていた季刊誌『のんびり』2012年第3号で特集を組まれたことをきっかけに[7][8]、再評価の機運が進み、作品集の出版などが行われる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗 2013, p. 180.
  2. ^ a b c 池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗 2013, p. 181.
  3. ^ 池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗 2013.
  4. ^ 池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗 2013, p. 182.
  5. ^ 池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗 2013, p. 182 - 183.
  6. ^ a b c 池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗 2013, p. 183.
  7. ^ のんびり 03 non-biri”. 秋田県観光文化スポーツ部観光戦略課 (2012 Winter). 2020年7月26日閲覧。
  8. ^ 「ほっこり、ぬくもる、秋田の写真 季刊誌「のんびり」掲載、あすから作品展」『朝日新聞』秋田版 2019年9月28日

画集・ポストカードブック[編集]

  • 池田修三 藤本智士『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』ナナロク社、2013年。ISBN 4904292448
  • 藤本智士『池田修三 絵葉書と豆本 第1集「はじまり」』ナナロク社、2014年。ISBN 4904292499
  • 藤本智士『池田修三 絵葉書と豆本 第2集「いろどり」』ナナロク社、2015年。ISBN 4904292588

外部リンク[編集]