池田修三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 修三(いけだ しゅうぞう、1922年4月30日[1] - 2004年11月10日[1])は、秋田県象潟町(現在のにかほ市象潟)生まれ[1]版画家

人物[編集]

1922(大正11)年、由利郡象潟町の医師の家に生まれる。秋田県立本荘中学校を1940年に卒業[1]東京高等師範学校芸能科に進学、1945年に卒業する[1]。故郷に戻り、秋田県立由利高等学校に美術科教諭として赴任する。1952年から聖霊学園に勤務し[1]、1955年退職、上京し版画家としての活動に専念する。

1957年、日本版画協会展で入賞、同会会員となる。1959年には現代版画コンクール展で入賞する[1]。子どもをテーマとしたセンチメンタリズムを感じられる多色刷りの木版画を作り続けた。1977年に日本版画家協会を退会する[1]。1980年代に秋田相互銀行NTT日本生命などの企業のカレンダーなどに作品が使用される[1]。1989年には象潟町より功労者として表彰された[1]。2004年に82歳で死去。

2012年に秋田県のタウン誌「のんびり」第3号で特集を組まれたことをきっかけに再評価の機運が進み、作品集の出版などが行われる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 「池田修三のあゆみ」(藤本智士 2013, pp. 180-183)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]