ド・グラース (防空巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DeGrasse.jpg
竣工当時の「ド・グラース」
艦歴
発注 ロリアン工廠
起工 1938年
進水 1946年
就役 1956年
退役
その後 1976年解体処分。
除籍 1973年
前級 ラ・ガリソニエール級
次級 コルベール
性能諸元
排水量 基準:9,380トン
満載:-トン
全長 188.3m
180.5m(水線長)
全幅 20.3m
吃水 6.5m
7.9m
機関 アンドレ式重油専焼高温高圧水管缶4基
+ラトー・ブルターニュ式ギヤード・タービン2基2軸推進
最大出力 110,000hp
最大速力 33.0ノット
航続性能 16ノット/6,000海里
燃料 重油:1,850トン(満載)
乗員 950名(旗艦時:983名)
兵装 Model 1948 12.7cm(54口径)連装両用砲8基
Model 1951 5.7cm(60口径)連装機関砲10基
装甲 舷側:76~100mm
甲板:68mm
司令塔:-mm
航空兵装 ヘリコプター1機

ド・グラース (Croiseur De Grace) は、フランス海軍防空巡洋艦。元は第二次世界大戦前に建造が計画された軽巡洋艦ド・グラース級のネームシップで、第二次世界大戦後に竣工させた最初の防空巡洋艦となった。準同型艦としてコルベールがある。

本艦[ソースを編集]

本艦は1937年計画で改ラ・ガリソニエール級軽巡洋艦としてド・グラース級軽巡洋艦の1隻として1938年に起工されたが、第二次大戦の勃発により僚艦「シャトールノー」「ギッシャン」はキャンセルされ、本艦も1940年6月に建造を中止した。本艦の船体は進駐してきたドイツ海軍により拿捕されて同年8月に船体建造は続行されたがドイツ側の資材と労働力の調達が困難となり1943年に放置された。第二次世界大戦後に自由フランス軍により奪回された船体は1946年にフランス海軍にて進水、これを1948年より防空巡洋艦に改設計して建造を進め、1956年に完成させた物が本艦である。

艦形[ソースを編集]

本艦の船体形状は長船首楼型船体である。元設計では垂直に切り落とした形状のクルーザー・スターン型艦尾を延長して丸みを帯びた艦尾形状に整形。これに伴って全長は約12m延長され、排水量は約1,200トンほど増加した。

強く傾斜したクリッパー・バウから艦首甲板上に主砲の「Model 1948 12.7cm(54口径)両用砲」を連装砲で中心線上に背負い式に2基、その後方に片舷1基ずつで艦首甲板上に4基を配置した。その後方に副武装の「5.7cm(60口径)機関砲」が連装砲架で近代的な箱型艦橋の前に1基、艦橋の側面に片舷2基ずつ配置された。艦橋の後方に簡素な単脚式の前部マストが立ち、船体中央部に1本煙突が立ち、煙突の後方に簡素な後部マストとの間が艦載艇置き場となっており、片舷1基ずつのガントリー・クレーンにより運用された。後部甲板上には片舷2基ずつと船体中央部に1基を配置した。その後方に12.7cm連装両用砲が後向きに並列配置で2基、中心線上に後向き背負い式配置で2基が配置された。この武装配置により艦首方向に最大で12.7cm砲8門と5.7cm砲6門が、舷側方向に最大で12.7cm砲12門と5.7cm砲10門が、艦尾方向に最大で12.7cm砲8門と5.7cm砲6門が指向できた。

本艦は竣工後にミサイル巡洋艦に改装が検討されたが、砲弾よりも大きなスペースを必要とするマズルカミサイルの倉庫を艦内に置く余裕がなく、替わりにフランスの核配備計画に伴い、1966年に核実験部隊司令艦へと改装を受けた。主な改装点は後部甲板上の12.7cm砲を撤去し、5.7cm砲は全て撤去。これに伴い射撃式装置は撤去され、変わりに司令部任務に使用するために艦橋構造の大型化と通信設備の充実が行われ、艦尾に通信用ラティス構造の四脚アンテナが立てられた。武装の多くを撤去したために排水量は低下して9,000トンとなった。本艦は1966年から1972年にかけて核実験を指揮し、フランスの国防を推進した。

主砲、その他の備砲[ソースを編集]

本艦の主砲は新設計の「Model 1948 12.7cm(54口径)両用砲」を採用した。その性能は2.96kgの砲弾を仰角45度で22,000m、仰角85度で9,000mの高さまで届かせることが出来た。この砲を新設計の連装砲塔に収めた。俯仰能力は仰角85度・俯角10度である。旋回角度は左右150度の旋回角度を持っていた。主砲身の俯仰・砲塔の旋回・砲弾の揚弾・装填は主に電力で行われ、補助に人力を必要とした。発射速度は毎分18発である。他に主砲の補助として「Model 1951 5.7cm(60口径)機関砲」を採用した。その性能は31.75kgの砲弾を仰角45度で13,000m、仰角90度で5,500mの高さまで届かせることが出来た。この砲を新設計の連装砲塔に収めた。俯仰能力は仰角94度・俯角10度である。旋回角度は360度の旋回角度を持っていたが、実際は上部構造物に射界を制限された。主砲身の俯仰・砲塔の旋回・砲弾の揚弾・装填は主に電力で行われ、補助に人力を必要とした。発射速度は毎分120発である。

関連項目[ソースを編集]

参考図書[ソースを編集]

  • 「世界の艦船増刊 フランス巡洋艦史」(海人社)

外部リンク[ソースを編集]

ウィキメディア・コモンズには、ド・グラース (防空巡洋艦)に関するカテゴリがあります。