ドクター・モローの島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドクター・モローの島
The Island of Dr. Moreau
監督 ドン・テイラー
脚本 ジョン・ハーマン・シェイナー
アル・ラムラス
原作 ハーバート・ジョージ・ウェルズ
(「モロー博士の島」より)
製作 ジョン・テンプル=スミス
スキップ・ステロフ
製作総指揮 サミュエル・Z・アーコフ
サンディ・ハワード
出演者 バート・ランカスター
マイケル・ヨーク
音楽 ローレンス・ローゼンタール
撮影 ジェリー・フィッシャー
製作会社 アメリカン・インターナショナル・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 アメリカン・インターナショナル・ピクチャーズ
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1977年7月13日
日本の旗 1978年1月28日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $6,000,000[1][2]
テンプレートを表示

ドクター・モローの島』(原題:The Island of Dr. Moreau)は、1977年制作のアメリカ合衆国の映画

ハーバート・ジョージ・ウェルズ原作のSF小説モロー博士の島」を映画化したSFホラー映画。1933年の『獣人島』に次ぐ2度目の映画化。

ラスト・シーンは劇場公開版・旧TV放映版がバッドエンド、ビデオ版・新TV放映版がハッピーエンドとなっている。

あらすじ[編集]

1911年赤道に近い太平洋上で嵐のため沈没した船から唯一人脱出した青年アンドリュー・ブラドックは、救命ボートで数日間漂流した末、ある孤島に流れ着いた。

ブラドックは島内をさまよううちに、落とし穴に落ちて気を失った。気がつくと、彼はある建物の1室にいた。そこはドクター・モローの屋敷だった。モローはこの島に助手のモンゴメリー、召使と2人の女中、そしてマリアという美しい女と暮らしていた。モローはこの島で生物の遺伝に関係する染色体を研究している事を話し、密林と研究室には近づくなとブラドックに警告する。

時が流れたある日、召使が密林で獣のような姿をしているのを目撃したブラドックはモローの研究に不審を抱き、彼の研究室に忍び込む。そして、モローの研究の戦慄の真相を知ってしまう。モローは特殊な液により、獣を人間化するという恐るべき実験をしていたのだ。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
水曜ロードショー 金曜ロードショー
ドクター・モロー バート・ランカスター 青木義朗 小林勝彦
アンドリュー・ブラドック マイケル・ヨーク 堀勝之祐
マリア バーバラ・カレラ 土井美加
モンゴメリー ナイジェル・ダヴェンポート 加藤精三
リチャード・ベイスハート
ニック・クラヴァット

金曜ロードショー版吹替その他、広瀬正志小室正幸立木文彦森一嶋俊介笹岡繁蔵

日本語吹き替え制作は共に日本テレビ。

※水曜ロードショー版吹替、初回放送 1980年1月23日
※金曜ロードショー版吹替、初回放送 1990年2月9日。ノーカット、DVD収録。

脚注[編集]

  1. ^ The Island of Dr. Moreau (1977) - Box office / business
  2. ^ 'Dr. Moreau' tops trio of chillers for summer: Also--monster ants; a lost continent 'Empire of the Ants' 'The People That Time Forgot' By David Sterritt. The Christian Science Monitor (1908-Current file) [Boston, Mass] 27 July 1977: 22.

外部リンク[編集]