トレマーズ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トレマーズ
Tremors
監督 ロン・アンダーウッド
脚本 ブレント・マドック英語版
S・S・ウィルソン英語版
原案 ブレント・マドック
S・S・ウィルソン
ロン・アンダーウッド
製作 ブレント・マドック
S・S・ウィルソン
製作総指揮 ゲイル・アン・ハード
出演者 ケヴィン・ベーコン
フレッド・ウォード
フィン・カーター
マイケル・グロス
リーバ・マッキンタイア
音楽 アーネスト・トロースト
ロバート・フォーク英語版(ノンクレジット)
撮影 アレクサンダー・グルツィンスキー英語版
編集 O・ニコラス・ブラウン
製作会社 スタンピード・エンターテインメント英語版
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年1月19日
日本の旗 1990年6月15日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $16,667,084[1]
次作 トレマーズ2
テンプレートを表示

トレマーズ』(原題:Tremors)は、1990年に公開されたアメリカ合衆国の映画ロン・アンダーウッドが監督を務め、ケヴィン・ベーコンフレッド・ウォードフィン・カーターマイケル・グロスリーバ・マッキンタイアが出演している。『トレマーズシリーズ』の第1作目であり、これ以降続編としてオリジナルビデオやテレビシリーズが製作された[2][3][4]

あらすじ[編集]

ネバダ州の田舎町パーフェクション英語版で便利屋を営むバルとアールは貧乏生活に疲れ果て、隣町ビクスビーに移住しようと考える。ビクスビーに向かう途中、2人は鉄塔の上で死んでいる町民エドガーを発見する。遺体を町に運んだ2人は再びビクスビーに向かうが、今度はフレッド老人の遺体と彼の羊たちの食い殺された死体を発見する。町民たちに危険を知らせた2人はビクスビーに助けを求めに向かうが、ビクスビーへの一本道は土砂崩れで塞がっていた。町に戻った2人は車のタイヤに蛇のような怪物(グラボイド英語版)の触手が絡みついているのを発見する。一連の事件の原因が怪物だと察知した町民たちは助けを呼ぼうと考え、2人はウォルターから馬を借りて町の外れに住むウォーラス夫妻を迎えに行くが、すでに夫妻はグラボイドに殺されていた。

2人はビクスビーに向かうが、途中でグラボイドに襲われる。馬を失った2人は逃げ回り、グラボイドは用水路のコンクリートに激突して死亡する。喜ぶ2人は地震の調査を行っている大学院生ロンダに出くわし、地震の正体がグラボイドだったことを知り、さらに彼女の調査記録からグラボイドが他に3体いることが判明する。3人は町に戻ろうとするがグラボイドに襲われ、岩の上に避難して一夜を過ごす。3人はロンダの車に乗り込みグラボイドを振り切り町に戻るが、町にグラボイドが現れウォルターが殺される。町民たちは屋根の上に避難するが、事情を知らないバート夫妻が襲われる。しかし、ガンマニアの夫妻は自宅に保管していた大量の銃を使用してグラボイドを倒してしまう。

残り2体のグラボイドが家屋を破壊し始め、ネストールが殺される。車のタイヤをパンクさせられ窮地に陥った町民たちは、ブルドーザーを使用して脱出を図る。町民たちは山に向かうが、グラボイドが仕掛けた落とし穴にはまりブルドーザーが使用できなくなってしまい、近くの岩の上に避難する。バルとアールはバートの手製爆弾をおとりに使ってグラボイドに飲み込ませ、体内で爆破させ1体を仕留めることに成功する。しかし、同じ方法を取って倒すことを目論んだ残り1体は飲み込んだ爆弾を吐き出し失敗。更に吐き出した爆弾が予備の手製爆弾の上に落ち、多くの爆弾が使用不可能となる。バル、アール、ロンダはグラボイドに襲われるが、バルは残った手製爆弾でグラボイドを崖に誘い込み、地中を突進して来たグラボイドを直前で避ける。最後のグラボイドは崖下に転落し倒された。町民たちは町に戻り、バルはロンダとキスを交わす。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日
バレンタイン・"バル"・マッキー ケヴィン・ベーコン 安原義人 井上和彦
アール・バセット フレッド・ウォード 内海賢二 田中信夫
ロンダ・レベック フィン・カーター 勝生真沙子 佐々木優子
バート・ガンマー英語版 マイケル・グロス 小林清志 小林勝彦
ヘザー・ガンマー リーバ・マッキンタイア 谷育子 吉田理保子
メルビン・プラグ ボビー・ジャコビイ英語版 松本保典 石田彰
ナンシー・スタングッド シャーロット・スチュワート英語版 川島千代子
ミゲル トニー・ジェナロ 加藤正之 峰恵研
ミンディ・スタングッド アリアナ・リチャーズ 青木夏海
ネストール・カニンガム リチャード・マーカス英語版 池田勝 小島敏彦
ウォルター・チャン ヴィクター・ウォン 辻村真人 久米明
エドガー・ディームズ サンシャイン・パーカー英語版
フレッド マイケル・ダン・ワーグナー
ジム・ウォーラス コンラッド・バックマン 岸野一彦 藤本譲
ミーガン・ウォーラス ビビ・ベッシュ 藤夏子
ハワード ジョン・グッドウィン 辻親八
カーマイン ジョン・パパス英語版 辻親八 河合義雄
初回放送 2005年5月26日
木曜洋画劇場
1993年4月25日
日曜洋画劇場

製作[編集]

映画ポスターとVHSカバーはユニバーサル・スタジオがデザインしている。元々はグラボイド英語版を印象付けるデザインにする予定だったが、スタンピード・エンターテインメント英語版はグラボイドが映画を観るまで詳細が明かされない状態の方が良いと主張した。ユニバーサルはスタンピード・エンターテインメントの意見に同意したものの、最終的にはグラボイドの触手をポスターにデザインしている[5]

1989年にカリフォルニア州ローン・パイン英語版主要撮影が行われ、山のシーンはシエラネバダ山脈で撮影された[6]。クリーチャー・デザインはアマルガマティッド・ダイナミクス英語版が担当した。掘り起こされる形で登場するフルスケールのグラボイドは、軽量フォームで作成された。グラボイドは一旦溝の中に埋められた後に再び掘り起こされ「使い古された」効果を演出している[7]。バートが使用する象狩銃は、民間のコレクターから借りた代物だった[8][9]

サウンドトラックはアーネスト・トローストが手がけ、2000年に発売された。アルバムには映画で使用された9曲が収録されている[10]。アルバムはプロモーションの一環として限定版CDが発売されている[10][11]

リリース[編集]

1990年1月19日に公開され、1996年4月16日にレーザーディスク、1998年4月28日にDVDが発売された。2010年11月9日にBlu-Rayが発売され[12]、2013年9月17日には北米で「Tremors: Attack Pack」が発売された[13]。イギリスでは「Tremors: Attack Pack」は発売されず、2013年8月5日に『トレマーズ2』『トレマーズ3』『トレマーズ4』と合わせて個別のBlu-Rayが発売された[14]

評価[編集]

Rotten Tomatoesには33件の批評が寄せられ、支持率85%、平均評価7/10となっており、「1950年代のクリーチャー造形に愛を込めた『トレマーズ』は、ホラーとユーモアの細かいバランスの取れた組み合わせでジャンルを活性化させた」と批評されている[15]TV Guideは、「非常によくキャスティングされており、ウォードとベーコンは人懐っこく面白いコメディを演じています……特殊効果は一流であり……それは誰かにとっての映画トップ10には入らないかも知れませんが、『トレマーズ』は手堅いエンターテインメントです」と批評している[16]

興行収入は控えめなものだったが、ビデオ販売やテレビ放送、インターネット配信などで好成績を記録した[17]。そのため、本作は長年にわたりカルト映画として人気を集めている[18]

出典[編集]

  1. ^ Tremors”. Box Office Mojo. 2018年7月29日閲覧。
  2. ^ Vincent Canby (1990年1月19日). “Underground Creatures and Dread Events”. The New York Times. http://movies.nytimes.com/movie/review?res=9C0CE2DE1631F93AA25752C0A966958260 
  3. ^ Tremors: The Series DVD Art Rumbles Your Home Video Collection”. Dread Central. 2014年10月26日閲覧。
  4. ^ The 6th Tremors movie has a title, release date”. Looper.com. 2018年7月29日閲覧。
  5. ^ The Ultimate Tremors FAQ, General Questions about Tremors: Why do the creatures on the posters/DVD covers look absolutely nothing like the actual creatures in the film?. Written by S.S. Wilson (writer/director of Tremors) stampede-entertainment.com
  6. ^ Maddock, Brent; Wilson, SS (2000年6月5日). インタビュアー:MJ Simpson. “Exclusive Tremors Interview Part 3”. angelfire.com. http://www.angelfire.com/movies/krccc/interview3.html 2014年1月4日閲覧。 
  7. ^ Tremors Full Scale Graboid On Set”. stampede-entertainment.com. 2018年7月29日閲覧。
  8. ^ The Ultimate Tremors FAQ, Questions about Tremors: What is that dang elephant gun Burt uses to kill the Graboid in his basement?. Written by S. S. Wilson (writer/director of Tremors) stampede-entertainment.com
  9. ^ The Ultimate Tremors FAQ, Questions about Tremors: What happened to the 8 gauge elephant gun (actually a Darne shotgun) Burt used to kill the Graboid in his basement?. Written by S. S. Wilson (writer/director of Tremors) stampede-entertainment.com
  10. ^ a b Ernest Troost – Tremors / Bloodrush (Original Motion Picture Score)”. Discogs. 2014年4月11日閲覧。
  11. ^ TREMORS soundtrack”. stampede-entertainment.com. 2014年10月26日閲覧。
  12. ^ Tremors Blu-ray Announced”. Blu-ray.com. 2014年10月26日閲覧。
  13. ^ Tremors: Attack Pack Blu-ray”. Blu-ray.com. 2014年10月26日閲覧。
  14. ^ Tremors Sequels Heading to Blu-ray”. Blu-ray.com. 2014年10月26日閲覧。
  15. ^ Tremors”. rottentomatoes.com (1990年1月19日). 2015年8月13日閲覧。
  16. ^ Tremors: Review”. TV Guide. 2013年12月12日閲覧。
  17. ^ “VIDEO RENTALS : 'Internal Affairs' Has Appeal”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1990-08-02/entertainment/ca-1494_1_internal-affairs 2012年6月13日閲覧。 
  18. ^ Why Monster Movie 'Tremors' Is Still A Cult Classic”. Sabotage Times. 2017年1月5日閲覧。

外部リンク[編集]