テック・ヴァレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テック・ヴァレー (Tech Valley) は、アメリカ合衆国ニューヨーク州の東部に位置しているハイテクパーク

概要[編集]

ニューヨーク州内のオールバニクリントン郡コロンビア郡ダッチェス郡エセックス郡フランクリン郡フルトン郡ジェネシー郡ハミルトン郡ハーキマー郡モンゴメリー郡オレンジ郡レンセリア郡サラトガ郡スケネクタディ郡スカハリー郡アルスター郡ウォーレン郡ワシントン郡で構成される。ナノテクノロジー関連の企業の誘致のためにこの名称が付けられた。ジョージ・パタキが州知事だった1995年から2007年の間にナノテクノロジー、半導体製造関連の企業を誘致した。ニューヨーク州立大学オールバニ校レンセラー工科大学との産学連携で新興企業が集まる。現在ではアメリカ最大のナノテク研究開発拠点が形成されつつあり、ナノテク関連投資は累計で既に25億ドルを突破していてGLOBALFOUNDRIESの工場やIBMトーマス・J・ワトソン研究所東京エレクトロンソニー東芝等の研究拠点がある[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]