トンプキンス郡 (ニューヨーク州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューヨーク州トンプキンス郡
トンプキンス郡の位置を示したニューヨーク州の地図
郡のニューヨーク州内の位置
ニューヨーク州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1817年
郡庁所在地 イサカ
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,233 km2 (476 mi2)
1,191 km2 (460 mi2)
41 km2 (16 mi2), 3.17%
人口
 - (2010年)
 - 密度

101,564人
85.2人/km2 (221人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.tompkins-co.org

トンプキンス郡: Tompkins County)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州の中央部西に位置するである。2010年国勢調査での人口は101,564人であり、2000年の96,501 人から5.2%増加した[1]郡庁所在地イサカ市(人口30,014人[2])であり、同郡で人口最大の都市でもある。

トンプキンス郡はその全体でイサカ大都市圏を構成している。郡内にはコーネル大学、イサカ・カレッジ、トンプキンス・コートランド・コミュニティカレッジがある。郡名はニューヨーク州知事アメリカ合衆国副大統領を務めたダニエル・トンプキンズに因んで名付けられた。

歴史[編集]

1683年にニューヨーク植民地で郡が作られたとき、現在のトンプキンス郡地域はオールバニ郡に属していた。これは巨大な郡であり、ニューヨーク州北部とバーモント州の全てを含んでおり、さらに理論的には西の太平洋岸まで広がっていた。1766年7月3日に、カンバーランド郡を分離し、1770年3月16日にグロスター郡を分離したが、どちらも現在はバーモント州に含まれている。

1772年3月12日、オールバニ郡の残りが3つに分割され、1つはオールバニ郡の名前で残った。1つは西部に作られたトライアン郡だった。トライアン郡の東部境界は現在のスケネクタディ市の西約5マイル (8 km) にあり、アディロンダック山地の西側と、デラウェア川西支流より西の領域を含んでいた。トライオン郡に指定された地域には現在のニューヨーク州37郡が入っている。ニューヨーク植民地総督のウィリアム・トライアンに因んで名付けられた。

1776年に先立つ年に、トライアン郡のロイヤリストは大半がカナダに逃亡した。1784年、アメリカ独立戦争を終わらせた条約締結に続いて、トライアン郡はモンゴメリー郡に改名された。これは独立戦争時の将軍リチャード・モントゴメリーに因む命名だった。モントゴメリーはカナダで数か所を占領した後、ケベック市攻略中に戦死した。憎まれたイギリスの総督に代わる命名だった。

1789年、モンゴメリー郡からオンタリオ郡が分離した。このときのオンタリオ郡は現在の領域よりもかなり広かった。現在のアリゲイニー郡カタラウガス郡シャトークア郡エリー郡ジェネシー郡モンロー郡ナイアガラ郡オーリンズ郡スチューベン郡ワイオミング郡イェーツ郡の全体と、スカイラー郡ウェイン郡の一部が含まれていた。

1791年、モンゴメリー郡からハーキマー郡が、オチゴ郡タイオガ郡と共に分離した。

1794年、ハーキマー郡を分割してオノンダガ郡が設立された。

1799年、オノンダガ郡を分割してカユガ郡が設立された。当時のカユガ郡には現在のセネカ郡トンプキンス郡、さらにスカイラー郡の一部が含まれていた。

1804年、セネカ郡がカユガ郡から分離して設立された。

1817年4月7日、セネカ郡とカユガ郡の一部を併せてトンプキンス郡が設立された。郡名は当時のアメリカ合衆国副大統領であり、元ニューヨーク州知事だったダニエル・トンプキンズに因んで名付けられた。ただし、トンプキンズが郡を訪れたことは無かった。

1854年、新設のスカイラー郡のためにヘクターの町と、ニューフィールドの西側区画列を譲渡した。

地理[編集]

イサカ滝
イサカ市中心街のイーストヒルにあるコーネル大学のマクグロー・タワー

トンプキンス郡はニューヨーク州の中央部西にあり、シラキュース市の南、ビンガムトン市の北西に位置している。地域区分として通常はフィンガーレイクス地域に入るが、ニューヨーク州中央部あるいはサザン・ティアに分類する場合もある。

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は492平方マイル (1,270 km2)であり、このうち陸地476平方マイル (1,230 km2)、水域は16平方マイル (41 km2)で水域率は3.17%である[3]

主要高規格道路[編集]

  • NY-13.svg ニューヨーク州道13号線
  • NY-13A.svg ニューヨーク州道13A号線
  • NY-34.svg ニューヨーク州道34号線
  • NY-34B.svg ニューヨーク州道34B号線
  • NY-38.svg ニューヨーク州道38号線
  • NY-79.svg ニューヨーク州道79号線
  • NY-96.svg ニューヨーク州道96号線
  • NY-96B.svg ニューヨーク州道96B号線
  • NY-222.svg ニューヨーク州道222号線
  • NY-227.svg ニューヨーク州道227号線
  • NY-327.svg ニューヨーク州道327号線
  • NY-366.svg ニューヨーク州道366号線
  • NY-392.svg ニューヨーク州道392号線

隣接する郡[編集]

郡政府と政治[編集]

2008年2月、アメリカ合衆国大統領選挙のニューヨーク州民主党予備選挙で、トンプキンス郡は州内で唯一ヒラリー・クリントンよりもバラク・オバマを支持した郡となった[4]。本選挙ではオバマが41%という大差で共和党のジョン・マケインを斥けた。州全体でもオバマが25.5%の差を付けた。アップステート・ニューヨークにある郡の中でもトンプキンス郡が最大の支持率差だった[5]。トンプキンス郡政府は15人の議会が統治している。議員は小選挙区から選ばれている。

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口 変動率
1820 20,681
1830 36,545 76.7%
1840 37,948 3.8%
1850 38,746 2.1%
1860 31,409 −18.9%
1870 33,178 5.6%
1880 34,445 3.8%
1890 32,923 −4.4%
1900 33,830 2.8%
1910 33,647 −0.5%
1920 35,285 4.9%
1930 41,490 17.6%
1940 42,340 2.0%
1950 59,122 39.6%
1960 66,164 11.9%
1970 77,064 16.5%
1980 87,085 13.0%
1990 94,097 8.1%
2000 96,501 2.6%
2010 101,564 5.2%
2011(推計) 101,723 5.4%
2011 estimate

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 96,501 人
  • 世帯数: 36,420 世帯
  • 家族数: 19,120 家族
  • 人口密度: 78人/km2(203人/mi2
  • 住居数: 38,625 軒
  • 住居密度: 31軒/km2(81軒/mi2

人種別人口構成

先祖による構成

  • ドイツ系:12.4%
  • イギリス系:11.7%
  • アイルランド系:11.1%
  • イタリア系:9.2%
  • アメリカ人:6.0%

言語による構成[6]

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 19.0%
  • 18-24歳: 26.0%
  • 25-44歳: 26.2%
  • 45-64歳: 19.3%
  • 65歳以上: 9.6%
  • 年齢の中央値: 29歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 97.6
    • 18歳以上: 95.2

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 25.8%
  • 結婚・同居している夫婦: 41.2%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 8.2%
  • 非家族世帯: 47.5%
  • 単身世帯: 32.5%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 8.1%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.32人
    • 家族: 2.93人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 37,272米ドル
    • 家族: 53,041米ドル
    • 性別
      • 男性: 35,420米ドル
      • 女性: 27,686米ドル
  • 人口1人あたり収入: 19,659米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 17.6%
    • 対家族数: 6.8%
    • 18歳未満: 11.0%
    • 65歳以上: 5.4%

都市と町[編集]

  • キャロライン町
    • ブルックトンデール
    • キャロラインセンター
    • キャロラインデポ
    • スレータービル
    • スレータービルスプリングス
    • スピーズビル
  • ダンビー町
    • ダンビー
    • ウェストダンビー
  • ドライデン町
    • ドライデン村
    • フリービル村
    • イートナ
    • バーナ
    • ウェストドライデン
  • エンフィールド町
  • グロトン町
    • グロトン村
  • イサカ市 - 郡庁所在地
  • イサカ町
    • カユガハイツ村
    • イーストイサカ
    • フォレストホーム
    • ノースイーストイサカ
    • ノースウェストイサカ
    • サウスヒル
  • ランシング町
  • ニューフィールド町
    • ニューフィールド(ハムレット)
  • ユリシーズ町
    • ポダンク(ハムレット)
    • トルーマンズバーグ村

教育[編集]

  • コーネル大学
  • イサカ・カレッジ
  • トンプキンス・コートランド・コミュニティカレッジ

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Tompkins County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Ithaca, New York - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2013年4月13日閲覧。
  4. ^ Obama, McCain win in Tompkins County Ithaca Journal February 6, 2008
  5. ^ U.S. Election Atlas
  6. ^ [1]

参考文献[編集]

  • Jane M. Dieckmann, A Short History of Tompkins County (Ithaca, 1986)
  • W. Glenn Norris, The Origin of Place Names in Tompkins County (Ithaca, 1951)
  • The Towns of Tompkins County, Jane M. Dieckmann ed., (Ithaca, 1998)

外部リンク[編集]

座標: 北緯42度27分 西経76度28分 / 北緯42.45度 西経76.47度 / 42.45; -76.47