テイラー・スウィフト (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テイラー・スウィフト
テイラー・スウィフトスタジオ・アルバム
リリース
録音 2004年 - 2006年
ジャンル ポップカントリー
時間 <time datetime="日本盤(通常盤)
53:41
日本盤(デラックス・エディション)
55:25">日本盤(通常盤)
53:41
日本盤(デラックス・エディション)
55:25
レーベル ビッグマシン・レコード
プロデュース ネイサン・チャップマンロバート・エリス・オロール
チャート最高順位
  • 週間5位アメリカ[1]
  • 2008年度年間5位(アメリカ)[2]
  • 2007年度年間19位(アメリカ)[3]
  • 2009年度年間24位(アメリカ)[4]
  • 2010年度年間62位(アメリカ)[5]
  • 2011年度年間164位(アメリカ)[6]
  • 週間53位日本[7]
  • 2008年度年間45位全世界[8]
ゴールド等認定
テイラー・スウィフト 年表
テイラー・スウィフト
(2006年)
フィアレス
(2008年)
テイラー・スウィフト収録のシングル
  1. 「ティム・マックグロウ」
    リリース: 2006年6月19日 (2006-06-19)
  2. 「ティアドロップス・オン・マイ・ギター」
    リリース: 2007年2月24日 (2007-02-24)
  3. 「アワ・ソング」
    リリース: 2007年8月22日 (2007-08-22)
  4. 「ピクチャー・トゥ・バーン」
    リリース: 2008年1月29日 (2008-01-29)
  5. 「シュドゥヴ・セッド・ノー」
    リリース: 2008年5月19日 (2008-05-19)
テンプレートを表示

テイラー・スウィフト』(: Taylor Swift)は、アメリカ合衆国シンガー・ソングライターテイラー・スウィフト(当時16歳)の1枚目のスタジオ・アルバム

概要[編集]

本作はBillboard 200において初登場19位を記録。2008年1月19日付のチャートで最高位となる5位を記録。通算277週のチャートインを果たす記録的ロングセラー作となり、全米セールスは2015年7月現在、552万枚を記録[13]

このアルバムは2006年に発売された11曲収録の通常盤の他に、2007年と2008年の再発盤が存在する。現在は主に2008年盤が販売されている。

シングル[編集]

  • 1st「ティム・マックグロウ」2006年6月19日リリース / Billboard Hot 100 最高40位 / RIAA認定:プラチナ[14] / デビューシングル。
  • 2nd「ティアドロップス・オン・マイ・ギター」2007年2月24日リリース / Billboard Hot 100 最高13位 / RIAA認定:3×プラチナ[15] / PVでは(Radio Single Version)が使用されている。
  • 3rd「アワ・ソング」2007年8月22日リリース / Billboard Hot 100 最高16位 / RIAA認定:4×プラチナ[16]
  • 4th「ピクチャー・トゥ・バーン」2008年1月29日リリース / Billboard Hot 100 最高28位 / RIAA認定:2×プラチナ[17] / PVでは(Radio Edit)が使用されている。
  • 5th「シュドゥヴ・セッド・ノー」2008年5月19日リリース / Billboard Hot 100 最高33位 / RIAA認定:プラチナ[18] / オリジナルアルバムから発売された公式リリースのシングルで唯一PVが製作されていない。

収録曲[編集]

2006年盤[編集]

2006年リリース盤では一部で曲が異なり「ピクチャー・トゥ・バーン」及び「ティアドロップス・オン・マイ・ギター」が後にアルバムバージョンから差し替えられている。

ピクチャー・トゥ・バーン[編集]

アルバムバージョンとラジオエディットでは一部の歌詞が異なる。

"Album Version" That's fine; I'm tell mine you're gay and by the way...

"Radio Edit" That's fine; You won't mind if I say and by the way...

ティアドロップス・オン・マイ・ギター[編集]

アルバムバージョンとラジオシングルバージョンでは曲のアレンジ及び一部歌詞が異なる。

"Album Version" Drew talks to me, I laugh cuz it's so damn funny

"Radio Single Version" Drew talks to me, I laugh cuz it's just so funny

# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「ティム・マックグロウ」 テイラー・スウィフトリズ・ローズ
2. 「ピクチャー・トゥ・バーン」 スウィフト、ローズ
3. 「ティアドロップス・オン・マイ・ギター」 スウィフト、ローズ
4. 「ア・プレイス・イン・ディス・ワールド」 スウィフト、ロバート・エリス・オロールアンジェロ・ペトラグリア
5. 「コールド・アズ・ユー」 スウィフト、ローズ
6. 「アウトサイド」 スウィフト
7. 「タイド・トゥギャザー・ウィズ・ア・スマイル」 スウィフト、ローズ
8. 「ステイ・ビューティフル」 スウィフト、ローズ
9. 「シュドゥヴ・セッド・ノー」 スウィフト
10. 「メアリーズ・ソング」 スウィフト、ローズ、ブライアン・マー
11. 「アワ・ソング」 スウィフト

2007年盤[編集]

2007年再発盤は3曲の新曲とティム・マックグロウとの電話での会話を収録。DVD付。

日本盤(デラックス・エディション)と同じ収録曲。DVDは日本盤では収録数が少なくなっている。

# タイトル 作詞・作曲 時間
12. 「アイム・オンリー・ミー・ホエン・アイム・ウィズ・ユー」 スウィフト、オロール、ペトラグリア
13. 「インヴィジブル」 スウィフト、オロール
14. 「ア・パーフェクトリー・グッド・ハート」 スウィフト、ブルット・ジェームストロイ・バージズ
15. 「テイラーズ・ファースト・フォン・コール・ウィズ・ティム・マックグロウ」  

2008年盤[編集]

2008年再発盤は2007年盤の最終トラックが「ティアドロップス・オン・マイ・ギター」のポップ・バージョンに差し替えられている。

日本盤(通常盤)と同じ収録曲であるが、日本盤はエンハンスト仕様になっていない。

# タイトル 作詞・作曲 時間
15. 「ティアドロップス・オン・マイ・ギター」(POP VERSION) スウィフト、ローズ

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ Taylor Swift - Chart history Billboard”. 2015年12月13日閲覧。
  2. ^ 2008 Year End: Top Billboard 200 Albums”. 2015年12月13日閲覧。
  3. ^ 2007 Year End: Top Billboard 200 Albums”. 2015年12月13日閲覧。
  4. ^ 2009 Year End: Top Billboard 200 Albums”. 2015年12月13日閲覧。
  5. ^ 2010 Year End: Top Billboard 200 Albums”. 2015年12月13日閲覧。
  6. ^ 2011 Year End: Top Billboard 200 Albums”. 2015年12月13日閲覧。
  7. ^ テイラー・スウィフト テイラー・スウィフト ORICON STYLE”. 2015年12月13日閲覧。
  8. ^ IFPI Top 50 Global Best Selling Albums for 2008”. 2009年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月27日閲覧。
  9. ^ Gold & Platinum - RIAA”. 2016年1月5日閲覧。
  10. ^ BPI Certified Awards
  11. ^ Gold/Platinum - Music Canada
  12. ^ ARIA Charts - Accreditations - 2012 Albums
  13. ^ Taylor Swift's '1989' Hits 5 Million in U.S. Sales, Making It the Fastest-Selling Album In Over 10 Years”. 2016年1月17日閲覧。
  14. ^ Gold & Platinum - RIAA”. 2016年1月17日閲覧。
  15. ^ Gold & Platinum - RIAA”. 2016年1月17日閲覧。
  16. ^ Gold & Platinum - RIAA”. 2016年1月17日閲覧。
  17. ^ Gold & Platinum - RIAA”. 2016年1月17日閲覧。
  18. ^ Gold & Platinum - RIAA”. 2016年1月17日閲覧。

外部リンク[編集]