ゾフィー・ドロテア・フォン・ハノーファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゾフィー・ドロテア
Sophie Dorothea
プロイセン王妃
Queen Sophie Dorothea of Prussia.jpg
在位 1713年2月25日 - 1740年5月31日
別称号 ブランデンブルク選帝侯妃

出生 (1687-03-16) 1687年3月16日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Brunswick-Lüneburg Arms.svg カレンベルク侯領ハノーファー
死去 (1757-06-28) 1757年6月28日(70歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Wappen Mark Brandenburg.png ブランデンブルク選帝侯領ベルリンモンビジュー宮殿
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Wappen Mark Brandenburg.png ブランデンブルク選帝侯領ベルリン大聖堂
結婚 1706年
配偶者 フリードリヒ・ヴィルヘルム1世
子女 一覧参照
家名 ハノーヴァー家
父親 ハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒ
母親 ゾフィー・ドロテア
テンプレートを表示

ゾフィー・ドロテア・フォン・ハノーファー(Sophie Dorothea von Hannover, 1687年3月16日 - 1757年6月28日)は、プロイセン王およびブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルム1世の妃。ハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒ(のちのイギリス王ジョージ1世)とその妻ゾフィー・ドロテアの娘。イギリス王ジョージ2世の妹である。

生涯[編集]

1687年にハノーファーで生まれる。当時、ハノーファー公家はまだ選帝侯の資格もイギリス王位も獲得しておらず、父ゲオルク・ルートヴィヒはハノーファー公子という身分であった。1694年、母ゾフィー・ドロテアが不倫の末、幽閉されるという事件が起きる。1698年、父ゲオルクがハノーファー選帝侯となる。

1706年、プロイセン王フリードリヒ1世の子で、従弟である王太子フリードリヒ・ヴィルヘルムと結婚した。1713年、夫の即位によってプロイセン王妃となった。父ゲオルク・ルートヴィヒがイギリス王ジョージ1世となったのは翌1714年である。

夫フリードリヒ・ヴィルヘルムは父王とは対照的に愛人を持たなかったが、これも両親に似ず文化や芸術に無関心で粗野な無骨者であり、ゾフィー・ドロテアとの仲も決して良好なものではなく、吝嗇で粗野な夫に私生活ぶりまで抑圧された彼女の前半生は息の詰まるものだった。

子女[編集]

系譜[編集]

ゾフィー・ドロテア 父:
ジョージ1世 (イギリス王)
祖父:
エルンスト・アウグスト (ハノーファー選帝侯)
曽祖父:
ゲオルク (ブラウンシュヴァイク=カレンベルク公)
曽祖母:
アンナ・エレオノーレ
祖母:
ゾフィー
曽祖父:
フリードリヒ5世 (プファルツ選帝侯)
曽祖母:
エリザベス・ステュアート
母:
ゾフィー・ドロテア
祖父:
ゲオルク・ヴィルヘルム (ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公)
曽祖父:
ゲオルク (ブラウンシュヴァイク=カレンベルク公)
曽祖母:
アンナ・エレオノーレ
祖母:
エレオノール・ドルブリューズ
曽祖父:
アレクサンドル
曽祖母:
ジャケット
先代
ゾフィー・ルイーゼ
プロイセン王妃
1713年 - 1740年
次代
エリーザベト・クリスティーネ