ハノーファー君主一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハノーファー選帝侯から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハノーファー王家の紋章

ハノーファー君主一覧では、ハノーファーを中心とする領邦国家を統治した君主を列挙する。

ヴェルフ家が支配するブラウンシュヴァイク=リューネブルク公国は頻繁に一族間で領地の分割が行われた。このうち、カレンベルク侯領ゲッティンゲン侯領を相続したゲオルクハノーファーに拠点を移した。ゲオルクの息子であるエルンスト・アウグスト1692年選帝侯位を獲得し、それは居住地であるハノーファーに因んでハノーファー選帝侯と呼ばれるに至った。

次代のゲオルク・ルートヴィヒが1705年リューネブルク侯領を相続したことによりブラウンシュヴァイク=リューネブルクは再統一に近い形となった(ヴォルフェンビュッテル侯領は同族が治めていた)。さらにゲオルク・ルートヴィヒはイングランド王ジェームズ1世の曾孫であったことから、1714年にイギリス(グレートブリテン王国)の国王ジョージ1世として即位した。こうしてハノーヴァー朝が創始され、ハノーファーとイギリス同君連合体制が敷かれた。なお、選帝侯及び王家の名前として一般にハノーファーが使われているが、正式名称はブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯であり、家名も正式にはブラウンシュヴァイク=リューネブルク家(Hause of Brunswick-Lüneburg)の名がもっぱら使用された。

ゲオルク3世(ジョージ3世)の代にはフランス帝国によるハノーファー占領と1806年神聖ローマ帝国崩壊で選帝侯の地位を失った。1814年ウィーン会議の結果、ハノーファー王国が成立し、ゲオルク3世はその初代国王となる。1837年ヴィクトリアが即位したが、ハノーファーは女子の相続を認めないサリカ法を採用していたので、叔父のカンバーランド公エルンスト・アウグストがハノーファーの王位に就く事でイギリスとの同君連合は解消された。ただし、同君連合解消後もカンバーランド公及びイギリス王族の地位は認められた。エルンスト・アウグストの息子ゲオルク5世1866年に勃発した普墺戦争オーストリア側に就き、その結果ハノーファー王国はプロイセンに占領・併合されて滅びた。

ハノーファー選帝侯 (1692年 - 1814年)[編集]

肖像画 名前 統治期間と生没年 備考
Celle Schloss Ernest Augustus, Elector of Hanover 01.JPG エルンスト 1692年 - 1698年
*1629年 †1698年
ブラウンシュヴァイク=カレンベルク公ゲオルクの息子。1692年に選帝侯位を得て、初代ハノーファー(ブラウンシュヴァイク=リューネブルク)選帝侯となる。
GeorgeIKneller1714.jpg ゲオルク1世 1698年 - 1727年
*1660年 †1727年
兼連合王国国王。エルンスト・アウグストの息子。 1714年に連合王国の君主に推戴されてハノーヴァー朝を開き、ハノーファーは同君連合体制となる。
King George II by Charles Jervas.jpg ゲオルク2世 1727年 - 1760年
*1683年 †1760年
兼連合王国国王。ゲオルク1世の息子。1760年に死去した時には王太子フリードリヒ・ルートヴィヒは父に先立って死去していた。そのため王太子の息子であるゲオルク3世が王位を継ぐ事になった。
George III in Coronation Robes.jpg ゲオルク3世 1760年 - 1806年
*1738年 †1820年
兼連合王国国王。ゲオルク2世の孫。フランスによるハノーファー占領と1806年神聖ローマ帝国崩壊で選帝侯位を喪失。ウィーン会議の結果、1814年ハノーファー王国が創立され、その初代国王になる。晩年は息子達のスキャンダルに悩まされて精神に異常をきたして統治能力を完全に失った。
1806年 - 1814年 この期間はハノーファーはフランス衛星国であるヴェストファーレン王国の支配下に置かれた。

ハノーファー国王 (1814年 - 1866年)[編集]

肖像画 名前 統治期間と生没年 備考
George III in Coronation Robes.jpg ゲオルク3世 1814年 - 1820年
*1738年 †1820年
同上
George IV of the United Kingdom.jpg ゲオルク4世 1820年 - 1830年
*1762年 †1830年
兼連合王国国王。 ゲオルク3世の息子。
William.IV.of.Great.Britain.JPG ヴィルヘルム 1830年 - 1837年
*1765年 †1837年
兼連合王国国王。 ゲオルク4世の弟。
Ernest Augustus I of Hanover.PNG エルンスト・アウグスト 1837年 - 1851年
*1771年 †1851年
兼カンバーランド公。 ヴィルヘルムの弟。1837年に姪のヴィクトリアがイギリス女王の地位に就くが、ハノーファーでは女子相続を認めていなかったためにハノーファー王位に就く。ここにイギリスとの同君連合体制は終了したが、イギリス王族としての身分は以後も保持することを認められた。
Georgv.jpg ゲオルク5世 1851年 - 1866年
*1819年 †1878年
兼カンバーランド公。エルンスト・アウグストの息子。1866年普墺戦争の際にはオーストリア側に立ったことで、ハノーファーはプロイセンに占領・併合されて王位を失った。
1866年 - 1918年:王国滅亡後のハノーファー家は同族が統治していたブラウンシュヴァイク公国を統治することが認められ、それは1918年ドイツ帝国が崩壊するまで続いた。

関連項目[編集]