ゲオルク・ヴィルヘルム (ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲオルク・ヴィルヘルム

ゲオルク・ヴィルヘルムドイツ語:Georg Wilhelm, 1624年1月26日 - 1705年8月28日)は、ブラウンシュヴァイク=リューネブルクの1人で、カレンベルク侯(在位:1648年 - 1665年)、後にリューネブルク(在位:1665年 - 1705年)、ザクセン=ラウエンブルク公(在位:1689年 - 1705年)。カレンベルク侯ゲオルクと妃アンナ・エレオノーレ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタットの次男。クリスティアン・ルートヴィヒの弟、ヨハン・フリードリヒデンマークノルウェーフレデリク3世ゾフィー・アマーリエエルンスト・アウグストの兄。イギリス王ハノーファー選帝侯ジョージ1世ゾフィア・ドロテアの父。

1648年に兄でカレンベルク侯のクリスティアン・ルートヴィヒが伯父フリードリヒ4世からリューネブルク侯領を相続すると、ゲオルク・ヴィルヘルムにカレンベルク侯領を譲った。兄が1665年に死ぬとゲオルク・ヴィルヘルムはリューネブルク侯領を引き継ぎ、カレンベルク侯領はすぐ下の弟ヨハン・フリードリヒに譲渡した。1689年にザクセン=ラウエンブルク公ユリウス・フランツが亡くなると、軍勢を派遣して領土を占領した。1693年に甥に当たるデンマーク・ノルウェー王クリスチャン5世ハンブルクで和議を結び、ザクセン=ラウエンブルク公領の領有を認められた。

ゲオルク・ヴィルヘルムは長く独身であったが、フランス人の愛妾エレオノール・ドルブリューズ(ヴィルヘルムスブルク伯爵夫人)と、エレオノールに産ませた娘ゾフィア・ドロテアを1676年に正式な妻子として認知した為、親族達から猛抗議を受けた。彼が独身を通す事で、リューネブルク侯家の領土の拡散を防ぐ予定だったからである。しかし、1682年にゲオルク・ヴィルヘルムの1人娘ゾフィア・ドロテアが、ゲオルク・ヴィルヘルムの末弟エルンスト・アウグストと妃ゾフィーの息子ゲオルク・ルートヴィヒ(後のイギリス王ジョージ1世)と結婚した事で領土拡散の恐れは解消された。

1705年、ゲオルク・ヴィルヘルムが死去した後、リューネブルク侯領とザクセン=ラウエンブルク公領はゲオルク・ルートヴィヒが相続した。1679年にヨハン・フリードリヒが死去した事もあり、リューネブルク侯家の領土はゲオルク・ルートヴィヒに一括相続され、ハノーファー選帝侯領の一部となった。血統もゾフィア・ドロテアが生んだ孫ゲオルク・アウグスト(後のジョージ2世)を通してハノーヴァー朝に受け継がれて行った。

爵位・家督
先代:
クリスティアン・ルートヴィヒ
カレンベルク
1648年 - 1665年
次代:
ヨハン・フリードリヒ
先代:
クリスティアン・ルートヴィヒ
リューネブルク
1665年 - 1705年
次代:
ゲオルク・ルートヴィヒ
先代:
ユリウス・フランツ
ザクセン=ラウエンブルク公
1689年 - 1705年
次代:
ゲオルク・ルートヴィヒ