エリーザベト・クリスティーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル (1715-1797)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エリーザベト・クリスティーネ
Elisabeth Christine
ブラウンシュヴァイク=ベーヴェルン家
Koningin elisabeth christine.jpg
エリーザベト・クリスティーネ(1739年)
称号 プロイセン王妃
出生 1715年11月8日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Armoiries de La Falloise.svg ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯領ヴォルフェンヴュッテル
死去 (1797-01-13) 1797年1月13日(81歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
プロイセン王国の旗 プロイセン王国
Flag of Brandenburg (1660–1750).svg ブランデンブルク選帝侯領ベルリン王宮
配偶者 フリードリヒ2世
父親 フェルディナント・アルブレヒト2世
母親 アントイネッテ・アマーリエ
テンプレートを表示

エリーザベト・クリスティーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル=ベーヴェルンドイツ語: Elisabeth Christine von Braunschweig-Wolfenbüttel-Bevern, 1715年11月8日 - 1797年1月13日)は、プロイセン王フリードリヒ2世の妃。父はブラウンシュヴァイク=ベーヴェルン公ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯を継いだフェルディナント・アルブレヒト2世、母はブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯ルートヴィヒ・ルドルフの娘アントイネッテ・アマーリエ

生涯[編集]

1733年に17歳で王太子フリードリヒと結婚した。同じ年にエリーザベトの兄カールがフリードリヒの妹フィリッピーネ・シャルロッテと結婚している。

夫フリードリヒはエリーザベトを完全に遠ざけていたため、夫婦生活は皆無であり、当然子供はできなかった。父王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世が死去した後、王位を継承した夫フリードリヒ2世はエリーザベトを王妃にしたものの、彼女と完全に別居するようになった。エリーザベトは美しい容姿で、信仰心が篤く善良な人柄であったが、フリードリヒは終生彼女に関心を持つことがなかった。控えめな性格でもあった彼女は、王に顧みられることの全く無い境遇を甘んじて受け入れ、かつひたすら夫を深く尊敬し続け、1786年のフリードリヒの死に際しては人一倍悲しんだと言われる。

エリーザベト・クリスティーネ自身は子を生さなかったが、妹ルイーゼ・アマーリエが夫フリードリヒの弟アウグスト・ヴィルヘルムと結婚し、フリードリヒの後継者フリードリヒ・ヴィルヘルム2世らをもうけている。フリードリヒ・ヴィルヘルム2世は1797年11月に死去するが、エリーザベト・クリスティーネは同じ年の1月に81歳の高齢で死去している。

ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家の親族[編集]

神聖ローマ皇帝カール6世の皇后でマリア・テレジアを産んだ同名のエリーザベト・クリスティーネは、同じブラウンシュヴァイク=リューネブルク家の出身で、母方の伯母に当たる。また、フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の最初の妻で同名のエリーザベト・クリスティーネは、長兄カールの娘である。兄弟姉妹にはカールと上記のルイーゼ・アマーリエの他、次兄にロシア皇帝イヴァン6世の父アントン・ウルリヒが、末妹にデンマーク王フレゼリク5世の後妻ユリアーネ・マリーがいる。

父方の叔父であるブラウンシュヴァイク=ベーヴェルン公エルンスト・フェルディナントの長男アウグスト・ヴィルヘルムは、フリードリヒ2世の下で軍人として活躍した。

先代:
ゾフィー・ドロテア
プロイセン王妃
1740年 - 1786年
次代:
フリーデリケ