ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル君主一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1645年のブラウンシュヴァイク公爵領

ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯領ブラウンシュヴァイク公国の侯領に含まれており、その歴史は幾多にも亘る分割と再統一とで特徴付けられている。ヴェルフ家ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家)の様々な系統が1806年神聖ローマ帝国崩壊までブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルを統治した。ウィーン会議の結果、後継国家として1814年ブラウンシュヴァイク公国が設立された。

本記事はブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯の一覧を示す。“ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯”の称号について補足すると、全ての侯(単なる統治者ではない)は同時に“ブラウンシュヴァイク=リューネブルク侯”の称号も使用していた。


ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯[編集]

統治期間 名前
1267年 - 1279年 アルブレヒト1世1236年 - 1279年)はブラウンシュヴァイク=リューネブルク公オットー1世の長男。1269年、弟のヨハンと領土を分割、ヨハンはリューネブルク侯領を、アルブレヒト1世はヴォルフェンビュッテル侯領を領有、古ブラウンシュヴァイク家を創立した。
1279年 - 1291年 アルブレヒト1世の3人の息子ハインリヒ1世アルブレヒト2世ヴィルヘルム1世の共同統治。
1291年に相続争いを解決するために公国の更なる分割が行われた。ハインリヒ1世はグルベンハーゲン侯領が、アルブレヒト2世はゲッティンゲン侯領が、ヴィルヘルム1世はブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル周辺を与えられた。しかし、1292年にヴィルヘルム1世が死ぬとその相続を巡って争いが勃発した。最終的にハインリヒ1世はグルベンハーゲンをアルブレヒト2世のブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルに残すことを撤回した。
統治期間 名前
1291年 - 1292年 ヴィルヘルム1世1270年 - 1292年
1292年 - 1318年 アルブレヒト2世1268年 - 1318年
1318年 - 1344年 アルブレヒト2世が死ぬと3人の息子オットーエルンスト1世マグヌス1世が侯領を分割した。1344年にオットーが子を残さずして死ぬと弟であるエルンスト1世とマグヌス1世が領地を分割した。エルンスト1世がゲッティンゲンを含むオバーワルドを、マグヌス1世はブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルの一帯を統治した。
1344年 - 1369年 マグヌス1世1304年 - 1369年
1369年 - 1373年 マグヌス2世1324年 - 1373年)の治世、同族のリューネブルク侯ヴィルヘルム2世の死がきっかけでアスカーニエン家アルブレヒト3世と衝突、リューネブルク継承戦争1370年 - 1388年)が発生した。この争いは息子のフリードリヒ1世ベルンハルト1世によって引き継がれた。
1373年 - 1400年 フリードリヒ1世1357年 - 1400年)はリューネブルク継承戦争を終結させ、弟のベルンハルト1世とハインリヒ1世にリューネブルク侯領を相続させたが、1400年にフリードリヒ1世がフリッツラー付近で暗殺された事でヴォルフェンビュッテルは1409年までハインリヒ1世とベルンハルト1世の共同統治となった。
1400年 - 1409年 ハインリヒ1世1416年に死去)は中ブラウンシュヴァイク家を創立し、それは2人の息子ヴィルヘルム1世ハインリヒ2世によって初期に分割された。
1400年 - 1428年 ベルンハルト1世1434年に死去)はリューネブルク侯領を相続してハノーヴァー家の始祖となった。
1416年 - 1482年 ヴィルヘルム1世1392年 - 1482年
1482年 - 1491年 ヴィルヘルム2世1425年 - 1503年
1491年 - 1514年 ハインリヒ1世1463年 - 1514年
1514年 - 1568年 ハインリヒ2世1489年 - 1568年)の許で中世の要塞都市はの中で建てられた。ハインリヒ2世はカトリックであり、ルター派への熱心な対抗者で、シュマルカルデン同盟に対抗するカトリック同盟をバックに力を行使した。但し、プロテスタントに改宗した3番目の息子の廃嫡は実行できなかった。
1568年 - 1589年 ユリウス1528年 - 1589年)は街の偉大な建築者であり、要塞から最初の体系的に設計されたルネサンス風の町を生み出した。1572年図書館を設立し、その今日の名前はアウグスト若公の重要な収集物に遡る。1576年にはヘルムシュテット大学を設立し、ヘッセン=アム=ファルシュタインに教会を建てた。16世紀初頭に要塞の稜堡を補強した。カレンベルク、ゲッティンゲン、デポルツを購入した。ユリウスはプロテスタントであった。
1589年 - 1613年 ハインリヒ・ユリウス1564年 - 1613年)の許でヴォルフェンビュッテルは文化の絶頂を迎えた。ハインリヒ・ユリウスはハルバーシュタット司教であり、ヘルムシュテット大学の総長であり、荘園領主の長であり、練金術師であり、狩人であり、作家でもあった。
1613年 - 1634年 フリードリヒ・ウルリヒ1591年 - 1634年
中ブラウンシュヴァイク家のヴォルフェンビュッテル系は1634年に断絶した。称号はリューネブルク家の古い支流に渡った(新ブラウンシュヴァイク家)。
1635年 - 1666年 アウグスト2世1579年 - 1666年)はヴォルフェンビュッテルに拠点を移した。アウグスト2世はバロック風の劇場アウグスト公爵図書館を設立した。
1666年 - 1704年 ルドルフ・アウグスト1627年 - 1704年)は資料によると1677年にレクルム要塞を通じるやり方(「古い方法」)で削除した。later the "Barock Road" between the Lustschloss of Antoinettenruh via the little barock castle [later the Sternhaus] to the Großes Weghaus at Stöckheim; in 1671 he captured the town and fortress of Brunswick
1685年 - 1714年 アントン・ウルリヒ1633年 - 1714年)は政治家であり、絵と詩を愛し、ブラウンシュヴァイクに後に自分の名前が課せられる美術館を創立し、サルズダクルム城を建てた。
1714年 - 1731年 アウグスト・ヴィルヘルム1662年 - 1731年
1731年 - 1735年 ルートヴィヒ・ルドルフ1671年 - 1735年
ヴォルフェンビュッテル系は1735年に断絶した。称号は傍系のブラウンシュヴァイク=ベーヴェルン家が継承した。
1735年 フェルディナント・アルブレヒト2世1680年 - 1735年)はベーヴェルン公フェルディナント・アルブレヒト1世の子であり、1735年に亡くなったヴォルフェンビュッテル公ルートヴィヒ・ルドルフの従弟かつ婿と言う関係でヴォルフェンビュッテルを相続したが、同年に急死。ヴォルフェンビュッテルは息子(ルートヴィヒ・ルドルフの外孫)のカール1世が、ベーヴェルンは弟のエルンスト・フェルディナントがそれぞれ継いだ。
1735年 - 1780年 カール1世1713年 - 1780年)はブラウンシュヴァイクにブラウンシュヴァイク技術大学を創立し、フュルシュテンベルクの磁器の製造者であり、公務の鬼であった。1753年にブラウンシュヴァイクに居住を映した。
1780年 - 1806年 カール(2世)・ヴィルヘルム・フェルディナント1735年 - 1806年)はプロイセン軍の将軍であり、イエナ・アウエルシュタットの戦いで戦死した。相続するはずだった息子は若くして死に、他の2人の息子は不適任だったので、最も若い息子に支配権が移った。
1806年 - 1807年 フリードリヒ・ヴィルヘルム1771年 - 1815年)はエールス公であり、“黒公爵”と呼ばれた。フリードリヒ・ヴィルヘルムはドイツ義勇軍を募り、黒軍を組織した。黒軍は1809年ボヘミアでゲリラ活動を行い、ブラウンシュヴァイクと北海経由で連合王国に落ち延びた。
1807年 - 1813年 フランス帝国衛星国であるヴェストファーレン王国に占領された。
1814年ブラウンシュヴァイク公国が設立された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Wilhelm Havemann: Geschichte der Lande Braunschweig und Lüneburg. 3 Bände. Nachdruck. Hirschheydt, Hanover 1974/75, ISBN 3-7777-0843-7 (Originalausgabe: Verlag der Dietrich'schen Buchhandlung, Göttingen 1853-1857, online near Google Books)
  • Hans Patze (Begr.): Geschichte Niedersachsen. 7 Bände. Hahnsche Buchhandlung, Hanover 1977- (Veröffentlichungen der Historischen Kommission für Niedersachsen und Bremen, 36) (Übersicht des Verlags)
  • Gudrun Pischke: The Landesteilungen der Welfen im Mittelalter. Lax, Hildesheim 1987, ISBN 3-7848-3654-2