フィリッピーネ・シャルロッテ・フォン・プロイセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィリッピーネ・シャルロッテ・フォン・プロイセン
Philippine Charlotte von Preußen
Princess philippine charlotte of prussia.jpg
出生 (1716-03-13) 1716年3月13日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国ベルリン
死去 (1801-02-17) 1801年2月17日(84歳没)
配偶者 ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公カール1世
子女 一覧参照
父親 プロイセンフリードリヒ・ヴィルヘルム1世
母親 ゾフィー・ドロテア・フォン・ハノーファー
テンプレートを表示
公妃フィリッピーネ・シャルロッテ

フィリッピーネ・シャルロッテ・フォン・プロイセンPhilippine Charlotte von Preußen, 1716年3月13日 - 1801年2月17日)は、ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公カール1世の妃。プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世と王妃ゾフィー・ドロテアの三女として、ベルリンで生まれた。

1733年、当時公世子であったカールと結婚、13子をもうけた[1]

子女[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Genealogy Index: Welf 6”. 2007年10月13日閲覧。