エリーザベト・クリスティーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル (1746-1840)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エリーザベト・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル
Elisabeth von Braunschweig-Wolfenbüttel
プロイセン王太子妃
Elisabeth Christine Ulrike von Braunschweig-Wolfenbüttel, 1765.jpg
エリーザベト(ヨハン・ゲオルグ・ジエセニス画、1765年頃)
全名 エリーザベト・クリスティーネ・ウルリケ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル
身位 王太子妃
出生 (1746-11-09) 1746年11月9日
Armoiries de La Falloise.svg 神聖ローマ帝国ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯領、ヴォルフェンビュッテル
死去 (1840-02-18) 1840年2月18日(93歳没)
プロイセン王国の旗 プロイセン王国シュテッティン
埋葬 1849年7月19日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国シュテッティン
配偶者 フリードリヒ・ヴィルヘルム2世
子女 フリーデリケ・シャルロッテ
父親 カール1世
母親 フィリッピーネ
テンプレートを表示

エリーザベト・クリスティーネ・ウルリケ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルElisabeth Christine Ulrike von Braunschweig-Wolfenbüttel,1746年11月9日-1840年2月18日)は、プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の最初の妃。夫の即位以前に結婚を解消されたため、王妃にはならなかった。

生涯[編集]

ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯カール1世とその妃であったプロイセン王女フィリッピーネの三女として生まれた。プロイセン王フリードリヒ2世の王妃で同名のエリーザベト・クリスティーネは父方の叔母に当たる。

1765年7月、当時プロイセン王子だった従兄のフリードリヒ・ヴィルヘルムと結婚した。フリードリヒ・ヴィルヘルムとの間に1女をもうけた。

1769年、エリーザベトの不義密通を理由としてエリーザベトとフリードリヒ・ヴィルヘルムの結婚は解消された。エリーザベトはシュテッティンの自邸に押し込められ、1840年に死去するまでの71年間囚われの身で過ごした。