ゼンゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゼンゴー
出身地 和歌山市
言語 日本語
芸風 ものまね
事務所 フリーランス
現在の代表番組 ものまねグランプリ

ゼンゴー1978年5月16日 - )は、日本のお笑い芸人。ピン芸人。主にモト冬樹のものまね芸人として活動。営業ではもっとふゆきという名前で活動している。また、ニコラスケイジのものまねの際はニセマスケイジを使用。

本名は後善一。出身地は和歌山市。

経歴[編集]

2013年1月グレープカンパニー退社。

相方ふじきイェイ!イェイ!のすすめで墓参り(先祖供養)し、そのあとすぐにテレビ出演が決まった。 それ以降、お墓参りごとにテレビ出演が決まる。 後輩に相談されると、お墓参りを進めている営業と墓参りが重なり墓参りを選び相方を1人で営業にいかせたが、それ以降営業を優先にしている。 ふじきイェイ!イェイ!ブログからもゼンゴーは、運とお墓参り担当と書かれている。

グレープカンパニー時代、現サンドウィッチマンマネージャーはやっさんのおかげで、サンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)に可愛がってもらった。自分は、ラッキーな男だと言っていた。

芸人として人としてサンドウィッチマンを尊敬している。

2012年ものまねグランプリ30秒コーナーで見事30秒披露し、ものまね四天王コロッケに誉めて貰ったことがきっかけで、ものまね芸人に転向するきっかけになったらしい。尊敬しているサンドウィッチマンから離れるのが嫌で、かなり葛藤したらしいが、サンドウィッチマンがものまねで頑張れと背中を押してくれたと、本人があかしている。

2013年2月から、ものまね芸人に専念するからとキンタロー。の彼氏河口こうへいの家に住むようになる。

当初カツラを使っていたが、ツートン青木に剃った方がいいと言われ剃るようになる。現在カツラを使っていない。 カツラはオーダーメイドで夏に発注し完成した秋には肌とカツラの肌の色が違いすぎてバカにされていた。

ビジーフォーグッチ裕三モト冬樹から公認を貰っている。

2012年10月から都内ショーレストランそっくり館キサラ、小岩ヒットパレードなどで活動中。

テレビ[編集]

関連項目[編集]