スリナムの軍事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スリナム軍
Nationaal Leger
創設 1975年
指揮官
最高司令官 第9代大統領 デシ・ボーターセ
総人員
兵役適齢 18歳から
現総人員 1,840人[1]
財政
軍費/GDP 0.7%(2007)
テンプレートを表示

スリナム軍(スリナムぐん)は、スリナム軍事組織である。

2007年時点で総員1,840人[2]

歴史[編集]

オランダの領有後、スリナムの防衛はオランダ陸軍が担うこととなる。オランダ領アンティルの防衛はオランダ海軍が担当した。このためスリナムには別個に「Troepenmacht in Suriname 」(スリナム部隊)が組織された。1975年の独立と共にこの部隊は「Surinaamse Krijgsmacht(SKM)」(スリナム国防軍)に改編された。1980年2月25日、16人の下級将校・下士官団がクーデターを起こし政府を転覆させた。その後、国防軍は「Nationaal Leger (NL)」(国軍)に改編される。

1991年の民政移管の後にオランダは軍事援助を再開した。近年、アメリカ合衆国は文民政権の下での軍の役割を、より良く理解促進させるため将校と政策担当者に対する教育を提供する。1990年代半ばから中華人民共和国が軍備と兵站資材の提供を行なう。

組織[編集]

スリナム軍は、国防大臣の管轄の下、国軍と小規模な文民警察から成る。人員は2,200人[3]で、軽歩兵保安隊として展開している。部隊は1個騎兵中隊、1個歩兵連隊(4個中隊制)、1個憲兵中隊から成る。このほかに、200人から成る小規模な空軍、240人から成る海軍、他に憲兵隊が存在する。

装備[編集]

車両[編集]

小火器[編集]

火砲[編集]

航空機[編集]

艦艇[編集]

過去に保有していた艦艇については「スリナム海軍艦艇一覧」を参照。

パラマリボに基地を有する。

  • PBR × 5隻
  • PCI × 3隻

歴代総司令官[編集]

  • イングー・エルスターク(Yngwe Elstak)、1975年11月25日 - 1980年2月25日
  • デシ・ボーターセ(Desi Bouterse)、1980年2月25日 - 1992年12月3日
  • イワン・グラノースト英語版(Iwan Graanoogst)、1992年12月3日 - 1993年5月15日、暫定
  • アールティ・ゴレー(Arthy Gorré)、1993年5月15日 - 1995年6月30日
  • グレン・セドニー(Glenn Sedney)、1995年6月30日 - 2001年7月1日
  • エルンスト・メルクリール(Ernst Mercuur)、2001年7月1日 -

脚注[編集]

  1. ^ Military Balance 2007
  2. ^ Military Balance 2007
  3. ^ 英語版 22:42, 21 August 2009版

参考文献[編集]

  • Christopher Langton, Military Balance 2007, Routledge