エクアドルの軍事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エクアドル軍
Fuerzas Armadas de Ecuador
創設 1830年
派生組織 エクアドル陸軍
エクアドル海軍
エクアドル空軍
本部 国軍合同司令部
指揮官
最高司令官 第55代大統領 ラファエル・コレア
国防大臣 ハビエル・ポンセ(Javier Ponce)
参謀長 ファビアン・バレラ・モンカジョ陸軍中将(Fabián Varela Moncayo)
総人員
兵役適齢 18歳から
徴兵制度 徴兵制
現総人員 56,500人(2007)
予備役118,000人(2007)[1]
財政
予算 16億9千万USドル(FY08)
軍費/GDP 3.41%(FY08)
関連項目
歴史 グラン・コロンビア=ペルー戦争スペイン語版英語版
エクアドル・ペルー戦争 (1858年 - 1860年)スペイン語版英語版
エクアドル・コロンビア戦争en:Ecuadorian-Colombian War
チンチャ諸島戦争スペイン語版英語版
エクアドル自由主義革命es:Revolución Liberal de Ecuador
エクアドル・ペルー戦争 (1941年 - 1942年)スペイン語版英語版
en:Paquisha War
セネパ紛争英語版
階級 エクアドル軍の階級
テンプレートを表示

エクアドル軍(エクアドルぐん、西:Fuerzas Armadas de Ecuador)は、エクアドル軍隊である。

2007年時点で総員56,500人、予備役118,000人[2]

エクアドル大統領の指揮の下、国防大臣を通じて文民統制を受ける。国防省傘下の陸海空の三軍がある。

徴兵制を採用しており、成人男子は18歳以降に12ヶ月間服務する。

組織構成[編集]

国軍は大統領を最高司令官とし、国防戦略の意思決定機関として閣僚、三軍の参謀総長、国会議長および最高裁判官が出席する国家安全保障会議(Consejo de Seguridad Nacional)があり、国防省傘下の国軍合同司令部(Comando Conjunto de las Fuerzas Armadas)の下で調整運用される。

陸軍[編集]

陸軍は4個師団を基幹に約47,000人[3]が所属し、その他の部隊・機関から成る。西側諸国製兵器が多い。

Fuerzas Armadas del Ecuador , Centro Histórico, Quito


海軍[編集]

海軍は2隻の潜水艦と2隻のフリゲートを中心に哨戒艇などの艦艇を有している。国内を3つの海軍管区に区分し、内陸のアマゾン川など内水河川の防衛警備も担当している。この他にヘリコプターを主力とする海軍航空隊や約1,700人規模の海兵隊および1980年に創設された小規模な沿岸警備隊がある。また経営陣の人事刷新により国営石油企業であるペトロエクアドルの運営にも関わっている。

空軍[編集]

空軍は4個の航空団とその他の部隊・機関から成る。通常の軍務のみならず、民間航空行政や航空関連の企業活動も行なっている。

国際活動[編集]

エクアドル軍は以下の国際活動に参加した実績がある。

脚注[編集]

  1. ^ Military Balance 2007
  2. ^ Military Balance 2007
  3. ^ MB.2007

参考文献[編集]

  • Christopher Langton, Military Balance 2007, Routledge

外部リンク[編集]