パラグアイの軍事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
パラグアイ軍
Fuerzas Armadas de Paraguay
Coat of arms of Paraguay.svg
派生組織 パラグアイ陸軍
パラグアイ海軍
パラグアイ空軍
指揮官
最高司令官 第52代大統領 フェルナンド・ルゴ
総人員
兵役適齢 18歳から
徴兵制度 徴兵制
現総人員 10,100人(2007)
予備役164,500人(2007)[1]
財政
予算 12億5千万USドル(FY98)
軍費/GDP 1.4%(FY98)
関連項目
歴史 パラグアイ独立戦争es:Expedición Libertadora al Paraguay
三国同盟戦争
チャコ戦争
パラグアイ内戦
コンドル作戦en:Operation Condor
階級 パラグアイ軍の階級
テンプレートを表示

パラグアイ軍(パラグアイぐん、西:Fuerzas Armadas de Paraguay)は、パラグアイ軍事組織

2007年時点で総員10,100人、予備役164,500人[2]

パラグアイ大統領の指揮の下、国防大臣を通じて文民統制を受ける。国防省傘下の陸海空の三軍がある。

徴兵制を採用しており、成人男子は18歳の誕生年から1年間服務するとされる。

2005年7月、マリスカル・エスティガリビア空軍基地(Mariscal Estigarribia)にアメリカ合衆国軍特殊部隊による軍事援助団が到着した[3]

組織構成[編集]

陸軍[編集]

陸軍は3個軍団に9個師団を基幹部隊としているが常備軍としての規模は約7,000人と小さく、保有装備も旧式化したものが多い。

海軍[編集]

海軍は内水河川の防衛警備に必要な艦艇を有し、小規模な海軍航空隊海兵隊を有する。

空軍[編集]

空軍は1個の航空旅団とその他の部隊・機関から成る。

国際活動[編集]

以下の国際活動に参加した実績がある。

脚注[編集]

  1. ^ Military Balance 2007
  2. ^ Military Balance 2007
  3. ^ CIP.Americas ProgramU.S. Military Moves in Paraguay Rattle Regional Relations Archived 2007年6月24日, at WebCite2005年12月14日

参考文献[編集]

  • Christopher Langton, Military Balance 2007, Routledge

外部リンク[編集]