スノーブラザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スノーブラザーズ
ジャンル 固定画面アクション
対応機種 アーケード
開発元 東亜プラン
発売元
音楽 太田理
シリーズ スノーブラザーズシリーズ
人数 1 - 2人(同時プレイ)
メディア 業務用基板(800キロバイト
稼働時期
  • INT 1990年4月 (1990-04)
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU MC68000 (@ 8 MHz)
サウンド Z80 (@ 6 MHz)
YM3812 (@ 3 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
256×224ピクセル
57.50Hz
パレット256色
テンプレートを表示

スノーブラザーズ』 (Snow Bros.) は1990年東亜プランから稼動されたアーケードゲーム。ジャンルは固定画面タイプのアクションゲーム

日本国外では『Snow Bros. - Nick & Tom』(スノーブラザーズ - ニック&トム)のタイトルで稼働された。

概要[編集]

この作品はシューティングゲームの老舗として広く知られた同社がそれまでに発売してきた作品とは明らかに一線を画する。

登場キャラクターは、三頭身のかわいらしいキャラクターとなっている。それに合わせて敵キャラクターの多くもデフォルメされて描かれている。

後に稼動をされた『おてんきパラダイス』(副題:スノーブラザーズ2、1994年)が事実上東亜プランの最後の作品となった(稼動直前に倒産したため、販売元は異なる)。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

以下の3種類のアクションにより構成される。

  1. レバー操作で自機を左右に移動、およびボタン1でジャンプ。
  2. 敵キャラクターをショット(ボタン2)で雪玉に固め、それを蹴飛ばして倒す。
  3. もしくは、その雪玉を転がしている最中に、他の敵キャラクターを巻き込み、倒す。 

巻き込まれて倒された敵キャラクターはアイテム・寿司のどちらかが出る。(ネタによって得点が異なる。)

更に1個の雪玉で画面上の敵を一掃すると上から「ご祝儀袋」として1万点のアイテムが降ってくる。 (連鎖的に他の雪玉を巻き込んでも良い。また、祝儀袋の個数はステージにより異なる。)

それぞれのステージ最終面にはボスキャラが登場し、雪玉を規定回数当てると面クリア。1ステージは10面、全5ステージで全50面。

アイテム[編集]

  • 赤:自機のスピードアップ
  • 黄:ショットの射程が長くなる
  • 青:ショットのパワーアップ
  • 緑:一定時間巨大になり、無敵
  • プレイヤーの顔マーク:一時的に敵の動きが止まった後に、別の4匹の丸形モンスターが現れる。雪玉にすると文字が浮かび上がり、蹴り飛ばすとその文字が手に入る。(モンスターを雪玉でひき殺した場合は無効。)「S」「N」「O」「W」と集めると1UP。

テクニック[編集]

  • 敵を閉じ込めた雪玉は押して移動させることができる。
  • 雪玉に乗ってジャンプすることができる。これを利用して普通のジャンプでは届かないところに移動できる。
  • 雪玉に巻き込まれた直後は、一定時間無敵。

その他[編集]

移動システムや、敵の状態を変化させて巻き込んで倒す、といった特徴は、タイトーフェアリーランドストーリー』(1985年)、『バブルボブル』(1986年)、『ドンドコドン』(1989年)等で一般化されたものを踏襲している。同様のタイトルにはデータイーストの『タンブルポップ』(1992年)等が挙げられる。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 スノーブラザーズJr.
  • 日本 1991年5月24日 (1991-05-24)
  • アメリカ合衆国 1992年1月
  • ヨーロッパ 1992年
ゲームボーイ 東亜プラン
ロムカセット
  • 日本 DMG-SJJ
  • アメリカ合衆国 DMG-SJ-USA
  • ヨーロッパ DMG-SJ-UKV
-
2 スノーブラザーズ
  • 日本 1991年12月6日 (1991-12-06)
  • アメリカ合衆国 1991年
ファミリーコンピュータ 東亜プラン
  • 日本 東亜プラン
  • アメリカ合衆国 カプコンUSA
2メガビットロムカセット
  • 日本 TOA-7L
-
3 スノーブラザーズ
  • 日本 1993年5月28日 (1993-05-28)
メガドライブ 東亜プラン テンゲン 8メガビットロムカセット[1] T-48083 -
4 スノーブラザーズ
  • INT 2012年4月13日 (2012-04-13)
iPhone(iOS)
Android
Isac Entertainment Isac Entertainment ダウンロード - -
ファミリーコンピュータ版
  • 東亜プランが発売した唯一のファミコンソフト。
メガドライブ版
  • 全7ステージ・全70面に変更されている。ステージ5クリア時にプリプリ姫とプチプチ姫を救出するかわりに主人公のニックとトムが敵に捕まり、以後は姫が操作キャラクターになる。

スタッフ[編集]

ファミリーコンピュータ版
  • 企画:古川裕章
  • キャラクター・デザイン:清水由美子、ないとうさなえ、たかだゆうこ
  • 音楽:太田理、上村建也、すずきみきこ
  • チーフ・プログラマー:曽木洋一
  • プログラマー:さいとうけいいち、はまだのりひと、かわむらみさこ
  • スペシャル・サンクス:マイム・モンタナ、NANNINI MASAKO
  • ディレクター:高野健一

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 23/40点 (GB)[2]
24/40点 (FC)[3]
23/40点 (MD)[4]
ファミリーコンピュータMagazine 19.7/30点 (GB)[5]
19.7/30点 (FC)[6]
メガドライブFAN 20.0/30点 (MD)[7]
メガドライブ大全 肯定的 (MD)[8]
受賞
媒体 受賞
第4回ゲーメスト大賞 年間ヒットゲーム 48位 (AC)[9]
アーケード版

ゲーム誌『ゲーメスト』(新声社)誌上で行われていた「第4回ゲーメスト大賞」(1990年度)において年間ヒットゲーム48位を獲得した[9]

ゲームボーイ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計23点(満40点)[2]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.7点(満30点)となっている[5]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.6 3.1 3.3 3.2 3.3 3.3 19.7
ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計24点(満40点)[3]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.7点(満30点)となっている[6]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.5 3.2 3.1 3.4 3.3 3.2 19.7
メガドライブ版
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では7・5・6・5の合計23点(満40点)となっている[4]
  • ゲーム誌『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、20.0点(満30点)となっている[7]
項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.9 3.3 3.2 3.4 3.2 3.0 20.0
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、「水晶の塔やお姫様のいる絵本のようなデモにハードロック系BGMが被る、へんてこな取り合わせが東亜プランらしいアクションゲーム」、「スノーブラザーたちは怒り肩だわ、アイテムの中に寿司が混じってるわ、スピードアップを取ると手足をジタバタさせるわと、奇妙な味わいを覚えると病みつきに」、「メガドラ版は、さらわれたお姫様が戦うステージが追加されている。パスワードによるコンティニュー制もあって親切だ」と評している[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 13頁。
  2. ^ a b スノーブラザーズジュニア まとめ [ゲームボーイ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年3月13日閲覧。
  3. ^ a b スノーブラザーズ まとめ [ファミコン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年3月13日閲覧。
  4. ^ a b スノーブラーザーズ まとめ [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年3月13日閲覧。
  5. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 489頁、 ISBN 雑誌26556-4/15
  6. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 68頁、 ISBN 雑誌26556-4/15
  7. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 852頁、 ISBN 雑誌26556-4/15
  8. ^ a b 「Chapter 02 1989年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』 太田出版2004年9月29日、169頁。ISBN 9784872338805
  9. ^ a b 「ゲーメスト大賞11年史」、『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 18 - 19頁、 ISBN 9784881994290

外部リンク[編集]