ステアーTMP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ステアーTMP
Styer TMP
ステアーTMP
概要
種類 短機関銃マシンピストル
製造国  オーストリア
スイスの旗 スイス
設計・製造 シュタイヤー・マンリヒャー2001年まで)
B&T
性能
口径 9mm
銃身長 130mm
使用弾薬 9x19mmパラベラム弾
.45ACP弾(MP9のみ)
装弾数 30・15発
作動方式 ロータリー・ロック
クローズド・ボルト撃発
全長 282mm
重量 1,300g
発射速度 900発/分
銃口初速 380m/s
有効射程 100m
テンプレートを表示

ステアー TMPは、オーストリアシュタイヤー社の開発した短機関銃マシンピストルである。

概要[編集]

TMPとは"Tactical Machine Pistol"の略であり、H&K MP5MP5K)の対抗馬として、より安価で洗練されたモデルを目指して開発された。価格がMP5Kの65%で、さらに樹脂部品の大幅な採用や機構の水平配置といった工夫により、MP5Kより小型・軽量となっている。

弾倉は、自動拳銃同様にグリップ内に収納するUZIの様な配置となっているため、残弾の減少による重心変化が少ない。安全装置兼セレクターはボタン式で、途中まで押し込んでセミオート、一杯まで押し込んでフルオートとなる。また、周辺機器を必要に応じて取り付けることを前提とした設計になっており、消音器銃床ダットサイトなどを組み合わせることが容易な設計となっている。

バリエーションとして、民間向けにフルオート機能とバーティカル・フォアグリップを削除し、拳銃扱いとしたSPP(Special Purpose Pistol)がある。

同サイズの機関拳銃の比較
日本の旗9mm機関けん銃 スウェーデンの旗CBJ-MS アメリカ合衆国の旗M10 イスラエルの旗ミニ UZI オーストリアの旗TMP
画像 9mm機関拳銃 (8464077981).jpg 650cbj ms.jpg MAC10.jpg Uzi 2.jpg Steyr TMP 9mmPara 001.jpg
使用弾薬 9mmパラベラム弾 9mmパラベラム弾
.45ACP弾
9mmパラベラム弾 9mmパラベラム弾
.45ACP弾
装弾数 25発(箱形弾倉 20・30発(箱形弾倉)
100発(ドラムマガジン
32発(9mm)
30発または40発(.45)
20発(箱形弾倉) 15・30発(箱形弾倉)
銃身 120mm 200mm 146mm 197mm 130mm
全長 339mm 363/565mm(銃床展開時) 296/548mm(銃床展開時) 360/600mm(銃床展開時) 282mm
重量 2.8kg 2.85kg 2.7kg 1.3kg
発射速度 1,185発/分 700発/分 1,090発/分 950発/分 850-900発/分

B&T MP9[編集]

TMPの発売が開始された1994年にはシェアの大半はすでにMP51966年発売)が占めており、これを奪うことに失敗したシュタイヤーは、2001年にTMPの生産を停止、SPPと共にスイスB&T社に全権利を売却した。

B&TはTMPを独自に改良し、MP9として販売を開始した。MP9には、TMPには装備されなかったフォールディングストックピカティニー・レールなどが追加されている。また、安全装置はセレクターではなく、グロック17に見られるようなトリガーセーフティーに改められた。

SPPにもMP9と同様にB&T社独自の改良が施され、ストック、ピカティニー・レールなどが追加されたTP9として販売されている。TP9はセミオートのみであったSPPと異なり、民間向けのフルオートなし、公的機関向けのフルオートありの2種類が存在する。

セレクターをボタン式からレバー式に変更したMP9-NおよびTP9-Nに生産を移行した。

2015年には.380ACP弾を仕様するセミオートのみのTP380を発表している。

TMP・MP9の遊戯銃[編集]

TMP・SPP・MP9・公的機関向けTP9が発売されている。KSCのSPPは実物と違いフルオートが可能だが、これは「セミオートのみだとエアソフトガンとして面白くないため」とのことである。
TMPのエアコッキングガンと電動ガンを発売しており、日本ではセキトーが輸入、対象年齢10歳以上として販売している。
  • クラウンモデル製電動ガン
MP9が「ELEX-9」の商品名で発売されている。対象年齢10歳以上で、1/1のフルサイズ。

登場作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]