スイセイ平原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スイセイ平原
Suisei Planitia
種類 盆地
座標 北緯60度53分 西経147度49分 / 北緯60.88度 西経147.81度 / 60.88; -147.81[1]座標: 北緯60度53分 西経147度49分 / 北緯60.88度 西経147.81度 / 60.88; -147.81[1]
直径 568.53 km
名の由来 日本語の水星

スイセイ平原: Suisei Planitia)は、水星北半球に位置する直径568.53kmの大きな盆地である[1]

スイセイ平原には、クレーターとしての形が消えかかってしまっている「幽霊クレーター」が存在している。これらはクレーターの内部が後に埋め立てられたもので、その外縁の頂のみが平らな平原に突き出た状態となっている。このことは、スイセイ平原の平らな大地がカロリス盆地が形成された衝突の際の噴出物から形成されていることを示唆している。

スイセイ平原という名称は1976年に名付けられた[2]。名称は日本語の水星に由来する。[1]

水星探査メッセンジャーは、ミッション終了後の2015年4月30日にこの平原のヤナーチェク・クレーター英語版付近に落下した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Suisei Planitia”. Gazetteer of Planetary Nomenclature. USGS (2011年5月7日). 2016年5月17日閲覧。
  2. ^ New Details in Images of Mercury, Tethys, and Dione Require New Names”. Planetary.org (2008年4月29日). 2012年2月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年5月17日閲覧。

関連項目[編集]