水星の植民

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水星

水星の植民(すいせいのしょくみん)は、人類水星へ移住し、水星の環境の中で生活基盤を形成すること。宇宙移民の構想の一つ。水星は、内部太陽系で宇宙移民が可能な目的地の一つとして、火星金星小惑星帯とともに提案されている。とはいえ、おそらくそこでのコロニーは、惑星上の昼間の極端な温度のため、地域に限られたものとなるだろう。

利点[編集]

月との類似性[編集]

地球と同様、水星には大気がほとんど無い。太陽の近くで、月と同じくとても小さな傾斜の自転軸でゆっくりと回転している。この類似性のため、水星の植民では月の植民で考え出されたいくつかの科学技術や手法、設備を使えるかもしれない。

極クレーターの氷[編集]

水星の北極

太陽に最も近い惑星であるため、水星の表面は700K(437)というを融かすのに十分なほどの暑さに達する。しかしながら、極地域の温度ははるかに低く、永遠に影となるクレーターにはの堆積物でさえ存在するかもしれない。[1] また、極の地域では、水星の他の地域で晒されるような昼夜による極端な温度変化も見られないだろう。

太陽エネルギー[編集]

太陽へ最も近い惑星であるため、水星は膨大な量の太陽エネルギーを利用できる。そこでの太陽定数は9.13kW/m2で、地球や月での6.5倍に上る。その軌道と比べて自転軸の傾斜が低い(約0.01°)ので、月と同じく水星にも「永遠の陽射し」(PEL)と呼ばれる、極の高所で太陽からの絶え間ない放射に晒される場所が存在する可能性がある。もし存在していないとしても、この傾斜であれば人工的に建設することも可能である。

貴重な資源[編集]

水星の土には、綺麗な核融合燃料として重要で将来の太陽系の経済の鍵となると思われる、大量のヘリウム3が含まれているのではないかという予測がある。また、その構造から、鉱業に利用できる重要な高価値の鉱石があることも期待される。

大きな重力[編集]

水星は月より大きく(水星は直径4879km、月は3476km)、コアのせいで高い密度も持っている。その結果、水星の表面重力は0.377gで月(0.1654g)より大きく、火星の表面重力と同じぐらいである。長期にわたり低重力に晒されることにより人間の健康に問題があることが判っているため、この観点からは、水星は長期間の人間の居住地として月より魅力的かもしれない。

欠点[編集]

大気の欠如、太陽への近さ、それに長い太陽日(176地球日)の全ては、将来の開拓者の重要な課題に繋がるだろう。恒久的なコロニーはほぼ確実に極地域に限られるだろうが、長い夜の間に一時的に赤道の方へ遠足に赴く程度はできるだろう。極の氷の可能性以外は、生命に必要な軽い元素は惑星上にありそうにない。これらは輸入しなければならないだろう。

また、水星は太陽の重力井戸の深くにあり、水星への行き来では他の惑星に必要とされるよりも大きな速度変化が要求される。マリナー10号は、金星による重力アシストを使う軌道を使用して水星に到達した。

関連項目[編集]