スイス連邦工科大学ローザンヌ校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スイス連邦工科大学ローザンヌ校
Logo EPFL.svg
大学設置 1969年
創立 1853年
学校種別 連邦工科
本部所在地 ヴォー州、ローザンヌ
キャンパス ローザンヌ (スイス) 
ラアス・アル=ハイマ(アラブ首長国連邦)
学部 建築、土木・環境工学部(ENAC)
コンピュータ・コミュニケーション科学部(IC)
人文科学部(CDH)
理学部(SB)
生命科学(SV)
工学部(STI)
技術マネジメント学部(CDM)
ウェブサイト スイス連邦工科大学ローザンヌ校公式サイト
テンプレートを表示

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(スイスれんぽうこうかだいがくローザンヌこう、英語: Swiss Federal Institute of Technology in Lausanne (EPFL))は、ヴォー州、ローザンヌに本部を置くスイス連邦工科大学である。1969年に設置された。

キャンパス
ラーニング・センター


概要[編集]

2校あるスイス連邦工科大学のひとつで、フランス語圏のローザンヌ西郊のレマン湖畔に位置する。なお、もう1校のスイス連邦工科大学は、ドイツ語圏のチューリッヒにあるチューリッヒ校(ETHZ)である。

1853年に私立学校として創設され、1869年に公立化された。スイス連邦政府の下に入り、現在の名称となったのは1969年のことである。

2010年には、日本の建築家ユニットSANAAによるラーニング・センターが竣工している。

評価[編集]

スイス連邦工科大学ローザンヌ校は、世界有数の工科大学として、国際的に高い評価を得ている。2014年度のQS世界大学ランキングにおいて、工学技術部門で世界第10位、総合でも世界第17位に位置づけれられており、米英の英語圏を除いては、姉妹校であるスイス連邦工科大学チューリッヒ校に次いで世界2位である。[[1]] また、2014-2015年度のザ・タイムズ・ハイアー・エデュケーションのランキングにおいて、工学技術部門で世界第12位、総合第34位、そして創設50年未満の大学としては世界第1位の評価を受けている。[[2]]更には、2015年度の上海交通大学による世界大学学術ランキングにおいても、工学分野で世界14位にランクされており、世界ランキング上位の常連校として高い評価を得ている。[[3]]

日本の学生交流協定校[編集]

世界の主な学生交流協定校[編集]

外部リンク[編集]