デルフト工科大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
デルフト工科大学
デルフト工科大学
デルフト工科大学
大学設置/創立 1842年
学校種別 国立
設置者 ウィレム2世(オランダ前国王)
本部所在地 オランダ, デルフト
学部 航空宇宙工学部
応用科学部
建築学部
土木工学及び地球科学部
電子、数理及びコンピューターサイエンス学部
テクノロジー、政策及びマネージメント学部
工業デザイン工学部
機械、海洋及び材料工学部
研究科 技術管理大学院 等
ウェブサイト デルフト工科大学公式サイト
テンプレートを表示

デルフト工科大学英語: Delft University of Technology:TU Delft)は、オランダ, デルフトに本部を置くオランダ国立大学である。1842年に設置された。

概要[編集]

設立以来3人のノーベル賞受賞者を輩出しているオランダを代表する研究型工科大学であり、多くの高等機関において高い評価を得ている世界トップレベルの名門校の1つである。THE世界大学ランキング及びQS世界大学ランキングにおいて、イギリス(ケンブリッジ大学オックスフォード大学インペリアル・カレッジ・ロンドン)及びスイス(チューリッヒ工科大学スイス連邦工科大学ローザンヌ校) の有名校に次いで、ヨーロッパの科学技術分野における第6位の名門校として位置付けられ、全世界でも科学技術分野において20位前後、総合においても50〜60位前後に例年ランクインしている。

特に土木工学・建築・航空宇宙工学・デザイン工学といった社会への応用を重視した工学の分野で高い評価を受けており、2015年QS世界大学ランキングにおいて、土木工学分野で世界第2位、建築分野で第3位となった。[1] 修士と博士課程のプログラムは全て英語によって行われるため、全体の学生の半数近くがオランダの外からきた国際生である。教訓は"Challenge the Future"(未来への挑戦)。

歴史[編集]

1842年1月8日、オランダ王のヴィレム2世によりロイヤル・アカデミーとして設立され 、これまでに多くの高級技術官僚を輩出している最古の工科大学である。チューリッヒ工科大学インペリアル・カレッジ・ロンドンなどで構成されるIDEAリーグのメンバーでもある。

学科[編集]

  • 航空宇宙学(Aerospace Engineering)
  • 応用科学(Applied Sciences)
  • 化学工学(Chemical Engineering)
  • 建築学(Architecture)
  • 社会基盤工学(Civil Engineering and Geosciences)
  • 電子数理情報工学(Electrical Engineering, Mathematics and Computer Sciences)
  • デザイン工学(Industrial Design Engineering)
  • 海洋学・機械工学(Mechanical, Maritime and Materials Engineering)
  • 技術管理学(Technology, Policy and Management)

その他[編集]

世界最大のソーラーカーレースであるワールド・ソーラー・チャレンジでは、同大学から出場したNunaがこれまでに5回優勝している。

日本の学生交流協定校[編集]

主な卒業生・関係者[編集]

卒業生[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.topuniversities.com/universities/delft-university-technology#wur

外部リンク[編集]

座標: 北緯52度00分06秒 東経4度22分21秒 / 北緯52.001666666667度 東経4.3725度 / 52.001666666667; 4.3725