コンテンツにスキップ

シャヘド136

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シャヘド136
イランで展示されるシャヘド136ドローン(2023年)
種類 徘徊型兵器
原開発国 イランの旗 イラン
運用史
配備先 イランの旗 イラン
ロシアの旗 ロシア(ゲラン2として)
フーシ[1](推測)
関連戦争・紛争
開発史
開発者 シャヘハド航空産業[2]
製造業者 HESA
値段 不明、1機あたり$10,000から€50,000と推定[3][4][5][6]
製造数 不明
諸元
重量 200 kg
全長 3.5 m

炸薬量 30 - 50 kg

エンジン MD-550 ピストンエンジン
翼幅 2.5 m
誘導方式 自律型
GLONASS(改良されたロシア版)[7]
発射
プラットフォーム
ロケット補助推進離陸
テンプレートを表示

HESA・シャヘド136: HESA Shahed 136ペルシア語: شاهد ۱۳۶‎、「信仰告白者-136」の意、シャハド136とも)は、イラン製の徘徊型で自律式のスウォーム(群れ)行動する推進式ドローンである。 シャヘド航空産業英語版が設計及び製造を行っている[2]

基本的に、遠距離から地上の目標を攻撃するために設計された。この比較的安価なドローンは発射ラック(5機以上が格納される)から複数発射され、対空防御をすり抜け、地上の標的を攻撃し、攻撃に対して相手側の防空機材を消費させるように設計された。このドローンは2021年に広報用映像で明らかにされた[8]

ロシアはゲラン2ロシア語: Герань-2、「ゼラニウム-2」の意)として運用している[9]

概観[編集]

詳細[編集]

この機体には、中央にブレンデッドウィング状に繋がる胴体と、翼端に安定板兼ラダーを備えたクリップトデルタ翼を備えている。機首部分には推定30 - 50 kgの弾頭を搭載する[10]。エンジンは胴体後部に搭載され、推進式に配置された2翔プロペラを駆動する[8][11]。全長3.5 m、翼幅2.5 mで、185 km/h以上で飛行し、重量は約200 kgである[12]。航続距離は1,800から2,500 km(1,100から1,600マイル)と推定される[6][13][9]アメリカ陸軍の世界的な機材ガイドでは、シャヘド136の設計は空中偵察英語版機能のサポートが可能であることが記載されているが[14][15]、ゲラン2ドローンについてはカメラの記載はない[16]

運用[編集]

発射台とドローン全体の可搬性の良さから、ユニット全体は各種軍用及び民間用トラックの荷台に取り付けることができる[12]

機体はやや上むきだがほぼ水平に発射される。発射時から直後の数秒は、ロケット補助推進離陸(RATO)で初期の加速を行い、投棄されたあとはイランのMado社製 MD-550 水平対向4気筒2ストロークガソリンエンジン(2014年以降より使われている。エンジンはドイツのリンバッハ・フルーグモトレーン社製L550E英語版をコピーしたもので、HESA・アバビル3英語版などのイラン製ドローンでも使用されている[17])によって飛行する[18]

電子装備[編集]

ウクライナの専門家は、シャヘド136には日米欧から30社以上の製品が使用されていると分析している[19]。とりわけアメリカ企業のアルテラ製コンピュータープロセッサ、アナログ・デバイセズ無線モジュールマイクロチップ・テクノロジーLDO英語版チップが使用されているものと考えている[20]。またウクライナ軍情報局が作成したリストによると、カメラや汎用リレー、サーボモーターなどに日本の電気機器メーカーの部品が使用されているとされる[21]

2022年のロシアによるウクライナ侵攻で鹵獲されたドローンを調査した結果、シャヘド136の電子装備はen:Texas Instruments TMS320プロセッサーや、イギリス発祥の企業であるen:TI Fluid Systemsの関連企業がポーランドで製造した燃料ポンプなどのアメリカおよびEU製の部品が使用されていることが明らかになった [22]

シャヘド131との混同[編集]

本機はより小型のシャヘド131英語版とは外見が酷似しており、主な違いはシャヘド131では上向きだけの翼端安定板が、シャヘド136では翼端から上下に伸びている[23]。シャヘド131には、シャヘド136にも搭載されている単純な慣性航法装置(INS)と、ある程度の電子防護が施されたGPSが搭載されている[24]

ゲラン2[編集]

この兵器はロシア軍ではゲラン2の名称で使用されている[9]ワシントン・ポスト紙はCNA Strategy, Policy, Plans and Programs Centerのロシアの軍事システムの専門家が、標準的なイラン製シャヘド136に対してゲラン2では追加の操縦方法が使用されている可能性を示唆していると報じた[15]タイムズ・オブ・イスラエル紙英語版の特派員は、民生部品で作られたイラン製の航法システムが、ロシア製の飛行制御ユニットとマイクロプロセッサーに置き換えられ、米国の民間グレードのGPSをロシアのGLONASS GNSSシステムを使用することで徘徊兵器の能力を向上させているようだと指摘している[25][26]。ゲラン2は、イラン製弾薬ではなく、ロシアの軍需品に一致した塗装とマーキングがなされている[27] No cameras or short-range sensors were noted.[16]。カメラや近距離センサーには言及されていない。

2022年11月19日に、ワシントン・ポスト紙は米国の情報機関が、ロシアとイランがロシアによる軍需品の製造に関して合意し、イランが主要部品を輸出しているとの概要説明を行っていると報じた[27][28]

あらゆる場所で使用されているため、さまざまなあだ名が付けられている。例えば、特徴的な飛行中のエンジン音をほのめかした「モペッド」や「芝刈り機」や、デルタ翼のシルエットから「ドリトス」などである[29][30][16]

2024年3月にはロシア・タタールスタン共和国エラブガに設置されたゲラン2の生産工場の内部映像及び画像が流出し、ロシア国内でのライセンス生産が始まっていることが明らかになった。また、この工場で生産されているゲラン2には白色に塗装された機体と黒色に塗装された機体の2種類が存在しており、昼間攻撃用と夜間攻撃用に作り分けている可能性が指摘されている[31]

戦歴[編集]

2014年のイエメン内戦[編集]

このドローンはイエメン内戦において2020年にフーシによって使用されたと報じられている[1][より良い情報源が必要]2019年のサウジ石油施設攻撃で使用されたとの複数の報告があったが[32][より良い情報源が必要]、、ワシントン・ポスト紙はこの攻撃では別のタイプのドローンが使用されたと報じている[15]

2022年ロシアのウクライナ侵攻[編集]

2022年ロシアのウクライナ侵攻において、ロシアはゲラン2ロシア語: Герань-2、「ゼラニウム-2」の意)と名付けられた徘徊型兵器を使用した。これらのゲラン2ドローンは、ウクライナおよび西欧同盟国からはイラン製シャヘド-136ドローンを再設計したものと見なされている[33][34][35][36]

使用が確認される前月に、米国の情報源およびウクライナ当局はイランがシャヘド-136を含む数百機のドローンをロシアに提供していると主張したが、イランはウクライナで使用するために無人機を送ったという主張を繰り返し否定し、この戦争では中立だと主張している[36][37][38][33]。しかしながら、2022年9月2日にイスラム革命防衛隊サラミ少将はテヘランでの武器展示会で、「複数の主要な世界の大国」がイラン製軍需装備を購入し、自分の部下が「装備を使用できるように彼らを訓練している」と述べた[39]。ロシアは自国産の無人航空機(UAV)を使用していると述べている[40]。このことはロシア国内でのこれらのドローンの製造を反映している可能性を示唆している。

2022年11月21日に、イギリスの大臣英語版は、ウクライナで使用されたシャヘド136徘徊型兵器の総数は数百機と推定されると述べている[41]

最初の登場[編集]

2022年9月13日、ロシア軍が使用したゲラン-2(ロシア語: Герань-2)と捺印されたドローンの残骸の写真によって、シャヘド-136の初期の使用が示された[12][11][42]第92旅団の砲兵指揮官のロディオン・クルヒンによると、ハリコフ反攻に際してシャヘド-136ドローンが榴弾砲4門と装輪装甲車2両を破壊した[43]。9月23日に、オデッサでのドローンのさらなる使用が記録され、飛びすぎる様子と、その後の衝撃の映像がさまざまなTelegramのチャンネルにアップロードされた。特筆すべきは、ドローンに対して小火器で交戦している音が聞こえたが、それによって撃墜されたようには見えなかった。9月25日にソーシャルメディアに投稿されたビデオでは、オデッサとドニプロでのロシア軍によるドローンの使用が激化していることを示している。今回は小火器に加えて何らかの形式の対空旋回砲と地対空ミサイルが使用され、少なくとも1機のゲラン-2が撃墜された。オデッサのウクライナ海軍司令部が攻撃されたという主張もあるが、多数のドローンが不特定の目標を攻撃することができた[44][45]

2022年10月5日にゲラン・ドローンがビーラ・ツェールクヴァ第72独立機械化旅団の兵舎を爆撃した[46]

ウクライナの兵士は、数キロメートル離れたところから音が聞こえ、小火器による攻撃に対して脆弱だと主張している[47]

ウクライナの情報筋は、MiG-29戦闘機を配備してこれらのドローンを撃墜することに成功したと述べ、同様の戦術を使用してカリブルなどの巡航ミサイルを撃墜したと主張した[48]。しかしながら、2022年10月13日にウクライナのMig-29がゲラン-2を撃墜しようとしてヴィーンヌィツャで墜落した。ウクライナの情報筋によると、一説ではドローンが戦闘機の近くで爆発し、榴散弾操縦席を直撃してパイロットが脱出を余儀なくされた[49][50]

10月攻勢[編集]

ゲラン2ドローンはウクライナの送電網を破壊するために10月のミサイル攻撃でも使用された[51]。ウクライナ軍は、9月13日に初めてシャヘド136を撃墜し、さらに10月6日に46機、10月10日に24機、10月17日に47機のドローンが発射されたと述べた[9]

10月17日の朝、複数のドローンが再びキーウを攻撃した[9]。これらのドローンは専用の防空システムだけではなく、小火器の地上砲火にも遭遇したが、ウクレネルゴ英語版の事務所を含む数カ所を攻撃することができたと報じられている。その他のエネルギーインフラ施設への攻撃も報告されており、影響を受けたインフラ周辺では停電が発生した。デニス・シュミハリウクライナ首相は、この攻勢で3地域で主要なエネルギーインフラを攻撃され、数百の町や村の電力供給が停止したと述べた[52][53][54]。この日の攻撃で少なくとも8名が死亡した[9]

これらのドローンによる攻撃と防空システムの費用便益分析では、シャヘド・ドローンの方が有利で、ドローンに対して使用されている地対空ミサイルシステムなどの防衛システムの約半分となっている[5]。また、都市部に到達した徘徊型兵器を撃墜することは、落下した破片によって広範囲の巻き添え被害が発生する[5]。平均的なシャヘド・ドローンの費用は約20,000ドルであり、対するIRIS-Tミサイルは1発あたり約430,000ドルである。9月13日から10月17日まで、オープンソースの情報は対ドローン防衛に2814万ドルを費やす必要があったことを示唆している[55] [56]

アメリカ国防総省は攻撃に使用されたドローンの技術支援を行うために、多数のイラン人専門家がクリミアに派遣されたと述べている[57]

ウクライナの情報筋によると、9月13日以降に220機以上のドローンが撃墜されたとのことである[15]

12月14日のキエフへの攻撃に使用されたゲラン2(シャヘド136)。垂直尾翼に「リャザニのために!!!」と記されている。

12月に3週間の中断のあとでドローンの使用が再開された。ウクライナはこの中断を寒冷地向けに改修するためだったと示唆したが、[58]イギリス国防省は以前の在庫が枯渇し、その後補給されたためである可能性が高いと述べている[59]。12月14日、キーウで爆発したシャヘド136ドローンにはロシア語で「リャザンのために」と書かれており、これはリャザンのジャギレヴォ空軍基地への攻撃に言及したものである[60]

ウクライナによる対抗処置[編集]

このドローンはMig-29搭載のレーダーで検知するには速度が低すぎ、飛行高度も低すぎてさらにサイズも小さすぎる。あるウクライナ軍パイロットは、レーダー上のドローンの画像は路上のトラックと似ていると説明している。ウクライナ軍のR-73ミサイルは曇天下では機能しない。このため、ウクライナ機はこのドローンを迎撃するためには30mm機関砲を使用するしかない。機関砲を使用しても、自機が損傷するリスクがあるため、攻撃時の接近は制限される。

夜間の攻撃はさらに困難で、墜落したドローンが民間地域に副次的被害を与えないために、人口密集地上空に居るかどうかを知るためにパイロットはGPSに頼らざるを得ない。多くの場合、パイロットができることは対空砲火でこれらのドローンを迎撃するために地上の基地に連絡することだけである。

ウクライナ空軍はまた、このドローンがミサイル攻撃に先立って防御体制の有効性を試し、弱点を探るために使用されていると考えている。「Karaya」と呼ばれるウクライナ軍パイロットは1週間に5機のシャヘド型ドローンの撃墜を記録した。しかしながら、最後のドローンの爆発に巻き込まれて自らのMig-29が墜落してしまった。ウクライナは「65%および85%」の迎撃率を主張している[61][62][63][64]

ウクライナの駐米駐在武官9K33ミサイルと、ソ連時代のZSU-23-4およびドイツが供与したゲパルト自走対空砲の両方がこれらの「比較的粗雑な」ドローンに対して「多大な効果」を揚げていると述べている[65]

2022年11月初頭にフォーブスが「シャヘド・キャッチャー」を求めるウクライナの取り組みついて報じた。従来からの対空兵器は安価なドローンの群れを迎撃するのには適さないことから、さまざまな専用の対UASシステムが得られつつある。一つはAnduril Industries社によるアンヴィル(Anvil)で、同社のAIのラティス・システムを搭載したセンサー群を使用して脅威を検知・追跡し、その情報を重量5.4 kg (12 lb)で後ろ向きのプロペラを備え、160 km/h (99 mph)を超える速度で標的に衝突するアンヴィル迎撃機に情報を渡す。もう一つはMARSS製のNiDARで、これも同様のセンサーパッケージを持ち、最高速度が270 km/h (170 mph)を超えるダクテッドファンを搭載したクアッドコプター迎撃機を使用している。また、Fowlerのようなウクライナ自国産のものもある。どのシステムも、多数の小型迎撃機を使用し、異なる方向から同時に接近してくる一斉発射されたドローンに対抗できるという点で共通している[66]

赤外線カメラや可視光カメラを装着したDShK38重機関銃はこれらの無人機を撃墜するのにもっとも費用対効果のよい武器の一つである。第二次世界大戦時のようにサーチライトと連携しているものもある[67][68][69]

2024年4月には、前述のエラブガ工場に対しウクライナが長距離ドローン攻撃を行った[70]。ウクライナ側は戦果を主張しているが、ロシア側はドローンが付近の宿泊施設に着弾し、負傷者が出たと主張している[71]

反応[編集]

この初期の攻撃に対して、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は「悪の協力」であると糾弾している。この攻撃のさらなる結果として、イランとウクライナの外交関係は、徐々に縮小された[72]

2022年10月18日、アメリカ合衆国国務省はイランが無人機をロシアに売却したことは、国連安保理決議2231英語版に違反しているともフランスおよび英国の同様の評価に同意した。10月22日にフランス、英国およびドイツは国連安保理決議2231を担当する国連チームによる調査を正式に要求した[73]。2022年10月18日、イラン外務省の報道官は公式声明で、イランがウクライナでの戦争で使用するためにロシアに軍用ドローンを送ったという主張を事実無根として否定し[37]、同日にロシア大統領の報道官は、ロシアは自国産の無人航空機にロシア語の名称をつけて使用したと述べた[40]。イランの国連大使はこれらの告発は同決議附属書Bパラグラフ4の誤った解釈であり、「核兵器運搬システムの開発に貢献する可能性がある」品目に適用すると明確に述べられているにもかかわらず、これらの無人機にはできないと回答した[74][75]。決議2231は包括的共同作業計画(JCPOA)が署名され後に採択された。米国は2018年にトランプ政権下で同協定から離脱英語版している[76][38][77]。イランへの通常兵器の禁輸措置は2020年10月に終了したが、ミサイルおよび関連技術に関するイランへの規制は2023年10月まで継続している[78]

イランの少将は、22カ国がイラン製無人機の購入を希望していると述べた[79][80]

安全保障研究センターの上級研究員を含む複数の批評家は、この兵器は戦術的には役立たずと呼び、その役割は民間人に対する恐怖の兵器としてであると述べている[81][82][83][84]。また、ウクライナ軍を動揺させる打撃を与えるために使用することはできるが、戦争のゲームチェンジャーになることはないだろうという意見もある[85]

イラン製無人機の使用疑惑に対し、イランは2022年10月24日に直接会談を行う意思があることを確認した。イランは、ウクライナ戦争で使用するための武器の供与を否定し、イランのホセイン・アミールアブドッラーヒヤーン外相はロシアが対ウクライナ戦争でイランの無人機を使用したことが証明されれば、イランは無関心ではいられなくなると述べた[86][87][88]。2022年11月5日に、アミールアブドッラーヒヤーンはイランが戦争前に、「少数の」無人機をロシアに出荷したと述べた。彼は、ロシアがウクライナに対してイランの無人機を使用したことが証明されれば、イランは無関心ではいられなくなると繰り返した。また、ロシアがイラン製無人機を使用した証拠について話し合う協議の場にウクライナが現れなかったことを非難した[89]。イラン外務省は、戦争で使用するための武器の供与に関して反論し続けた[90]

2022年11月24日までに、クリミア半島でロシア軍にシャヘド136の操縦を指導していたイラン人軍事顧問が、ウクライナ軍によって殺害されたとの報道が行われた[91]

2022年のシリア[編集]

米軍は、2022年8月にイランと同盟関係にあるグループが、シリアの反体制派が支配するシリア砂漠の領土にあるアル=タンフ英語版にある米軍基地に対してシャヘド136 を使用したと考えている[15]

イラク領クルディスタン[編集]

2022年、イスラム革命防衛隊の地上部隊がイランのクルディスタン地域のクルド人分離主義シャブループの司令部への攻撃にシャヘド136ドローンを使用した[92]

運用者[編集]

暗青色はシャヘド136の運用国。明青色は非国家主体の運用者(フーシ

脚注[編集]

  1. ^ a b c Exclusive: Iran deploys "suicide drones" in Yemen as Red Sea tensions rise” (英語). Newsweek (2021年1月13日). 2022年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月20日閲覧。
  2. ^ a b Treasury Targets Actors Involved in Production and Transfer of Iranian Unmanned Aerial Vehicles to Russia for Use in Ukraine”. U.S. Department of the Treasury (2022年11月15日). 2023年3月20日閲覧。 “Shahed Aviation Industries Research Center (SAIRC), subordinate to the IRGC ASF, has designed and manufactured several Shahed-series UAV variants, including the Shahed-136 one-way attack UAV ...”
  3. ^ Segura, Cristian (2022年10月12日). “Iranian 'suicide' drones: Russia's new favorite weapon in Ukraine war”. オリジナルの2022年10月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20221017191033/https://english.elpais.com/international/2022-10-12/iranian-suicide-drones-russias-new-favorite-weapon-in-ukraine-war.html 2022年10月13日閲覧。 
  4. ^ Newdick, Thomas (2022年10月17日). “Russia Bombards Ukraine With Iranian 'Kamikaze Drones'” (英語). The Drive. 2022年10月26日閲覧。
  5. ^ a b c Boffey, Daniel (2022年10月19日). “Financial toll on Ukraine of downing drones 'vastly exceeds Russian costs'”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2022/oct/19/financial-toll-ukraine-downing-drones-vastly-exceeds-russia-costs 2022年10月19日閲覧。 
  6. ^ a b Cheap UAVs Exact High Costs. Air & Space Forces Magazine. 20 January 2023.
  7. ^ Russia Has 'Upgraded' Iranian Shahed-136 Kamikaze Drones to Boost Its Lethality & Accuracy -- Military Experts” (2022年10月19日). 2022年10月24日閲覧。
  8. ^ a b HESA Shahed-136”. militaryfactory.com. 2022年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月17日閲覧。
  9. ^ a b c d e f Barrie, Douglas (2022年10月17日). “Explainer: Russia Deploys Iranian Drones”. United States Institute of Peace. 2022年10月23日閲覧。
  10. ^ “How are 'kamikaze' drones being used by Russia and Ukraine?”. BBC News. (2022年10月18日). https://www.bbc.co.uk/news/world-62225830 2022年10月22日閲覧。 
  11. ^ a b Military Watch Magazine”. militarywatchmagazine.com. 2022年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月17日閲覧。
  12. ^ a b c d Iranian Shahed-136 Kamikaze Drones Already Used By Russia”. Defense Express (2022年9月13日). 2022年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月29日閲覧。
  13. ^ Russia’s Iranian-Made UAVs: A Technical Profile. Royal United Services Institute. 13 January 2023.
  14. ^ Shahed-136 Iranian Loitering Munition Unmanned Aerial Vehicle (UAV)”. OE Data Integration Network (ODIN). U.S. Army. 2022年10月25日閲覧。 “Camera Equipment: design supports photographic equipment providing still and / or real-time image / video results”
  15. ^ a b c d e Harris, Shane; Lamothe, Dan; Horton, Alex; DeYoung, Karen (2022年10月20日). “U.S. has viewed wreckage of kamikaze drones Russia used in Ukraine”. Washington Post. https://www.washingtonpost.com/national-security/2022/10/20/russia-iran-kamikaze-drones/ 2022年10月25日閲覧. "The Houthis claimed to have used Samad-3 drones to attack a refinery in Riyadh, Saudi Arabia, last spring, and launched Samad-1 drones at Saudi Aramco facilities in other parts of the country. Those drones are distinct from the weapons used by Russia in Ukraine." 
  16. ^ a b c Latynina, Yulia (2022年10月24日). “A portrait of a Shahed in the sky of Ukraine”. https://novayagazeta.eu/articles/2022/10/24/a-portrait-of-a-shahed-in-the-sky-of-ukraine-en 2022年10月30日閲覧。 
  17. ^ (s) Uae-Based Intermediary Working to Supply Iranian Entity with German-Origin Uav Engines” (2008年5月12日). 2021年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月16日閲覧。
  18. ^ Shahed-136: іранські дрони-камікадзе, які видають звук "мопеда" та вибухають у вказаній точці” [Shahed-136: 「モペット」のような音を立てて目的の地点で爆発するイランのカミカゼ・ドローン] (ウクライナ語). ТСН.ua (2022年10月5日). 2022年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月16日閲覧。
  19. ^ 世界秩序の行方 軍民技術消える境界『読売新聞』2023年(令和5年)1月3日朝刊17面
  20. ^ An Advanced Radio Communication Device on American Processors Found in the Shahed-136”. Defense Express (2022年10月6日). 2022年10月19日閲覧。
  21. ^ 「攻撃ドローン「日本製部品」」『朝日新聞』、2022年12月18日、日曜版、第14版、朝刊。
  22. ^ Iranian drones 'manufactured with British and US components' used to bombard Ukraine”. headtopics.com (2022年5月10日). 2023年3月20日閲覧。
  23. ^ Binnie, Jeremy (2022年9月29日). “Ukraine conflict: Details of Iranian attack UAV released”. Janes (IHS). https://www.janes.com/defence-news/news-detail/ukraine-conflict-details-of-iranian-attack-uav-released 2022年10月21日閲覧。 
  24. ^ Not Only Shahed-136: a Detailed Study of Another Iranian Shahed-131 Kamikaze Drone Used by Russia”. Defense Express (2022年9月24日). 2022年10月21日閲覧。
  25. ^ Portnoy, Alexander (2022年10月30日). “Do Iranian drones attack Ukraine? Myths and truth”. The Times of Israel blog. 2022年10月30日閲覧。
  26. ^ Bryen, Stephen (2022年10月26日). “Israel's strategic interest in Ukraine is changing because of Iran”. Center for Security Studies. 2022年10月30日閲覧。
  27. ^ a b Warrick, Joby; Mekhennet, Souad; Nakashima, Ellen (2022年11月19日). “Iran will help Russia build drones for Ukraine war, Western officials say”. Washington Post. https://www.washingtonpost.com/national-security/2022/11/19/russia-iran-drones-secret-deal/ 2022年11月23日閲覧。 
  28. ^ Abrahams, Jessica; Kilner, James (2022年11月20日). “Moscow strikes deal with Iran to build own kamikaze drones in Russia”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/world-news/2022/11/20/moscow-strikes-deal-iran-build-kamikaze-drones-russian-soil/ 2022年11月21日閲覧。 
  29. ^ What are 'kamikaze' Shahed drones and how do they work?”. Independent.ie (2022年10月17日). 2022年10月20日閲覧。
  30. ^ “Ukraine Situation Report: Iranian Officials Admit To Selling Russia Ballistic Missile”. MSN. (2022年10月19日). https://www.msn.com/en-us/news/world/ukraine-situation-report-iranian-officials-admit-to-selling-russia-ballistic-missiles/ar-AA137Gu5 2022年10月20日閲覧。 
  31. ^ イラン製自爆ドローンのロシア国内生産工場が稼働開始(JSF) - 個人 - Yahooニュース(2024年3月6日)、2024年4月3日閲覧
  32. ^ Hambling, David. “Russia Is Now Using Iranian 'Swarming' Attack Drones In Ukraine — Here's What We Know” (英語). Forbes contributor. 2022年10月20日閲覧。
  33. ^ a b Beaumont, Peter (2022年9月29日). “Russia escalating use of Iranian 'kamikaze' drones in Ukraine”. The Guardian. オリジナルの2022年9月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220929193958/https://www.theguardian.com/world/2022/sep/29/russia-escalating-use-of-iranian-kamikaze-drones-ukraine-reports-say 2022年9月29日閲覧。 
  34. ^ “Russia-Ukraine war News: Ukraine to reduce Iran embassy presence over Russia drone attacks”. Al Jazeera. (2022年9月24日). オリジナルの2022年10月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20221017191034/https://www.aljazeera.com/news/2022/9/24/ukraine-to-reduce-iran-embassy-presence-over-russia-drone-attacks 2022年9月26日閲覧。 
  35. ^ Russian Offensive Campaign Assessment, October 12”. Institute for the Study of War (2022年10月12日). 2022年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月14日閲覧。
  36. ^ a b Motamedi, Maziar. “Iran says ready to talk to Ukraine on claims of arming Russia” (英語). www.aljazeera.com. 2022年10月19日閲覧。
  37. ^ a b Kanaani, Nasser (2022年10月18日). “Iranian foreign ministry spokesman reacts to some claims about shipment of arms including military drones by Iran to Ukraine”. Iranian Ministry of Foreign Affairs. 2022年10月22日閲覧。
  38. ^ a b Raine, Niamh Kennedy,Negar Mahmoodi,Ivana Kottasová,Andrew (2022年10月16日). “Iran denies supplying Russia with weapons for use in Ukraine” (英語). CNN. 2022年10月18日閲覧。
  39. ^ “IRGC Chief: Iran Selling Arms to World Powers”. kayhan.ir. (2022年9月2日). オリジナルの2022年9月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220902181728/https://kayhan.ir/en/news/106464/irgc-chief-iran-selling-arms-to-world-powers. "Iran has sold homegrown military equipment to foreign customers, including some major world powers, and is training them to employ the gear, Commander of the Islamic Revolution Guards Corps (IRGC) Major General Hussein Salami said. During a visit to an exhibition of the air defense and electronic products of the Iranian Defense Ministry on Thursday, the IRGC commander said efforts by local elites and experts in the military and defense industries have resulted in the development of indigenous technologies." 
  40. ^ a b “Kremlin has no information about purchase of Iranian drones for Russia — spokesman”. Moscow. (2022年10月18日). https://tass.com/defense/1524207 2022年10月22日閲覧。 
  41. ^ Heappey, James (2022年11月21日). “Russia: Iran”. UK Parliament. 2022年12月21日閲覧。
  42. ^ Dangwal, Ashish (2022年9月13日). “1st Evidence Of Russia-Operated Iranian Suicide Drone Emerges in Ukraine; Kiev Claims Downing Shahed-136 UAV” (英語). Latest Asian, Middle-East, EurAsian, Indian News. 2022年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月17日閲覧。
  43. ^ Russia's Use of Iranian Kamikaze Drones Creates New Dangers for Ukrainian Troops”. The Wall Street Journal (2022年9月17日). 2022年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月18日閲覧。
  44. ^ @Nikolai11449196 (2022年9月25日). "More Shahed 136 drone attacks in Odessa. These drones seem to easily get through air defence" (英語). X(旧Twitter)より2022年9月25日閲覧
  45. ^ @ARminhTran (2022年9月25日). "伊朗Shahed-136 在 袭击敖德萨的一座建筑物" [イラン製シャヘド136がオデッサの建物を攻撃] (中国語). X(旧Twitter)より2022年9月25日閲覧
  46. ^ “Russia Uses Iranian-Made Drones to Strike Military Base Deep Inside Ukraine”. Wall Street Journal. (2022年10月5日). https://www.wsj.com/articles/russia-uses-iranian-made-drones-to-strike-deep-inside-ukraine-11664965580 
  47. ^ “Ukrainian soldiers tell how they deal with Iranian kamikaze drones used by Russia”. Yahoo. (2022年10月7日). オリジナルの2022年10月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20221007171151/https://finance.yahoo.com/news/ukrainian-soldiers-tell-deal-iranian-142800996.html 2022年10月8日閲覧。 
  48. ^ For the First Time Ukrainian Air Force Uses MiG-29 Fighters to Eliminate Drones Against Shahed-136”. Defense Express. 2022年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月15日閲覧。
  49. ^ ДБР з'ясовує причини падіння військового літака на Вінниччині під час знищення ворожих безпілотників (ВІДЕО) - Державне бюро розслідувань” [The SBI investigates the reasons for the downing of a military plane in Vinnytsia during the destruction of enemy drones (VIDEO) - State Bureau of Investigation]. dbr.gov.ua. 2022年10月19日閲覧。
  50. ^ Thomas Newdick (2022年10月13日). “Ukraine Claims MiG-29 Pilot Downed Five Drones Before Ejecting” (英語). The Drive. 2022年10月17日閲覧。
  51. ^ Zelensky: Russia used Iran-made drones, missiles in deadly strikes on several cities” (英語). www.timesofisrael.com. 2022年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月10日閲覧。
  52. ^ “"Suicide drones" attack Kyiv, other Ukrainian cities”. CBS. (2022年10月17日). オリジナルの2022年10月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20221017191024/https://www.cbsnews.com/news/ukraine-news-russia-war-kyiv-other-cities-suicide-drones/ 2022年10月17日閲覧。 
  53. ^ “Drones hit Kyiv as Russia aims to destroy Ukraine power grid before winter, other Ukrainian cities”. MSN. (2022年10月17日). https://www.msn.com/en-us/news/world/drones-hit-kyiv-as-russia-aims-to-destroy-ukraine-power-grid-before-winter/ar-AA132DEE 2022年10月18日閲覧。 
  54. ^ “Energy facilities in Ukraine's north, center damaged by Russian strikes – Ukrenergo”. Ukrinform. (2022年10月17日). https://www.ukrinform.net/rubric-ato/3594782-energy-facilities-in-ukraines-north-center-damaged-by-russian-strikes-ukrenergo.html 2022年10月18日閲覧。 
  55. ^ Sakshi Tiwari (2022年10月20日). “1st Evidence! Germany's 'Much-Touted' IRIS-T Defense System Used By Ukraine 'Clashes' With Russian Missile”. EurAsian Times. https://eurasiantimes.com/1st-evidence-germanys-much-touted-iris-t-defense-system-used/ 2022年10月21日閲覧。 
  56. ^ Daniel Boffey (2022年10月19日). “Financial toll on Ukraine of downing drones 'vastly exceeds Russian costs'”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2022/oct/19/financial-toll-ukraine-downing-drones-vastly-exceeds-russia-costs 2022年10月21日閲覧。 
  57. ^ Wright, George (2022年10月21日). “Ukraine war: Iranian drone experts 'on the ground' in Crimea - US”. https://www.bbc.com/news/world-europe-63329266 2022年10月23日閲覧。 
  58. ^ Russian Offensive Campaign Assessment, December 7” (英語). Institute for the Study of War. 2022年12月8日閲覧。
  59. ^ “UK Defense Ministry: Russia likely started using new batch of Iranian drones in Ukraine”. Kyiv Post. (2023年12月9日). https://kyivindependent.com/news-feed/uk-defense-ministry-russia-likely-started-using-new-batch-of-iranian-drones-in-ukraine 2023年1月3日閲覧。 
  60. ^ Tom Balmforth; Pavel Polityuk (2022年12月14日). “Russia launches drone attack on Kyiv, Ukraine hails air defences”. Reuters. https://www.reuters.com/world/europe/two-kyiv-administration-buildings-damaged-drones-attack-city-says-2022-12-14/ 2022年12月14日閲覧。 
  61. ^ THOMAS NEWDICK (2022年12月15日). “A MiG-29 Pilot's Inside Account Of The Changing Air War Over Ukraine”. https://www.thedrive.com/the-war-zone/a-mig-29-pilots-inside-account-of-the-changing-air-war-over-ukraine 2022年12月25日閲覧。 
  62. ^ Tom Balmforth (2022年12月23日). “Ukraine's 'cat and mouse' battle to keep Russian missiles at bay”. https://www.reuters.com/world/europe/ukraines-cat-mouse-battle-keep-russian-missiles-bay-2022-12-22/ 2022年12月25日閲覧。 
  63. ^ David Cenciotti (2022年12月8日). “Maj. Vadym Voroshylov snapped a selfie after a night ejection from his MiG-29 Fulcrum.”. https://theaviationist.com/2022/12/08/ukrainian-mig-29-selfie-ejection/amp/ 2022年12月25日閲覧。 
  64. ^ Michael Knights, Alex Almeida (2022年11月10日). “What Iran's Drones in Ukraine Mean for the Future of War”. https://www.washingtoninstitute.org/policy-analysis/what-irans-drones-ukraine-mean-future-war 2022年12月25日閲覧。 
  65. ^ Sprenger, Sebastian (2022年10月6日). “Ukraine to target Russia's bases of Iran-supplied explosive drones”. https://www.defensenews.com/unmanned/2022/10/06/ukraine-to-target-russias-bases-of-iran-supplied-explosive-drones/ 2022年11月1日閲覧。 
  66. ^ ‘Shahed Catchers’: Ukraine Will Deploy Interceptor Drones Against Russian Kamikazes. Forbes. 2 November 2022.
  67. ^ Parth Satam (2023年1月5日). “Ukraine Uses Powerful Searchlights & Anti-Aircraft Guns To Neutralize Russian Geran-2 UAVs Used During Night Strikes” (英語). www. eurasiantimes.com. 2023年1月6日閲覧。
  68. ^ THOMAS NEWDICK (2022年12月13日). “Inside Ukraine's Desperate Fight Against Drones With MiG-29 Pilot "Juice"” (英語). www.thedrive.com. 2023年1月6日閲覧。
  69. ^ Sebastien Roblin (2022年12月11日). “To Stop Killer Drones, Ukraine Upgrades Ancient Flak Guns With Consumer Cameras And Tablets” (英語). www.forbes.com. 2023年1月6日閲覧。
  70. ^ ロシア主要製油所を攻撃、ウクライナから1300キロ ドローン工場も - ロイター通信(2024年4月2日)、2024年4月3日閲覧
  71. ^ ウクライナのドローン、国境から1千キロ以上のロシア西部を攻撃か - 朝日新聞デジタル(2024年4月2日)、2024年4月3日閲覧
  72. ^ Ljunggren, David (2022年9月23日). “Ukraine to slash ties with Iran over 'evil' drones supply to Russia”. Reuters. オリジナルの2022年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220924201101/https://www.reuters.com/world/europe/ukraine-says-it-downed-four-iranian-drones-zelenskiy-raps-tehran-2022-09-23/ 2022年9月25日閲覧。 
  73. ^ “European countries urge UN probe of Iran drones in Ukraine”. France 24. (2022年10月22日). オリジナルの2022年10月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20221022115325/https://www.france24.com/en/live-news/20221022-european-countries-urge-un-probe-of-iran-drones-in-ukraine. "France, Britain and Germany called Friday in a letter to the United Nations for an "impartial" investigation into Iranian drones the West says Russia is using in the war in Ukraine. "We would welcome an investigation by the UN Secretariat team responsible for monitoring the implementation of UNSCR 2231," the UN ambassadors of the three countries wrote." 
  74. ^ Amir Saeid Iravani (2022年10月19日). “Letter dated 19 October 2022 from the Permanent Representative of the Islamic Republic of Iran to the United Nations addressed to the Secretary-General”. United Nations Security Council. 2022年11月5日閲覧。
  75. ^ Amir Saeid Iravani (2022年10月24日). “Letter dated 24 October 2022 from the Permanent Representative of the Islamic Republic of Iran to the United Nations addressed to the Secretary-General and the President of the Security Council”. United Nations Security Council. 2022年11月4日閲覧。
  76. ^ “Ukraine war: US says Iranian drones breach sanctions” (英語). BBC News. (2022年10月18日). https://www.bbc.com/news/world-europe-63294698 2022年10月22日閲覧。 
  77. ^ Iranian foreign ministry spokesman reacts to some claims about shipment of arms including military drones by Iran to Ukraine” (英語). en.mfa.ir. 2022年10月18日閲覧。[リンク切れ]
  78. ^ Lederer, Edith M. (2022年10月19日). “Ukraine accuses Iran of violating UN ban on transferring drones”. PBS. 2022年11月4日閲覧。
  79. ^ The rise of Iran's drone industry” (英語). Middle East Eye. 2022年11月5日閲覧。
  80. ^ 22 countries seek to buy Iranian drones: general” (英語). Tehran Times (2022年10月18日). 2022年11月5日閲覧。
  81. ^ Russland setzt auf Kamikaze-Drohnen aus Iran” [Russia bets on kamikaze-drones from Iran] (ドイツ語). SRF (2022年10月19日). 2022年10月22日閲覧。; Kamikaze-Drohnen sind militärisch nutzlos – aber trotzdem wirksam” [Kamikaze-Drones are militarily useless - but nevertheless effective] (ドイツ語). SRF (2022年10月19日). 2022年10月22日閲覧。
  82. ^ Russland-Experte vermutet Plan, der den Westen treffen soll: Bringen Kamikaze-Drohnen Putin die Kriegs-Wende? (tr. "Russia expert suspects plan that should hit the West: will kamikaze drones bring the war to Putin?"), merkur.de, 24 October 2022
  83. ^ EXPLAINER: Killer drones vie for supremacy over Ukraine, ABC, 18 October; quote: “They know that most will not make it through”
  84. ^ Wie einst Hitler mit der V1-Rakete: Russland sucht sein Heil in billigen Terrorwaffen, (tr. "Like Hitler with the V1 rocket: Russia seeks salvation in cheap terror weapons") watson, 17. Oktober 2022
  85. ^ Nissenbaum, Yaroslav Trofimov and Dion. “WSJ News Exclusive | Russia's Use of Iranian Kamikaze Drones Creates New Dangers for Ukrainian Troops” (英語). WSJ. 2022年11月5日閲覧。
  86. ^ Iran says won't remain 'indifferent' if Russian use of its drones in Ukraine proven” (英語). Al Arabiya English (2022年10月24日). 2022年11月2日閲覧。
  87. ^ We have not handed over any drones or weapons to #Russia to be used in the war against #Ukraine. (Iran Foreign Ministry)” (英語). Twitter. 2022年11月2日閲覧。
  88. ^ We are confident that there is no change in the position of the Islamic Republic of #Iran regarding the war in #Ukraine and there will be no change in future either. (Iran Foreign Ministry)” (英語). Twitter. 2022年11月2日閲覧。
  89. ^ “Iran acknowledges drone shipments to Russia before Ukraine war” (英語). Reuters. (2022年11月5日). https://www.reuters.com/world/iran-acknowledges-drone-shipments-russia-before-ukraine-war-2022-11-05/ 2022年11月5日閲覧。 
  90. ^ Iran opposes Ukraine war, supports peace and a ceasefire” (英語). Mehr News Agency (2022年11月11日). 2022年11月11日閲覧。
  91. ^ ロシア軍ドローン指導?のイラン人軍事顧問、ウクライナ軍が殺害”. 毎日新聞 (2022年11月27日). 2022年11月27日閲覧。
  92. ^ VIDEO: Moment when Shahed-136 drone hits terrorists bases” (英語). Mehr News Agency (2022年10月2日). 2022年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月5日閲覧。

関連項目[編集]

関連製品[編集]

用途、構成、時代が類似した航空機[編集]