ハーピー (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

IAI ハーピー

2007年のパリ・エアショーで展示されたハーピー

2007年パリ・エアショーで展示されたハーピー

ハーピー(IAI Harpy)は、イスラエルイスラエル・エアロスペース・インダストリーズ社が1990年代に開発した無人攻撃機である。

無人攻撃機自体が目標に突入して自爆する、"徘徊型兵器" (loitering munition) の先駆けとなった機種である。

概要[編集]

IAI ハーピーは、レーダーサイトなどの敵防空網への攻撃(SEAD)に最適化されている。この機体が特徴的なのは、一般的なUAVと異なりレーダーなどのマイクロ波を感知可能な高性能なパッシブシーカーを搭載していることである。高価値目標(敵防空ミサイルシステムのレーダーなど)を見つけ出すと、胴体内に搭載した高性能爆薬(70ポンド)もろとも目標に自ら突入し自爆攻撃を行う。ある意味では対レーダーミサイルの様でもある、特徴的なUCAVである。

後年、同じ特攻戦術を用いる、より大型の無人攻撃機であるIAI ハロップ英語版が開発されたが、IAIハロップはIAI ハーピー 2とも呼称される事があり、これに対応して、IAIハーピーはIAI ハーピー 1と呼称される事もある。

採用国[編集]

中国への輸出問題[編集]

2004年に、アメリカ合衆国中国への武器や軍事技術の輸出制限政策で、IAIハーピーが焦点の一つとなった。1994年に約55万USドルで中国に輸出されていたIAIハーピーが、アップグレードの為、この年にイスラエルに戻ってきていたのであるが、アメリカは近代化改修されたIAIハーピーが台湾やアメリカ軍にとって脅威となる事を警戒し、イスラエルに対し、アップグレード契約を破棄し、IAIハーピーを中国に返却しないよう要求した。イスラエルの発表によると、IAIハーピーにはイスラエルの独自開発技術だけが使われており、アメリカ製の軍事技術は含まれていない、との事であった。結局、2005年に、IAIハーピーはアップグレードを施されずに、中国に返却された。この出来事はアメリカとイスラエルの関係を一時的に冷却させる事になり、イスラエルは、統合打撃戦闘機計画への、Security Cooperation Participation(安全保障協力参加)を(結果的には一時的にであるが)見合わせる事にした。その後、2005年11月には、イスラエルは統合打撃戦闘機計画へ再度参加する事となった。

性能諸元[編集]

  • 全幅:2.1m
  • 全長:2.7m
  • 運用自重:135kg
  • 炸薬搭載量:32kg
  • エンジン:UEL製AR731 ロータリーエンジン
  • 最大速度:100kt
  • 航続距離:270nm
  • 乗員:0名

関連項目[編集]