サマーフィールド (オハイオ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オハイオ州サマーフィールド
—    —
位置図
座標: 北緯39度47分50秒 西経81度20分10秒 / 北緯39.79722度 西経81.33611度 / 39.79722; -81.33611
アメリカ合衆国
オハイオ州
ノーブル郡
面積
 - 計 0.4mi2 (1.0km2)
 - 陸地 0.4mi2 (1.0km2)
 - 水面 0.0mi2 (0.0km2)
標高[1] 1,201ft (366m)
人口 (2000年)
 - 計 296人
等時帯 東部標準時 (UTC-5)
 - 夏時間 東部夏時間 (UTC-4)
ZIPコード 43788
市外局番 740
FIPSコード 39-75406[2]
地名情報システム(GNIS)ID 1076998[1]

サマーフィールド: Summerfield)は、アメリカ合衆国オハイオ州ノーブル郡にある村。2000年国勢調査時の人口は296人。

地理[編集]

国勢調査局の調査では総面積1.0平方キロ(0.4平方マイル)で、全域を陸地が占める。

人口動態[編集]

2000年国勢調査[2]時点でこの村には296人、103世帯、77家族が暮らしていた。人口密度は1平方キロあたり308.9人で、平方マイルに換算すると799.3人となる。住居数は116軒で、1平方キロあたりに121.0軒(1平方マイルあたりでは313.3軒)建っていることになる。住民は全員白人。

103世帯のうち45.6%は18歳未満の子供と暮らしており、60.2%は夫婦で生活している。9.7%は未婚の女性が世帯主であり、24.3%は家族以外の住人と同居している。20.4%が独り身世帯で、14.6%を独居老人が占める。1世帯あたりの平均構成人数は2.87人、家庭の構成人数は3.38人である。

住民のうち35.8%が18歳未満の未成年、8.1%が18歳以上24歳以下、24.7%が25歳以上44歳以下、19.6%が45歳以上64歳以下、11.8%が65歳以上となっており、平均年齢は28歳である。女性100人に対し男性が89.7人いる一方、18歳以上の女性100人ごとに対しては81.0人いる。

一世帯あたりの平均収入は28,750米ドルで、家族ごとでは29,844米ドルである。男性の平均収入は29,375米ドル、女性の平均収入は16,250米ドルで、労働者でない人々も含めた住民一人当たりの収入は15,132米ドルとなる。総人口の19.8%、家族の16.7%、18歳未満の子どもの17.5%、および65歳以上の老人の24.4%は貧困線以下の収入で生計を立てている。

およそ20人から成る消防団があり、郡の東部を管轄している。

出身有名人[編集]

  • ジェイムズ・M・タトル - 南北戦争の連合国側将官で、1863年アイオワ州知事選の民主党候補者

脚注[編集]

座標: 北緯39度28分30秒 西経81度12分04秒 / 北緯39.4750度 西経81.2010度 / 39.4750; -81.2010