サザンスカイタワー八王子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サザンスカイタワー八王子
Southern Sky Tower Hachioji 1.jpg
サザンスカイタワー八王子
サザンスカイタワー八王子の位置(多摩地域内)
サザンスカイタワー八王子
サザンスカイタワー八王子
施設情報
所在地 東京都八王子市子安町四丁目7番1
座標 北緯35度39分16.7秒
東経139度20分15.4秒
座標: 北緯35度39分16.7秒 東経139度20分15.4秒
状態 完成
着工 2008年(平成20年)1月
開業 2010年(平成22年)12月1日[1]
用途 共同住宅、店舗、劇場(ホール)、事務所、公共施設
地上高
屋上 157.5m
各種諸元
階数 地下2階、地上41階
延床面積 99,769.87
関連企業
設計 大林組
施工 八王子駅南口地区第一種市街地再開発事業施設建築物建設共同事業体(構成会社:大林組(代表)、東急建設、田中建設)
サザンスカイタワー八王子(商業部分)
建設中のサザンスカイタワー八王子(2010年2月)

サザンスカイタワー八王子(サザンスカイタワーはちおうじ)[2]は、八王子駅南口地区市街地再開発組合によって建設された超高層マンション「サザンスカイタワーレジデンス」を中心とする複合商業施設である。タワーマンションとしては、多摩地域最高層である。

概要[編集]

1991年5月[3]から八王子市主導で八王子駅南口の再開発事業(八王子駅南口地区市街地再開発事業)が策定され、2008年1月[3]に着工。事業主は、「八王子駅南口地区市街地再開発組合」。 2010年11月に竣工し、同年12月1日に全面開業した。

同時に、駅前ロータリーの整備(地下駐輪場・地下駐車場・ペデストリアンデッキ(とちの木デッキ)・バスロータリーの新設)が行われ、とちの木デッキと直結している。

沿革[編集]

  • 1991年平成3年)5月 - 「八王子駅南口地区市街地再開発準備組合」を設立。
  • 1993年(平成5年)3月 - 都市計画決定。
  • 2008年(平成20年)1月 - 再開発ビル工事着工。
  • 2008年(平成20年)11月26日 - 再開発ビルの愛称をサザンスカイタワー八王子、ペデストリアンデッキの愛称をとちの木デッキと決定する[4]
  • 2010年(平成22年)1月26日 - 上棟式が行われ、関係者・報道関係者に39階部分が公開された[5]
  • 2010年(平成22年)8月 - 市民会館のネーミングライツを市内に研究施設を持つオリンパスが取得、八王子市と基本合意し『オリンパスホール八王子』に決定した。使用期間は2011年4月1日から2021年3月31日の10年間[6]
  • 2010年(平成22年)11月20日 - 1階・2階の一部が部分開業[7][8]
  • 2010年(平成22年)11月27日〜12月5日 - 南口まちびらき記念フェスタ開催[9]
  • 2010年(平成22年)12月1日 - 全面開業[1]
  • 2011年(平成23年)4月2日 - 八王子市民会館(オリンパスホール八王子)開館。

建物概要[編集]

低層部(ホール棟)と高層部(住居層)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 波戸健一、菅野みゆき、米沢信義(2010年12月2日). “中央線3駅商圏争奪戦 大型施設相次ぎ開業”. 朝日新聞 (朝日新聞社)
  2. ^ 八王子駅南口再開発の施設の愛称が決定|八王子市
  3. ^ a b 八王子駅南口地区市街地再開発事業(事業中)|八王子市
  4. ^ 再開発ビルの愛称は「サザンスカイタワー八王子」-八王子駅南口再開発で八王子経済新聞(2008/11/27)
  5. ^ 東京新聞:多摩地区最高層 41階建てビル棟上げ 『サザンスカイタワー八王子』東京新聞(2010/1/27)
  6. ^ オリンパス ニュースリリース:八王子新市民会館ネーミングライツに関し、八王子市と基本合意
  7. ^ 再開発ビル「サザンスカイタワー八王子」が部分開業-書店・スーパーなど八王子経済新聞(2010/11/19)
  8. ^ くまざわ書店インフォメーション
  9. ^ 八王子駅南口で「まちびらき記念フェスタ」-再開発地域の竣工受け八王子経済新聞(2010/11/22)
  10. ^ 建築計画による
  11. ^ [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]