グワーダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グワーダル
گوادر
グワダルの海岸の上空からの光景
グワダルの海岸の上空からの光景
行政
 パキスタン
  バローチスターン州
 町 グワーダル

グワーダル:Gwadar、گوادر)は、パキスタン南西部バローチスターン州にある町。日本語メディアではグワダルと表記されることもある。名称は地元のバローチ語で「風の門」を意味する。アラビア海に面しており、中国新疆ウイグル自治区カシュガルに至る中国・パキスタン経済回廊英語版(CPEC)及びそれを含めた一帯一路構想の要衝として開発が進んでいる[1]

1797年から1958年にかけて、アラビア海対岸にあるオマーンの領土だった。オマーン時代は自由港だったため輸入品が安かった。パキスタンからの客が多かったのもあり密輸も栄えていた。

歴史と現状[編集]

1783年にオマーン宮廷で内紛が発生し、Saiadという王族が追放された。カラート藩王国英語版[2]ハーンが、Saiadをグワーダルを領土とするスルターンとしたが、Saiadはその後オマーンに帰国。1797年にオマーンの国王に即位したため、グワーダルはオマーンの飛地領土となった。

しかし1876年にグワーダルの周囲のカラート等の各王国が、1891年にはオマーンがイギリス保護国となり、英領インドの一部となる。

1947年英領インドからパキスタンが独立し、グワーダル地域が問題となった。結局、オマーンは1958年に300万ポンドでパキスタンに売却した[3]。これによりグワーダルの飛地は解消された。

1998年核実験でパキスタンが経済制裁によりグワーダルの深海港開発計画が中止になり[4]2001年に中国の朱鎔基国務院総理が訪問して当時のパキスタンのパルヴェーズ・ムシャラフ大統領とグワーダルの港湾建設で合意して2002年に開始され[5]2007年に完成したグワーダル港英語版の40年間にわたる運営権はシンガポールPSAインターナショナルに譲渡された[6][7]

2013年1月30日、パキスタン政府はPSAから回収したグワーダル港運営権の中国企業への移譲を認可し[8]、同年2月18日の調印式にはパキスタンのアースィフ・アリー・ザルダーリー大統領らが出席した[9]。パキスタンのアフマド・ムフタール英語版国防相は中国人民解放軍海軍が駐留する軍港化を提案するも中国の梁光烈国防部部長は応じなかったと述べた[10]

2016年11月、正式に開港し、式典でナワーズ・シャリーフ首相は演説で「今日は新しい時代の幕開けだ」と述べ、CPECを警備する特別治安部隊(SSD)の指揮官であるパキスタン陸軍参謀長のラヒール・シャリフ英語版らも出席した[11][12]。中パ両国と対立を抱えるインドは、グワーダル港が中国に軍事利用される可能性を警戒しており[13]イラン南東部スィースターン・バルーチェスターン州の港町チャーバハールの開発理由はグワーダル港への対抗ともされる。一方で軍事的に密接な中パ両国と友好的でイランに敵対的なサウジアラビアはCPECの「第三のパートナー」とされ[14]、インドがCPECを妨害していると批判していたラヒール・シャリフはサウジアラビアによるイラン包囲網とされるイスラム軍事同盟英語版の初代最高司令官に抜擢され[15][16]ムハンマド・ビン・サルマーン皇太子はパキスタンと中国を訪問した際にグワーダルの製油所建設などの協力で合意した[17][18]

住民[編集]

オマーンとパキスタンの二重国籍を持つ者が多いが、アフリカ系の住民もいる。宗教はイスラム教が多数を占めていて、イスマーイール派が影響力がある。

脚注[編集]

  1. ^ 【紅い侵入 一帯一路の陰で】(中)中国マネー「風の門」パキスタンの商業港に巨額投資『産経新聞』朝刊2018年1辰13日
  2. ^ 現在のパキスタンバルチスタン
  3. ^ この300万ポンドスルターンの銀行口座に振り込まれたが、オマーンの国家建て直しの資金に使うため使われなかった。
  4. ^ "Gwadar port: 'history-making milestones'". dawn.com. 14 April 2008.
  5. ^ Mathias, Hartpence (15 July 2011). "The Economic Dimension of Sino-Pakistan Relations: An Overview": 581–589.
  6. ^ "China set to run Gwadar port as Singapore quits". Asia Times. 5 September 2012.
  7. ^ Shahid, Saleem (21 March 2007). "Gwadar Port inaugurated: Plan for second port in Balochistan at Sonmiani". dawn.com.
  8. ^ 外交部:パキスタン・グワダル港の中国企業への運営権移譲について『人民日報』日本語版2031年2月1日(2018年2月1日閲覧)
  9. ^ Raza, Syed Irfan (18 February 2013). "China given contract to operate Gwadar port". dawn.com.
  10. ^ “パキスタン グワダル港の中国海軍基地建設を歓迎”. 中国網. (2012年9月3日). http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2012-09/03/content_26412047.htm 2019年9月27日閲覧。 
  11. ^ “COAS visits headquarters of newly-raised CPEC security division”. Samaa TV. (2016年2月19日). https://www.samaa.tv/news/2016/02/coas-visits-headquarters-of-newly-raised-cpec-security-division/ 2019年9月21日閲覧。 
  12. ^ “パキスタンのグワダル港が正式に開港”. 中国網. (2016年11月15日). http://japanese.china.org.cn/business/txt/2016-11/15/content_39706371.htm 2019年9月21日閲覧。 
  13. ^ 焦点:パキスタン海洋拠点に賭ける中国、巨額投資の落とし穴ロイター通信(2018年2月1日閲覧)
  14. ^ “Pakistan: Saudi Arabia to Join China-Funded Development Project”. ボイス・オブ・アメリカ. (2018年9月20日). https://www.voanews.com/a/pakistan-saudi-arabia-to-join-china-funded-development-project/4580299.html 2018年9月21日閲覧。 
  15. ^ “India out to sabotage CPEC: Raheel”. DAWN.COM. (2016年4月13日). https://www.dawn.com/news/1251784/india-out-to-sabotage-cpec-raheel 2019年9月21日閲覧。 
  16. ^ “Saudi Ambassador reveals Raheel Sharif role in Islamic Military Alliance”. Times of Islambad. (2017年9月24日). https://timesofislamabad.com/24-Sep-2017/saudi-ambassador-reveals-raheel-sharif-role-in-islamic-military-alliance 2019年9月21日閲覧。 
  17. ^ “Saudi Crown Prince Signs $20B in Investment Deals in Pakistan”. ボイス・オブ・アメリカ. (2019年2月18日). https://www.voanews.com/a/saudi-crown-prince-set-to-begin-historic-pakistan-visit/4790600.html 2019年2月24日閲覧。 
  18. ^ “サウジ皇太子、中国に急接近 対米「共同戦線」の思惑”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2019年2月23日). https://jp.wsj.com/articles/SB11830615849198453656404585140260626424610 2019年2月24日閲覧。 

外部リンク[編集]