グレーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グレーター(Grater)またはシュレッダー(shredder)は、食材を細かくおろすための調理器具である。フランソワ・ブーリエが1540年代に発明した。

利用[編集]

調理[編集]

おろし金部分の大きさが異なる様々なグレーターがあり、多様な食材に対応できる。一般的には、チーズ柑橘類ピールをおろすのに用いられるが、その他の柔らかい食材にも使える。チーズトーストウェルシュ・レアビット、またマカロニ・アンド・チーズやカリフラワーチーズ等、チーズソースを用いる料理の調理には、欠かせない器具である。

スラヴ料理では、ポテトパンケーキポテトバブカのためにジャガイモをおろすのに用いられる。

熱帯の国々では、ココナッツの果肉をおろすのに用いられる。インド亜大陸では、人気のデザートであるガジャル・カ・ハルバの調理に用いられる。

グレーターでは、中央部よりも端部が薄い断片が作られる。これにより、食材は、フードプロセッサー等で均一に切断した場合と比べ、溶けやすくなったり、食感が変わる。

楽器[編集]

ジャマイカでは、ココナッツグレーターを伝統的な楽器として用い、太鼓ファイフとともに、クミナジョンカヌー、また時にはメントの演奏に用いられる[1]

歴史[編集]

チーズグレーターは、1540年代にフランソワ・ブーリエが、固くなったチーズを用いたいというアイデアから、フランスで発明した[2]

画像[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Brad Fredericks. “American Rhythm and Blues Influence on Early Jamaican Musical Style”. 2007年7月14日閲覧。
  2. ^ Hill, Kathleen Thompson (Fall 2011). “A Grate Look”. Culture Cheese Magazine. 2013年1月1日閲覧。