グリーゼ892

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グリーゼ892
Gliese 892
PIA19832-StarHD219134-Location-20150730.jpg
グリーゼ892の位置
星座 カシオペヤ座
視等級 (V) 5.574[1]
変光星型 閃光星[2]
分類 K型主系列星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 23h 13m 16.97632s[3]
赤緯 (Dec, δ) +57° 10′ 06.0823″[3]
視線速度 (Rv) -18.5 km/s[4]
固有運動 (μ) 赤経:2,075.07±0.33 ミリ秒/年[3]
赤緯:295.45±0.25 ミリ秒/年[3]
年周視差 (π) 152.76±0.29ミリ秒[3][5]
距離 21.35+0.04
−0.04
光年[注 1]
(6.55+0.01
−0.02
パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) 6.46[6]
物理的性質
半径 0.778±0.005 R[5]
質量 0.78±0.022 M[5]
表面重力 4.50 cgs[7]
自転速度 6.94 km/s[8]
自転周期 42.3±0.1 d[5]
スペクトル分類 K3V[7]
光度 0.265±0.002 L[5]
表面温度 4,699±16 K[5]
色指数 (B-V) +0.983[1]
色指数 (U-B) +0.902[1]
金属量[Fe/H] +0.20[7]dex
年齢 ~12.46[9] Gyr
別名称
別名称
BD+56 2966, FK5 875,
GJ 892, HD 219134,
HIP 114622, HR 8832,
SAO 35236[2]
■Project ■Template
大きさの比較
太陽 グリーゼ892
The Sun Exoplanet

グリーゼ892(Gliese 892)は、カシオペヤ座にある主系列星である。HR 8832HD 219134とも呼ばれる。太陽よりも小さくて光度が低いスペクトル型K3Vの恒星であり、橙赤色に輝く。グリーゼ892は比較的太陽系に近く、距離は21.25光年と推定されている。この恒星は、裸眼で見える限界に近い視等級である。

この恒星は、106.6″離れた位置に9.4等級の伴星を伴っている[10]

惑星系[編集]

2015年、グリーゼ892に4つの太陽系外惑星が発見された[5]。そのうちグリーゼ892b(HD 219134 b)は地球のような岩石で構成された岩石惑星であることが確認されている[11]。またグリーゼ892bはグリーゼ892系の惑星で唯一、トランジットを起こすことが確認されている[5]。このことからグリーゼ892bの半径は地球の1.606倍、軌道傾斜角は85.058度であることが判明した[5]質量からみてグリーゼ892cdは地球より大きな岩石惑星スーパーアース、一番外側のグリーゼ892eガス惑星の可能性が高い。

さらに、その後の観測で新たにグリーゼ892fグリーゼ892gグリーゼ892hという3つの惑星が発見され、惑星の総数は7個となった[6]。現在、7個の惑星を持つ恒星はグリーゼ892以外にはHD 10180ケプラー90グリーゼ667C(しかし、そのうちの5個は存在しない可能性有り)しかない。

また、f、g、hの発見後にはグリーゼ892eを除く既知の惑星のパラメーターも修正された。ここでは2通りのパラメーターを掲示する。

                                          f,g,h発見前のパラメーター    
グリーゼ892の惑星[5][12]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b ≥4.46±0.47 M 0.0382±0.0003 3.0931±0.0001 0.00+0.13
−0.00
85.058±0.08° 1.606±0.086 R
c ≥2.67±0.59 M 0.064±0.001 6.765±0.005 0.00+0.26
−0.00
d ≥8.67±1.14 M 0.234±0.002 46.78±0.16 0.32±0.14
e ≥62±6 M 2.14+0.43
−0.02
1190+379
−34
0.27±0.11
                                           f,g,h発見後のパラメーター
グリーゼ892の惑星[6][12]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b ≥3.8±0.3 M 0.0384740±0.0000008 3.0931±0.0001 0 [注 2]° [注 2] R
c ≥3.5±0.6 M 0.064816±0.000004 6.7635±0.06 0
f ≥8.9±1.0 M 0.14574±0.00002 22.805±0.005 0
d ≥21±1 M 0.23508±0.00004 46.71±0.01 0
g ≥11±1 M 0.3753±0.0004 94.2±0.2 0
e ≥62±6 M 2.14+0.43
−0.02
1190+379
−34
0.27±0.11
h ≥0.34±0.02 MJ 3.11±0.04 2247±43 0.06±0.04

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ a b f、g、hの発見後の観測では軌道傾斜角と半径は求められなかった為、空白にしている。決して軌道傾斜角と半径が不明になった訳ではない。

出典[編集]

  1. ^ a b c Oja, T. (August 1986), “UBV photometry of stars whose positions are accurately known. III”, Astronomy and Astrophysics Supplement Series 65 (2): 405–409, Bibcode 1986A&AS...65..405O. 
  2. ^ a b “HR 8832 -- Flare Star”, SIMBAD Astronomical Object Database (Centre de Données astronomiques de Strasbourg), http://simbad.u-strasbg.fr/simbad/sim-id?Ident=HD+219134 2012年4月8日閲覧。. 
  3. ^ a b c d e van Leeuwen, F. (November 2007), “Validation of the new Hipparcos reduction”, Astronomy and Astrophysics 474 (2): 653–664, arXiv:0708.1752, Bibcode 2007A&A...474..653V, doi:10.1051/0004-6361:20078357. 
  4. ^ Wielen, R. et al. (1999), Sixth Catalogue of Fundamental Stars (FK6). Part I. Basic fundamental stars with direct solutions, Astronomisches Rechen-Institut Heidelberg, Bibcode 1999VeARI..35....1W. 
  5. ^ a b c d e f g h i j Motalebi, F.; Udry, S. et al. (2015-07-31), “The HARPS-N Rocky Planet Search -- I. HD 219134 b: A transiting rocky planet in a multi-planet system at 6.5 pc from the Sun”, Astronomy & Astrophysics, arXiv:astro-ph/1507.08532, http://arxiv.org/pdf/1507.08532.pdf 2015年8月13日閲覧。 
  6. ^ a b c Steven S. Vogt,Jennifer Brut et al. (2015年9月25日). “A Six-Planet System Orbiting HD 219134”. arXiv:1509.07912v1 [astro-ph.EP]. 
  7. ^ a b c Frasca, A. et al. (December 2009), “REM near-IR and optical photometric monitoring of pre-main sequence stars in Orion. Rotation periods and starspot parameters”, Astronomy and Astrophysics 508 (3): 1313–1330, Bibcode 2009A&A...508.1313F, doi:10.1051/0004-6361/200913327. 
  8. ^ Martínez-Arnáiz, R. et al. (September 2010), “Chromospheric activity and rotation of FGK stars in the solar vicinity. An estimation of the radial velocity jitter”, Astronomy and Astrophysics 520: A79, arXiv:1002.4391, Bibcode 2010A&A...520A..79M, doi:10.1051/0004-6361/200913725. 
  9. ^ Takeda, Genya et al. (February 2007), “Structure and Evolution of Nearby Stars with Planets. II. Physical Properties of ~1000 Cool Stars from the SPOCS Catalog”, The Astrophysical Journal Supplement Series 168 (2): 297–318, arXiv:astro-ph/0607235, Bibcode 2007ApJS..168..297T, doi:10.1086/509763. 
  10. ^ Eggleton, P. P.; Tokovinin, A. A. (September 2008), “A catalogue of multiplicity among bright stellar systems”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 389 (2): 869–879, arXiv:0806.2878, Bibcode 2008MNRAS.389..869E, doi:10.1111/j.1365-2966.2008.13596.x. 
  11. ^ 地球から21光年先のスーパーアース”. AstroArts (2015年8月10日). 2015年8月13日閲覧。
  12. ^ a b PLANET HOST OVERVIEW PAGE - HD 219134”. NASA Exoplanet Archive. 2015年12月20日閲覧。

外部リンク[編集]