グスタフ・ラートブルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グスタフ・ラートブルフ(1921年)

グスタフ・ラートブルフ(Gustav Radbruch、1878年11月21日 - 1949年11月23日)は、ドイツの法哲学者、刑法学者刑事政策家。フランツ・フォン・リスト(Franz von Liszt)門下。

経歴[編集]

  • 1878年11月21日、裕福な商人ハインリッヒ・ラートブルフとその妻エンマの子として、リューベックに生まれる。同地にてカタリーネ・ギムナジウム(Katharineum)に入学し、ギリシア語ラテン語を習得する。
  • ライプツィヒ大学に籍を置いていた際に、カール・ビンディング(Karl Binding)がフランツ・フォン・リストの教科書の危険性について警告したことがきっかけとなり、かえってラートブルフはリストのいるベルリンへ赴き、リストの門下となる[1]。。
  • 1901年 第一次司法試験に合格。司法試補職(Rechtsreferendariat)のため、故郷のリューベックに帰る。しかし、研究のためにリストのゼミナールに戻る。
  • 1902年5月 博士学位取得のための口述試験に合格。『相当因果惹起の理論』("Die Lehre von der adäquanten Verursachung")
  • 1903年 教授資格論文をリストの推薦で、ハイデルベルク大学のカール・フォン・リリエンタール(Karl von Lilienthal)に提出。同大学私講師
  • 1914年9月 ケーニヒスベルク大学英語版員外教授に招聘される。
  • 1915年 娘レナーテ・マリア(Renate Maria)生まれる(1939年、雪崩によって死去)。
  • 1918年 息子アンゼルム(Anselm)生まれる(1943年、スターリングラードの前で兵士として死去)
  • 1919年 キール大学正教授。
  • 1921年1922年 ヴィルト内閣において司法相に就任。いわゆる「ラートブルフ草案」を提出。
  • 1922年-1923年 シュトレーゼマン内閣において司法相に就任。
  • 1926年 ハイデルベルク大学正教授。
  • 1933年 教職を罷免される。
  • 第二次世界大戦後、ハイデルベルク大学に復職。法学部長を務める。
  • 1949年11月23日、ハイデルベルクで死去。

著作集[編集]

ラートブルフの全著作は、晩年の弟子アルトゥール・カウフマンに遺贈され、カウフマンによってラートブルフ全集が計画された[2]。その全集は1987年の第1巻『法哲学I』に始まり、2003年の第20巻『補遺と全巻索引』で完結している。

日本語訳[編集]

ラートブルフの著作の日本語版は、1960年代に東京大学出版会から、山田晟久保正幡野田良之碧海純一らの編集で『ラートブルフ著作集』(全11巻完結)として出版されている[3]

  • 『ラートブルフ著作集1 法哲学』田中耕太郎訳。ラートブルフの主著。
  • 『ラートブルフ著作集2 法哲学綱要』山田晟訳。
  • 『ラートブルフ著作集3 法学入門』碧海純一訳。
  • 『ラートブルフ著作集4 実定法と自然法』尾高朝雄ほか訳。
  • 『ラートブルフ著作集5 法における人間』桑田三郎ほか訳。
  • 『ラートブルフ著作集6 イギリス法の精神』林・長尾龍一ほか訳。
  • 『ラートブルフ著作集7 一法律家の生涯』菊池栄一・宮沢浩一訳。近代刑法学の父A.フォイエルバッハの生涯。
  • 『ラートブルフ著作集8 社会主義の文化理論』野田良之・山田晟訳。
  • 『ラートブルフ著作集9 人と思想』野田良之・小堀桂一郎訳。
  • 『ラートブルフ著作集10 心の旅路』山田晟訳。死後刊行された自叙伝。
  • 尾高朝雄・碧海純一『ラートブルフ著作集 別 ラートブルフの法哲学』。ラートブルフ法哲学の解説。

参考文献[編集]

  • 宮澤浩一編『西ドイツ刑法学学者編』成文堂、1978年。
  • 金子宏新堂幸司平井宜雄編『法律学小辞典 第4版』有斐閣、2004年。
  • アルトゥール・カウフマン(上田健二訳)「グスタフ・ラートブルフ―生涯と作品」『同志社法学』第326号(60巻第1号)。

脚注[編集]

  1. ^ アルトゥール・カウフマン『グスタフ・ラートブルフ―生涯と作品』(『同志社法学』第326号、2008年)19頁。宮澤浩一編『西ドイツ刑法学 学者編』(成文堂、1978年)467頁。
  2. ^ 宮澤編『西ドイツ刑法学 学者編』468頁。
  3. ^ 東京大学出版界『図書目録 2011』を基づいて作成。