矢崎光圀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

矢崎 光圀(やさき みつくに、1923年(大正12年)11月29日 - 2004年9月13日)は、日本法哲学者大阪大学名誉教授法学博士東京大学、1968年)(学位論文「法実証主義-現代におけるその意味と機能-」)。正四位勲三等旭日中綬章山梨県中巨摩郡若草村(旧若草町、後の南アルプス市)生まれ。言語学者・翻訳家の矢崎源九郎は兄。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学外における役職[編集]

  • 1961年5月 日本法哲学会理事
  • 1979年 日本法哲学会理事長(1985年まで)

学問上の業績[編集]

ハーバート・ハート(H. L. A. Hart)著『法の概念』『法学・哲学論集』の翻訳などで功績を残す。

著書[編集]

  • 『自然法』
  • 『法実証主義 現代におけるその意味と権能』日本評論新社、1963 
  • 『法哲学と法社会学』岩波書店、1973 
  • 『法哲学』筑摩書房、1975 
  • 『法思想史』日本評論社、1981 
  • 『日常世界の法構造』みすず書房、1987
  • 『法学入門』放送大学、1990
  • 『法思想の世界』塙新書、1996
  • 『法哲学』青林書院、2000

編著[編集]

  • 『現代法思想の潮流 二十世紀の法思想家たち』法律文化社、1967 
  • 法哲学講義 井上茂共編 青林書院新社 1970
  • 演習法律学大系 1 演習法律学概論 井上茂共編 青林書院新社 1973
  • 法哲学入門 八木鉄男共著 青林書院新社 1978
  • 近代法思想の展開 八木鉄男共編 有斐閣 1981

翻訳[編集]

論文[編集]

書評[編集]

血縁[編集]

俳優矢崎滋は、矢崎光圀の甥である。両人の顔は瓜二つであったといわれる。