田中成明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田中 成明(たなか しげあき、1942年2月24日 - )は、日本の法学者京都大学名誉教授。専門は法哲学、法理学。法学博士(京都大学、1980年)(学位論文「裁判をめぐる法と政治」)。兵庫県三田市出身。

人物[編集]

法の構造を普遍主義型法、管理型法、自律型法に分けて解明する。法科大学院制度の立役者の一人。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1964年04月 京都大学法学部助手(基礎法学専攻 法理学講座)
  • 1967年04月 京都大学法学部助教授(基礎法学専攻 法理学講座)
  • 1978年03月 京都大学法学部教授(基礎法学専攻 法理学講座)
  • 1991年04月 京都大学評議員(1993年4月まで)
  • 1992年04月 京都大学大学院法学研究科教授(基礎法学専攻 法理学講座)
  • 1997年04月 京都大学大学院法学研究科長・法学部長(1999年3月まで)
  • 2004年04月 国立大学法人京都大学理事副学長(法務・安全管理担当)(2005年9月まで)
  • 2005年04月 京都大学名誉教授
  • 2005年09月 京都大学退官
  • 2005年10月 関西学院大学大学院司法研究科(法科大学院)教授
  • 2009年04月 国際高等研究所副所長
  • 2010年03月 関西学院大学退任

著作[編集]

  • 『裁判をめぐる法と政治』(有斐閣、1979年)
  • 『現代日本法の構図』(悠々社、初版1987年、増補版1992年)
  • 『法的思考とはどのようなものか』(有斐閣、1989年)
  • 『法の考え方と用い方 現代法の役割』(大蔵省印刷局、1990年)
  • 『法的空間:強制と合意の狭間で』(東京大学出版会、1993年)
  • 『法理学講義』(有斐閣、1994年)
  • 『現代社会と裁判』(弘文堂、1996年)
  • 『法学入門』(放送大学教育振興会、2000年)
  • 『転換期の日本法』(岩波書店、2000年)
  • 『現代法理学』(有斐閣、2011年)

論文[編集]

  • 「司法制度改革の背景と課題について」(『法学論叢』148巻3・4合併号、2001年)
  • "Judicial Reform and Traditional Legal Culture in Contemporary Japan"Sungkyun Journal of East Asian Studies vol.1., Sungkyunkwan University, Academy of East Asian Studies,2001
  • 「現代日本の法と裁判を考える」(『東北学院大学・法学政治学研究所紀要』10号、2002年)
  • 「司法の機能拡大と裁判官の役割」(『司法研修所論集』108号、2002年)
  • 「手続的正義からみた民事裁判の在り方について」(『法曹時報』55巻5号、2003年)

社会的活動[編集]

  • 総合科学技術会議生命倫理専門調査会委員
  • 司法制度改革推進本部法曹養成検討会委員(座長)・法曹制度検討会委員
  • 法科大学院協会設立準備会事務局長
  • 大学評価・学位授与機構大学評価委員会委員