クリップコーポレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社クリップコーポレーション
CLIP Corporation
Chikusa Station Building 20140909.JPG
本社が入居する千種ステーションビル(2014年9月)
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
464-0075
愛知県名古屋市千種区内山三丁目18番10号 千種ステーションビル7F
北緯35度10分14.2秒
東経136度55分58.4秒
座標: 北緯35度10分14.2秒 東経136度55分58.4秒
設立 1981年5月23日
(株式会社湯浅教育システム中部)
業種 サービス業
法人番号 7180001005767
事業内容 学習塾運営等
代表者 代表取締役社長井上憲氏
資本金 2億1270万円
発行済株式総数 453万6000株
売上高 連結 34億53百万円
(2017年3月期)
経常利益 連結 1億84百万円
(2017年3月期)
純利益 連結 62百万円
(2017年3月期)
純資産 連結 47億53百万円
(2017年3月31日現在)
総資産 連結 52億69百万円
(2017年3月31日現在)
従業員数 連結 117名(2016年3月31日現在)
支店舗数 13
決算期 3月31日
主要株主 株式会社平和堂 27.36%
BBH FOR FIDELITY LOW-PRICED STOCK FUND(PRINCIPAL ALL SECTOR SUBPORTFOLIO)6.75%
山下隆弘 6.11%
井上憲氏 4.10%
株式会社十六銀行 3.21%
磯村紀美 3.10%
井上信氏 3.10%
井上正憲 3.07%
(2014年3月31日現在)
主要子会社 株式会社螢雪ゼミナール 100%
外部リンク http://www.clip-cor.co.jp/ (日本語)
テンプレートを表示

株式会社クリップコーポレーション: CLIP Corporation)は、愛知県名古屋市千種区に本社を置く日本の企業。[1][2]

概要[編集]

1982 年1 月にユアサ商事の孫会社であった湯浅教育システム中部の代表取締役に、現在㈱クリップコーポレーションの社長である井上憲氏が就任して学習塾を開始、その後、湯浅教育システム中部の譲渡を受け、それが、現在のクリップコーポレーションの前身となる。同社設立までの経緯を詳述すると、当時ユアサ商事は、コンピューター学習専用機器「ヤルキー」を販売のため8 社の販社を設立し、その内の一社が湯浅教育システム中部であった。しかし、価格が20 万円以上する機器は飛ぶようには売れず、どの販社も苦戦し、多くの販社が撤退を余儀なくされた。その一方で、井上は発想を転換し、異なるビジネスモデルを思いつく。それは、当該機器を設置するための事務所を準備し、そこに生徒を集め、機器の使用法の説明と学習指導を行い、月謝で資金を回収するという学習塾モデルである。このビジネスモデルを実行し、事業として軌道に乗せたのが同社のクリップ事業(個別指導塾)の走りである。塾名は「ヤルキー学園」であり、愛知県の豊明市に第一号教室を開いた。学習用コンピューターを活用した個別指導による学習塾の本格的な展開は、この会社が先駆けとも言われている。

現在は「ヤルキー学園」の他に、「ピックル進学教室」「東京進学ゼミナール・クリップ」などの学習塾事業、サッカー教室事業、バスケット教室事業、ツアーイベント事業、弁当の配食サービス事業や化粧品・健康食品の販売事業[3]、金属加工事業[4]、農業事業[5]も行っている。[6] CLIP(クリップ)という名前は、Clever Liberal Independent Positeve の4つの言葉の主旨を含み込んだ独自の造語で、既存の権威におもねることなく、自らの知恵と行動力でビジネスに取り組んでいく決意と姿勢を表している。[7]

ほかに化粧品販売・ケーブルテレビビデオシステムの販売・スポーツクラブ運営・飲食事業・住宅関連商品の販売・クリップアクトスタジオ運営など。新規事業として焼肉店の経営も始めた。

創業以来、連続しての増収増益を続けていたが、ここ数年の業績は低迷しており、6期連続しての減収減益となっている。[8]

減収傾向に歯止めをかけるため、接骨院鍼灸院及びマッサージ院、宅地建物取引業並びに不動産賃貸、管理、鑑定及びコンサルタント業、古物営業法に基づく古物の売買、ITに関する企画開発及びコンサルティング、電子商取引に関する業務を定款に入れ、経営再建中。[9]

沿革[編集]

  • 昭和56年5月 株式会社湯浅教育システム中部を設立、コンピュータ学習専用機器の販売を開始。
  • 昭和57年1月 現在の愛知県名古屋市千種区に本社を移転。
  • 昭和57年7月 中部運営本部を新設し、愛知県豊明市に豊明進学教室を開設。
  • 昭和57年10月 静岡県静岡市に静岡支社を新設。
  • 昭和58年2月 現在の静岡県静岡市北安東に静岡支社を静岡運営支部と名称変更して移転。
  • 平成元年3月 長野県松本市に湯浅教育研究所を新設。
  • 平成元年11月 株式会社ユアサシステムに社名を変更。
  • 平成2年5月 株式会社フィールを設立し、美と健康事業部として化粧品販売を開始。
  • 平成3年1月 宮城県仙台市太白区に東北運営本部を新設。
  • 平成3年7月 株式会社北海道本部の営業権を譲受。
  • 平成3年7月 ユニシステム株式会社を設立し、ケーブルテレビビデオシステムの販売を開始。
  • 平成4年2月 株式会社湯浅教育研究所の営業権を譲受。
  • 平成4年5月 福岡県福岡市中央区に九州運営本部を新設し、九州地区に進出。
  • 平成4年5月 株式会社フィールの営業権を譲受。
  • 平成4年6月 ユニシステム株式会社を株式会社ユアサシステムシーエイティーブイ事業部と改称。
  • 平成6年6月 株式会社ユアサスポーツクラブを設立。
  • 平成7年4月 現在の宮城県仙台市太白区に東北運営本部を移転。
  • 平成7年5月 福岡県北九州市に北九州運営本部を新設。
  • 平成7年6月 株式会社ユアサシステムシーエイティーブイ事業部と株式会社ユアサスポーツクラブを吸収合併。
  • 平成8年2月 株式会社平和堂より飲食店の営業権を買い取り飲食事業に進出。
  • 平成8年2月 長野県松本市の湯浅教育研究所を閉鎖。
  • 平成8年4月 住宅関連商品事業課を新設し、北海道地区にて住宅関連商品の販売を開始。
  • 平成8年5月 株式会社フィールを株式会社ユアサトータルサービスに商号変更。
  • 平成9年1月 株式会社クリップコーポレーションと改称。
  • 平成9年4月 現在の福岡県福岡市博多区に九州運営本部を移転。
  • 平成10年9月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
  • 平成12年2月 株式会社クリップアクトスタジオを設立。
  • 平成12年4月 株式会社クリップホームを設立し、住宅関連商品の販売を拡大。
  • 平成14年12月 株式会社クリップホームを株式会社クリップワークに商号変更。
  • 平成15年7月 株式会社クリップアクトスタジオを売却(株式譲渡)。
  • 平成16年1月 上海井上憲商務諮詢有限公司を設立。[10]
  • 平成16年2月 株式会社ユアサトータルサービスを解散。
  • 平成16年3月 株式会社クリップワークを解散。
  • 平成16年9月 株式会社蛍雪ゼミナールの全株式を取得しグループ化[11]
  • 平成16年12月 ジャスダック証券取引所へ上場
  • 平成22年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(ジャスダック市場)へ上場
  • 平成25年7月 大阪証券取引所と東京証券取引所が現物市場統合したことにより、東京証券取引所ジャスダック・スタンダード市場に上場 [12]

教室の運営形態[編集]

指導員(教室長)と呼ばれる社員1名で、生徒募集・学習計画作成・管理や進路指導・清掃などの教室運営全般を取り仕切っている[13] 。教室内は基本的にパーテーションなどで仕切らず、教室内のどこからでも生徒が見通せるようになっていて、指導員の目が行き届くようになっている。ここで生徒一人一人の学力に合わせた個別対応指導が行われる。ここでいう個別対応指導とは、あくまで「豊かな人間性の育成と学力の向上」を目的としており、1 教室あたり指導員が7~8 人の生徒を担当し、1 指導員あたり1 日3 枠をこなすシステムとなっているところが、他の個別指導塾と一線を画す。教室は住宅地に置き、商圏は教室から半径約2kmで、親子が歩いて30分で通える距離としている。対象は小学校1年生から中学3年生で、異学年・異教科・異内容をモットーに、生徒に勉強の仕方を指導し、自学自習する能力を付けるためのサポートをすることを重視している。生徒は通常週 2 回通い、月謝は平均 18,000 円である。生徒一人当たりの年間売上高は平均 33 万円と、個別指導型の学習塾と比し ては低めの設定である。科目は主要5教科。開発部と呼ばれる営業部隊が、開設時に商圏範囲内の小中学生に対して生徒募集を行い、初期段階で採算ベースに乗せるのも特徴の一つである。そのために同社は、全社員の 1 割を開発部に配備している。開発部では、3~4 人が班を組み、計 4 班で営業を担当する(関東 1班、中部・大阪 3 班) [14]。教室数は4期連続して減少していて、平成17年3月期で116教室となった[15]

役員構成[編集]

  • 代表取締役 :井上憲氏
  • 取締役専務 :山下隆弘
  • 取締役 :井上壽美子
  • 取締役 :徳野順一
  • 取締役 :高山俊昭
  • 常勤監査役 :橋本学
  • 監査役 :川崎修一
  • 監査役 :日比大介[16]

事業所[編集]

  • 本社     愛知県名古屋市千種区内山3-18-10 千種ステーションビル7階
  • 名古屋本部  愛知県名古屋市千種区内山3-18-10 千種ステーションビル7階
  • 茨城支部   茨城県土浦市湖北2-9-1 エスベイエルマンション211
  • 埼玉支部   埼玉県さいたま市北区日進町2-1433-22
  • 千葉支部   千葉県千葉市若葉区都賀2-25-5
  • 東東京支部  千葉県市川市相之川4-8-14 グレースコート101
  • 西東京支部  東京都杉並区今川2-24-1カリフール今川3-112
  • 神奈川支部  神奈川県横浜市港北区大豆戸町538 HARU宗久一番館306
  • 三河支部   愛知県安城市住吉町6-8-4 第二新安城ビル2F
  • 岐阜支部   岐阜県羽島郡笠松町江川3-2
  • 三重支部   三重県津市河芸町千里ヶ丘16-2
  • 大阪支部   大阪府大阪市中央区森の宮中央2-8-2 永田中央ビル105
  • 神戸支部   兵庫県神戸市垂水区福田4-2-22-202
  • 岡山支部   岡山県岡山市豊成3-18-35-105
  • 広島支部   広島県広島市東区戸坂数甲1-3-1 土井マンション207[17]

脚注[編集]

  1. ^ [1]モーニングスター
  2. ^ [2]日本経済新聞
  3. ^ [3]dui vivant
  4. ^ [4]HotRod.Kustom&LowRider
  5. ^ [5]クリップ農園だより
  6. ^ [6]JASDAQアナリストレポート・プラットフォーム
  7. ^ [7] 会社説明会資料 平成22年8月6日
  8. ^ [8]日本経済新聞
  9. ^ [9] 定款の一部変更に関するお知らせ
  10. ^ [10] 中国進出企業一覧 上海
  11. ^ [11] 日本M&Aセンター
  12. ^ [12] 株式会社クリップコーポレーション企業概 要
  13. ^ [13]ナレコム
  14. ^ [14] ジャスダックベーシックレポート
  15. ^ [15]事業等のリスク
  16. ^ [16] Ullet
  17. ^ [17] リクナビ2016

外部リンク[編集]