クリス・クリスティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリス・クリスティ
Chris Christie
Chris Christie April 2015 (cropped).jpg
クリス・クリスティ(2015年)
生年月日 1962年9月6日(53歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク
出身校 デラウェア大学
シートン・ホール大学
所属政党 共和党
配偶者 メアリー・パット・フォスター(1986年 - )
サイン Chris Christie Signature.svg

在任期間 2010年1月19日 -
副知事 キム・グアダグノ

ニュージャージー地区連邦地区検事
在任期間 2002年1月17日 - 2008年12月1日[1]
指名者 ジョージ・W・ブッシュ
テンプレートを表示

クリストファー・ジェームズ・“クリス”・クリスティChristopher James "Chris" Christie1962年9月6日 - )は、アメリカ合衆国政治家、元弁護士2010年から第55代ニュージャージー州知事を務めている。アイルランド系とイタリア系の子孫。2002年から2008年まではニュージャージー地区の連邦地区検事を務めていた。

生い立ち[編集]

ニュージャージー州ニューアークにてドイツ系とスコットランド系の血を引く、アイルランド出身で公認会計士の父ウィルバー・ジェームズ(ビル)・クリスティとイタリアのシチリア島出身の母ソンドラ・ A・(グラッソ)クリスティの次男とて生まれる。兄はトッド・クリスティ、妹はドーン・クリスティ・クラーク。1967年ニューアーク暴動の直後に、両親は子供のより良い機会の為に暴動が起きたニューアークからリビングストンに移動した為、彼はリビングストン育つ。リビングストン高等学校では14歳の時、学級委員と高等学校の野球チームでキャッチャーをしていた。またその当時、ニュージャージー州知事に立候補していた共和党のトーマス・ケイン議員が学校に来た時、彼は政治に関心を寄せてケイン議員の運動に志願して一緒に働いた。1980年に高等学校を卒業。デラウェア大学ではB.A.の学位を取得し、デラウェア大学を1984年に卒業した。シートン・ホール大学にも進みJ.D.の学位を取得。

2012年アメリカ大統領選挙[編集]

ニュージャージー州知事就任後は大胆な歳出削減で注目を浴びる存在となり[要出典]2011年1月3日に世論調査会社ゾグビー社が発表した2012年の大統領選挙に関する共和党支持者を対象にした世論調査で27%の支持を獲得、それまで優位とされてきたミット・ロムニー(17%)、サラ・ペイリン(16%)、マイク・ハッカビー(14%)などの有力候補者を引き離してトップの支持を得た。また、現職の民主党バラク・オバマに勝ちうる唯一の候補とされた[2][3]

一方で、まだ州知事就任1年で経験が浅いこと、共和党の弱い北東部の地盤であること、その体型を問題視する声があること[4]など、予備選を本当に勝ちぬけるか未知数であったため、2012年の大統領選挙には立候補しなかった。しかしながら現時点においても[いつ?]連邦下院多数党院内総務エリック・カンターインディアナ州知事マイク・ペンスルイジアナ州知事ボビー・ジンダル連邦上院議員マルコ・ルビオなどと共に将来の共和党を背負うリーダー候補の一角であることは疑う余地はないと思われる。[独自研究?]

結局、クリスティは2012年アメリカ大統領選挙の出馬を見送り、ミット・ロムニーの支持を表明した[5]2012年8月に行われた党大会では基調演説を行い、党内において次の有力候補であることをアピールした[6]

ハリケーン・サンディの対応[編集]

ハリケーン・サンディ発災時は、オバマの対応を絶賛した[7]。党派を超えて危機に協力したこの対応によってクリスティの支持が広がった一方(事実、2013年の州知事選の支持率はハリケーン・サンディ発災以降上昇し、クリスティ再選の可能性を濃厚にさせた)[要出典]、結果的に重要な局面でロムニーの足を引っ張ったとする意見も根強く、その評価は割れている。

何れにせよ2013年の一年間でクリスティの存在は全米に知れ渡るものとなり、2016年アメリカ合衆国大統領選挙の候補者としてクリスティを意識した報道がなされるようになった。[要出典]

現状では[いつ?]党内中道層の支持が厚く、保守派に人気のあるルビオと並んで共和党のフロントランナーの扱いをする向きが多いが、保守派への浸透と[独自研究?]体型への懸念は依然として付きまとっている[8]

元々若い頃のクリスティーは痩せていて、10代の学生の頃は地元の高校のベースボールのキャッチャー選手として活躍していた。しかし結婚した後、政治の仕事に関わるようになるにつれて太り始め、現在の肥満体型になっていった。肥満からの体型による体重と健康を気にして、2013年2月に胃のバンディング手術を始めたことを同年5月に明らかにした。胃のバンディング手術の効果により、2014年には約38.25kg減量した。

報復渋滞疑惑[編集]

2013年9月、ニュージャージー州とニューヨーク市を結ぶジョージ・ワシントン・ブリッジの一部車線が4日間閉鎖され、大渋滞が発生した。2014年1月になって、この渋滞はクリスティが政敵への報復として意図的に発生させたものだったとする疑惑が浮上した[9]

2016年大統領選挙[編集]

2015年6月30日、2016年アメリカ合衆国大統領選挙への出馬を表明した[10]

2016年2月10日、大統領選挙から撤退する[11]

2月26日に実業家ドナルド・トランプへの支持を表明した[12]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ジョン・コーザイン
ニュージャージー州知事
2010年 -
次代:
(現職)