クグガヤツリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クグガヤツリ
Starr 030807-9004 Cyperus compressus.jpg
クグガヤツリ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
階級なし : ツユクサ類 commelinids
: イネ目 Poales
: カヤツリグサ科 Cyperaceae
: カヤツリグサ属 Cyperus
: クグガヤツリ C. compressus
学名
Cyperus compressus
和名
クグガヤツリ

クグガヤツリ Cyperus compressus L. は、小型のカヤツリグサ属の植物。道ばたなどに生え、草丈の割には大きな小穂が特徴。

特徴[編集]

小型から中型の一年草。草丈は普通は15-30cmだが、特に乾いたところや刈り込みのある場合には数cmにしかならないこともある。全体に明るい黄緑色で、つやがあって無毛。

地下茎はなく、数本の茎が束になって生じる。根出葉は少数で、細く、茎より短い。基部の鞘は赤みを帯びる。

花序は茎の先端に一つつく。その基部には葉状の苞が数枚ある。長さはばらばらで、一番長いものは花序を超える。花序は小穂が3-10個ほど密に集まったものを単位として、花茎の先端にこれが一つ生じるか、さらに枝を生じてその先にもつく。

小穂は長さ1-2.5cm、幅2.5-3mm。これは全体に一回り大きいカヤツリグサのそれに比べて倍近くの大きさにあたり、草本体に比べて小穂が大きい。鱗片には太くて長い芒があるので、小穂全体の縁が大きく鋸歯を持っているように見える。鱗片は緑色で濃い色の出る部分はないが、内部の果実が成熟すると黄褐色になり、これが鱗片の側面から透けて見えるため、小穂の中心付近が黄色っぽく染まって見える。鱗片は長さ3-3.5mm、果実は長さ1-1.2mm、倒卵形で断面は三角、柱頭は三個。果実が鱗片の半分の長さしかないのも特徴である。

名前の由来はクグに似たカヤツリグサのことで、クグとはある種のカヤツリグサの古名のこととされる[2]

生育環境[編集]

背の低い日なたの草地に生える。湿地ではなく、むしろ乾燥したところに見られ、道ばたや畑地などでもよく見かける。

分布[編集]

日本では関東以西の本州、四国、九州から琉球列島に分布する。全世界の熱帯域に分布する。Beentje (2017) によればアフガニスタンアメリカ合衆国ニューヨーク州ペンシルヴァニア州)、アンゴライエメンインド領のアンダマン諸島およびニコバル諸島インドネシアヴァージン諸島英領および米領)、ウガンダエクアドルエジプトエチオピアエルサルバドルオーストラリアガーナカーボベルデガイアナガボンカメルーン北マリアナ諸島ギニアギニアビサウキューバケイマン諸島ケニアグアテマラコートジボワールコスタリカコモロコロンビアザンビアシエラレオネジャマイカジンバブエスーダンスリナムスリランカスワジランドセイシェル赤道ギニアセネガルセントヴィンセントおよびグレナディーン諸島ソマリアタイ台湾タンザニア中華人民共和国トーゴドミニカ共和国ドミニカ国トリニダード・トバゴナイジェリアナミビアニカラグア、日本、ネパールハイチパキスタンパナマバハマパプアニューギニアバングラデシュフィリピンプエルトリコブラジルフランス領ギアナブルキナファソベトナムベナンベネズエラベリーズペルーボツワナボリビアホンジュラスマーシャル諸島マダガスカルマラウイマリマルティニークマレーシアミクロネシア連邦南アフリカ共和国ミャンマーメキシコモーリシャスモーリタニアモザンビークラオスレユニオンに分布する。

利害[編集]

雑草ではあるが、大きくならないし、根も深くない。

分類[編集]

日本のカヤツリグサ属の中では、小柄であることと、その割に大きい小穂から判別はたやすい。

出典[編集]

  1. ^ Beentje (2017).
  2. ^ 谷城(2007)、p.194

参考文献[編集]

英語:

日本語:

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他『日本の野生植物 草本II 離弁花類』,(1982),平凡社
  • 北村四郎・村田源・小山鐵夫『原色日本植物図鑑 草本編(III)・単子葉類(改定49刷)』,(1987),:保育社
  • 谷城勝弘、『カヤツリグサ科入門図鑑』、(2007)、全国農村教育協会