クォン・デ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クォン・デ
Phan Boi Chau va Cuong De.jpg
左がクォン・デ、右はファン・ボイ・チャウ
各種表記
クォック・グー Cường Để
漢字チュノム 彊㭽
北部発音: クォン・デ
テンプレートを表示

クォン・デベトナム語: Cường Để / 彊㭽, 1882年2月28日 - 1951年4月6日)は、ベトナム阮朝)の皇族。畿外侯。

クォン・デはフエ(順化)にて、阮朝の始祖嘉隆帝(阮福暎)の長子・英睿皇太子阮福景の直系4代目として生まれた。幼名は阮福民ベトナム語: Nguyễn Phúc Dân / 阮福民)。当時のベトナムは、フランスのインドシナ総督府の圧制下にあり疲弊していた。クォン・デはベトナム独立を志し、革命家ファン・ボイ・チャウ(潘佩珠)の抗仏組織ベトナム維新会(Việt Nam Duy Tân Hội, Vietnam Modernization Association)の党首の座に就く。チャウは1905年、独立への助力を請うため、日本へ密航する。翌年クォン・デもチャウを追って、日本へ上陸した。1909年に日本を離れて中国や欧州などで活動した後、1915年に再び来日。1940年の仏印進駐に協力した[1]

1951年(昭和26年)4月6日、亡命先である日本(日本医大病院)で客死。69歳没。遺骨はフエ郊外の墓地に埋葬されている。

クォン・デを扱った作品[編集]

脚注[編集]