クイ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「盱眙」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
中華人民共和国 江蘇省 盱眙
明祖陵・南紅門
祖陵・南紅門
淮安市中の盱眙県の位置
淮安市中の盱眙県の位置
簡体字 盱眙
繁体字 盱眙
拼音 Xūyí
カタカナ転写 シューイー
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
江蘇
地級市 淮安市
行政級別
建置 秦代
面積
総面積 2,430 km²
人口
総人口(2004) 73.98 万人
経済
電話番号 0517
郵便番号 221700
行政区画代碼 320830
公式ウェブサイト http://www.xuyi.gov.cn/

盱眙(くい-けん)は中華人民共和国江蘇省淮安市に位置する。淮安市の中で最も南側に位置する県で、北側は宿遷市に、南側と西側は安徽省にそれぞれ接している。独特の風味づけをしたザリガニ料理(簡体字:盱眙十三香手抓龙虾、繁体字:盱眙十三香手抓龍蝦)が盱眙県で最も著名な名物である。毎年夏に国際ザリガニ祭(簡体字:中国国际龙虾节、繁体字:中國國際龍蝦節日)が開催されている[1]

明祖陵と泗州城の所在地としてよく知られている。中華人民共和国建国以来、県内で数多くの国宝級文物が発見され、その中で最も有名なのは世界一番古い彗星運行図と戦国時代の陳璋圓壺である。陳璋圓壺は、ペンシルベニア大学博物館に所蔵されている陳璋方壺と姉妹壺だとされている。

2009年に、県東部の馬壩鎮に大曇山漢墓群は盗墓事件の経由で発見され、金縷玉衣や玉棺などが出土した。発見から約6年後の2015年4月に墓の主人は、前漢6代景帝の子で、儒学者董仲舒が国相を務めた、江都国の易王の劉非(中国語版)であることがCCTVに初めて報道された。

歴史[編集]

春秋時代戦国時代に属した。

秦朝により盱眙県が設置される。地名は県治が山頂に位置し「目を見張り()」「じっと見る()」ことに由来すると伝えられる。前漢になると盱台県と改称されたが、後漢になると再び盱眙県とされ、東晋では盱眙郡の郡治とされた。その後もこの地域の行政中心地とし宋代には招信軍軍治、元代には招信路路治が設置された。1278年至元15年)には臨淮府の府治とされた。

1955年安徽省より江蘇省に移管され現在に至る。

行政区画[編集]

  • 街道:盱城街道、太和街道、古桑街道
  • 鎮:馬壩鎮、官灘鎮、旧鋪鎮、桂五鎮、管鎮鎮、河橋鎮、鮑集鎮、黄花塘鎮、明祖陵鎮、鉄仏鎮、淮河鎮、仇集鎮、観音寺鎮、天泉湖鎮
  • 郷:維橋郷、穆店郷、興隆郷

教育[編集]

  • 江蘇省盱眙中学
  • 江蘇省第一山中学
  • 江蘇省新馬高級中学
  • 盱眙技師学院
  • 盱眙第一中学
  • 盱眙第二中学
  • 盱眙第三中学
  • 盱眙第四中学

観光地[編集]

明祖陵[編集]

明祖陵神道

明の創始者かつ初代皇帝である朱元璋が祖先を祀るために建造した陵墓である。1413年完成。多数の建物が含まれており、コノテガシワが植えられている。1680年頃、黄河の流れが変わり洪沢湖ができた際に一度水没したが、20世紀後半に湖の水が取り除かれ、再建された[2]

第一山題刻(第一山国家森林公園)[編集]

盱眙第一山

美しい風景を有し、また古来文人墨客らから評価されてきた山である。多くの歴史ある建物が現存し、「第一山」の碑も高い歴史的価値を有している[3]

大曇山漢墓[編集]

大曇山漢墓

黄花塘新四軍軍部旧趾[編集]

黄花塘新四軍軍部

日中戦争の戦跡のひとつである。現在は、当時の形を残す古い建物と庭園の間に、現代建築の形で主体記念館が建てられている[4]

鉄山寺[編集]

紫金山天文台盱眙観測所

青少年教育設備やホテルなどがある[5]

秦漢東陽城遺址[編集]

象山国家鉱山公園[編集]

八仙台景区[編集]

中国竜蝦博物館[編集]

盱眙県ではザリガニの大規模な養殖がおこなわれており、その広報目的で、盱眙竜蝦博物館が建設された。また、国際ザリガニ祭開催のためのスタジアムも隣地に建設されている[6]

出身者[編集]

特産[編集]

盱眙十三香竜蝦

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

盱眙県人民政府

中国地名の変遷
建置 秦代
使用状況 盱眙県
盱眙県
前漢盱台県
 
後漢盱眙県
三国盱眙県
西晋盱眙県
東晋十六国盱眙県
南北朝盱眙県
盱眙県
盱眙県
五代盱眙県
北宋/盱眙県
南宋/盱眙県
盱眙県
盱眙県
盱眙県
中華民国盱眙県
現代盱眙県