ガボール・ソモライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Gábor A. Somorjai
ガボール・ソモライ
Gabor Somorjai.jpg
ガボール・ソモライ(2003年)
生誕 (1935-05-04) 1935年5月4日(83歳)
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国 ブダペスト
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 カリフォルニア大学バークレー校
出身校 ブダペスト工科経済大学
主な受賞歴 ウルフ賞化学部門(1988)
プリーストリー賞(2008)
プロジェクト:人物伝

ガボール・ソモライ(Gabor A. Somorjai、1935年5月4日 - )は、ハンガリー王国ブダペスト出身のハンガリー人化学者である。現在はカリフォルニア大学バークレー校教授で、表面科学を専門とする。

人生[編集]

1935年にユダヤ人の両親の下に生まれた。1944年にラウル・ワレンバーグからスウェーデンパスポートを与えられたおかげでナチス・ドイツの手を逃れて生き延びた。しかし父や親戚の多くは強制収容所で亡くなってしまった。

彼は1956年にブダペスト技術経済大学で化学工学を学んだ。1956年にはハンガリー動乱に参加し、ソビエトの侵攻後はアメリカ合衆国に移住した。他のハンガリー人移民とともに、ソモライもバークレー校の大学院に入学し、1960年に博士号を取得した。その後はニューヨークIBMで研究員として数年間働いたが、1964年に助教授としてバークレー校に戻ってきた。

研究[編集]

1950年代から1960年代にかけて、低速電子線回折などの新しい技術を導入することにより表面科学は著しい進歩を遂げた。しかしこれらの技術は高い真空を必要とし、適用はシリコンの表面の研究などに限られていた。これに対して、ソモライは白金の表面に目をつけて研究を行った。

ソモライは、白金の表面の亀裂が触媒反応の起こる場になっていることを突き止めた。この発見は、接着、潤滑性、摩擦、吸着など多くの分野の理解に繋がった。またナノテクノロジーにも大きな示唆を与えるものであった。

1990年代、ソモライは物理学者のロン・シェンと共同で、表面を振動させて観察する、高真空を必要としない顕微鏡の開発に取り組んだ。また、原子間力顕微鏡を用いて原子・分子レベルでの表面反応を研究した。

ソモライはソルトレイクシティオリンピックでも、表面科学の観点から高速スケートリンクの製作のために助言を行った。

ソモライは生涯で850以上の論文と3冊のテキストを著した。現在では最も多く引用される表面科学者の一人である。1979年に全米科学アカデミーの会員に、1983年にアメリカ芸術科学アカデミーの会員に選ばれた。

受賞など[編集]