アハメッド・ズウェイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Ahmed Zewail
アハメッド・ズウェイル
Ahmed Zewail.jpg
生誕 (1946-02-26) 1946年2月26日(71歳)
 エジプト ダマンフール
死没 (2016-08-02) 2016年8月2日(70歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州パサデナ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 カリフォルニア工科大学
カリフォルニア大学バークレー校
出身校 ペンシルベニア大学
論文 Optical and magnetic resonance spectra of triplet excitons and localized states in molecular crystals (1975)
主な業績 フェムト秒化学
主な受賞歴 ウルフ賞化学部門(1993)
ノーベル物理学賞(1999)
プリーストリー賞(2011)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1999年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:フェムト秒分光学の創始

アハメッド・ズウェイルアラビア語: أحمد زويل‎、Ahmed Hassan Zewail、1946年2月26日 - 2016年8月2日)はエジプト生まれの、エジプト系アメリカ人化学者フェムト秒化学の発展の功績に対して、1999年ノーベル化学賞を贈られた。アハメド・ズベールとも表記。

来歴・人物[編集]

1946年アレキサンドリアの南東60kmにあるダマンフールの街に生まれ、ディスークで育った。アメリカに移住する前、アレクサンドリア大学学士および修士の学位を取り、後にペンシルベニア大学博士号を取得した。カリフォルニア大学バークレー校でしばらくポスドクとして過ごし、1976年カリフォルニア工科大学で学部特認のポストを得た。これ以降、ずっとカリフォルニアに留まっている。1982年にはアメリカ合衆国に帰化した。

最も大きな業績はフェムト秒化学、すなわち化学反応フェムト秒単位で見る研究法を創始した事である。1979年頃からポンプ光とプローブ光を組み合わせて分子の観察を行ない、超短パルスレーザー技術を用いて個々の素反応遷移状態を解析できる程度のスケールで化学反応を記述すること(ポンプ-プローブ分光法)が可能となった。

1999年、アハメッドはモハメド・アンワル・サダト1978年平和賞)、ナギーブ・マフフーズ1988年文学賞)に次ぐ3人目のエジプト出身のノーベル賞受賞者となった。

妻と4人の子供がいる。

受賞歴[編集]

栄誉[編集]

1999年にはエジプトで最も権威あるGrand Collar of the Nileを贈られている。北京大学2004年に、ケンブリッジ大学2006年名誉博士号を贈った。